オーランド旅行記25・ディズニー・アニマルキングダム


20数年前にウォルト・ディズニー・ワールドを訪れた時にはなかったディズニー・アニマル・キングダム。
全くの初めてということで楽しみにしていたパークだが、雨が降ったりやんだりのあいにくの天気。

エキストラマジックモーニングでまず向かうのはキリマンジャロ・サファリ。
とにかく朝早いうちが動物が活動しているのでお薦めと聞いていたので、ファストパス+はとらず、真っ先に行く事に決めていた。
要はディズニー流のサファリパークだが、コースもレイアウトも確かによく出来ている。アフリカで実際のサファリツアーに参加しているような感覚だ。
動物とゲストの間には何も隔てるものがないかのように見える。(実際には高低差等を利用して、死角になる部分に安全な境界を設けている)
ただ、相手は本物の動物なので仕方が無いが、あまり動物たちが活動的では無く、思ったほどの迫力は無かった…。

空いているうちにイッツ・タフ・トゥー・ビー・ア・バグ、ダイナソーと廻って、遅めの朝食を予約してあるタスカーハウス・レストランへ。

ダイナソー

ダイナソーとエクスペディション・エベレストはメモリーメーカー対応でライド中の写真が入手出来る。エクスペディション・エベレストはビデオも有り。

アニマルキングダムはエリアからエリアへの移動が結構大変(東京ディズニーシーと同様)なので、可能ならエリア毎にアトラクションをまとめてスケジュールした方がいいと思う。我々は各ショーの時間等を考慮して順番を決めた結果、あちこち歩き回らされることになってしまった…。

タスカーハウスでは他の多くのキャラクターダイニング同様、待ち時間にレストランの表でカメラマンに写真を撮ってもらえる。
レストラン内はかなり広い。食事は飲み物のみ注文してから自分達で取りに行くブッフェスタイル。アフリカ風の料理で癖があるので日本人の味覚には合わないというような情報を散見したが、選んだものが良かったのか、スタンダードなアメリカ料理の味だった。
キャラクターはサファリスタイルのミッキー、グーフィー、ドナルド、デイジーがテーブルを廻ってくる。一定時間毎に子供達とキャラクターがアフリカ風の楽器を持って店内を行進するイベントも有り。

タスカーハウス

広い店内なので、全てのキャラとのグリにはそれなりに時間が必要。(タイミングによってはなかなか廻ってこない)

食事の後はフェスティバル・オブ・ライオン・キング、ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカルと続けてショーを鑑賞。(これもかなり離れた位置にあるので移動が大変)
更に続けてフライツ・オブ・ワンダーを鑑賞する予定だったが、雨でキャンセル。仕方が無いのでショップ見物で時間を潰したり、アニマルキングダムのシンボル、ツリー・オブ・ライフを背景に写真を撮ってもらったりしつつ、最初のファストパス+取得アトラクション、カリ・リバー・ラピッドへ。
しかしもう少しで乗り場という所でシステムトラブルとのこと。復旧は未定と言われたが、次のファストパス+指定時間に間に合う範囲で待つことに。約30分ほどで再開され、無事乗ることが出来た。出口で当日のみ有効の、好きなアトラクションに好きな時間に一度だけ乗れるファストパスチケット(もちろんアニマルキングダムのアトラクションだけ)をいただく。待たせたお詫びということだろうか。

次はエクスペディション・エベレスト。今まで乗ったディズニーパークのコースター系ライドの中で1、2を争う面白さ。(もう一つもWDWだがハリウッドスタジオのロックンローラーコースター)
頂上付近からのバックでの滑走は思ったよりも迫力がある。長さは大したことはないが、楽しませる仕掛けが凝縮されている感じだ。

最後のファストパス+は朝に乗ってしまったダイナソー。二度乗りたいと思うほどの面白さではなかったので破棄。他に特に乗りたいアトラクションもなく、更にフリーのファストパスチケットも入手しているので変更もせず。
先程雨で観られなかったフライツ・オブ・ワンダー(鳥のショー)へ。ちょうど雨のやみ間で無事観ることが出来た。今日は本当に天気が悪い。おかげで涼しいくらいの気候で歩きやすかったが。

カリ・リバー・ラピッドでもらったファストパスチケットはカリ・リバー・ラピッドで使う事にして再び乗った。娘はアナハイムのグリズリー・リバー・ランも気に入っていたので、この手のアトラクションが大好き。

トラをメインに蛇やコウモリを観られるマハラジャ・ジャングル・トレックを一通り見て、アニマルキングダムは終了。アニマルキングダムは18時という早い時間に閉園してしまう。
コンセプトからして当たり前のことなのだが、ネイチャー色が見事なまでに強く、ディズニーらしい華やかさ(アメリカンな)は無い。
なので、その華やかさが好きな娘にはちょっと物足りなかった様子。(動物園や自然も好きだが、それはそれとして楽しみたいらしい)

ディズニー・アニマルキングダム

アフリカやアジアの街並み等は徹底的に作り込まれていて、そういう拘りはさすがディズニー。

しかし今後はアバターエリアが新設されたり、夜のエンターテインメントショー(アナハイムのワールド・オブ・カラーに似た?)も始まるということなので、楽しみは増えると思う。

まだまだ明るい時間なのでダウンタウンディズニーへと向かう。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

オーランド旅行記25・ディズニー・アニマルキングダム」への5件のフィードバック

  1. uco

    はじめまして。
    今年の12月初旬から10日間WDWへ行くものです。
    飛行機やホテルの予約は半年前からしたものの、
    それ以外は最近ようやく始めたばかりで色々情報を探していました。
    とても読みやすく、情報も細かく、かゆいところに手が届く内容で
    本当に参考になっています。
    あまりにも参考になるので、思わず、お礼のコメントです。
    海外旅行はプライスレスな経験も多いと思うので、たくさん旅行に
    連れて行ってもらえるお嬢さんは素敵なお父さんをお持ちで羨ましいです。
    長々とコメント失礼しました。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      12月初旬なら既にクリスマスの雰囲気がたっぷり楽しめますね。それに比較的空いている時期だと思うので羨ましいです。
      WDWは常に変化していますので、当ブログの情報が古くなっているものもあるかと思います。
      変更が分かった時点で修正も心がけていますが、その点はご了承下さい。
      良いご旅行を!!

      返信
      1. uco

        こんばんは!
        もちろん、何か相違点があっても、fujihideさんのせいだなんて
        思いませんので、ご安心ください(^ー^)
        私たちが行く時期はやはり少し混雑はマシなのですね!
        クリスマスディズニーは初めてなので、とても楽しみです!

        ところで、ひとつお伺いしたいのですが、お嬢さんは時差ボケ対策
        などどうされていますか?(もしくは、小さい頃はどのようにされてましたか?)
        よろしければ、教えてもらいたいのですが・・・

        もし、すでに記事にされていたのなら、確認不足ですみません!!
        いつぐらいの記事なのか教えてもらえるとうれしいです!
        では、よろしくお願いします(∩´∀`@)

        返信
        1. fujihide 投稿作成者

          時差ボケ対策はとにかく早く現地時間に合わせることに尽きます。
          夕刻以降の到着なら夕食をとって眠れるので楽ですが、日中の到着は辛いですね。
          子供には可愛そうですが、とにかく夜まで眠らせないことです。
          なので、初日は眠くても何とか過ごせるようなスケジュールにしておきます。
          我慢できずに夜になる前に寝てしまうと、朝を待たずに目覚めてしまったりして、数日は時差ボケが続いてしまいます。
          午前中に到着する事が多いハワイやアメリカ西海岸は辛いですが、オーランドは午後遅めか夕刻以降の到着だと思うので、楽だと思います。
          夜の到着なら、飛行機の中では仮眠程度にして、ぐっすり寝てしまわないように気を付ければいいと思います。

          返信
          1. uco

            早いコメント返し、ありがとうございました!
            なるほど。現地に着いてからが大事なのですね。
            我が家は15時30分過ぎに空港到着予定なので、夕方にダウンタウンディズニーへ出かけ、そこで夕食を・・・と考えていました。何とか色んなもので気をそらせ、夜に眠れるようにスケジュール組もうと思います!ありがとうございました(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>