オーランド旅行記24・終日ハリウッドスタジオ


ディズニー・ハリウッドスタジオのエキストラマジックモーニング。
一般のゲスト(直営と一部のオフィシャル宿泊者以外)よりも1時間早く入園出来るので、それほど焦ることもないが、即行でジェダイ・トレーニング・アカデミーのレジストレーションへ。
今日は一日、予定が満載なので希望の時間が予約出来ないと困ることになる。ジェダイ・トレーニング・アカデミーの開催時間はWDWの公式サイトでチェック済み。他の予定と被らない時間をメモしてきた。
ジェダイ・トレーニング・アカデミーのレジストレーションは列が受付カウンターに近づいた時にキャストの指示に従えるかどうかの簡単なチェックがある。
「ジェダイの騎士として頑張る気はあるか」といった内容の質問がいくつかされるので、イエス、もしくはオフコースとだけ答えればいい。
娘には英語が分からなくても「イエス!!」とだけ言えば良いとアドバイスしておいたので無事クリア。
時間指定は午後を希望していたので余裕で希望時間がとれた。予約のレシートを受け取り、開始時間の30分前に必ずチェックインするようにと言われる。

本日はフローズン・サマーファン・プレミアムパッケージという有料のパッケージを申し込んである。その名の通りフローズン・サマーファンというイベントのプレミアムパッケージで、フローズン(アナと雪の女王)関連イベントの各種優待が受けられる。
そのチェックインを行うと、専用のパスを渡される。これを首からかけて(ネックストラップが付いている)おけばプレミアムパッケージのゲストと認識されるらしい。
「フォー・ザ・ファースト・タイム・イン・フォーエバー:フローズン・シングアロング・セレブレーション」というショーの希望鑑賞時間もこの場で指定する。一般ゲストは勿論、ファストパス+のゲストよりも先に優先入場出来るという特典だ。(もちろんそれだけ早く会場に行かなければならない)

「アナとエルサのロイヤル・プロセッション」というパレードの優先鑑賞エリアへ。エリアに入ると一人につき飲み物1本とアイスクリーム1個が貰える。
それを飲んだり食べたりしながらパレード開始を待つ。
「アナとエルサのロイヤル・プロセッション」はその名の通りアナ雪のパレード。アナ雪のみなのでパレードの規模は大きくはない。
パレードは時折停止してエルサによる「レット・イット・ゴー」の歌唱が行われるのだが、優先鑑賞エリアの前では止まってくれず素通り。
これでは有料の特別鑑賞エリアとしてのお得度がないと思った。場所取りに苦労しないで済むが、まだ午前中なのでパークはそれほど混雑していない。ソフトドリンクとアイスが貰えるということ以外にあまり価値を感じなかった…。

午前中はあまりスタンバイの待ち時間がかからないアトラクションやグリーティングをいくつかこなし、正午以降はファストパス+をとっている「ロックンローラー・コースター」「タワー・オブ・テラー」「ヴォヤッジ・オブ・リトルマーメイド」とこなしていく。
「タワー・オブ・テラー」の正式名称は「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」で、その名の通りトワイライトゾーンをテーマにしているので、ディズニーシーのものとはコンセプトが違う。トワイライトゾーン自体を知らない、見たことが無いという人にはどうでもいいことかもしれないが、私は圧倒的にディズニーシーのものよりもこちらの方が面白い。最後の落下もこちらは常時レベル13とのこと。

ロックンローラーコースター

ロックンローラーコースターとタワーオブテラーはメモリーメーカーに対応していて搭乗中の写真が入手出来る。タワーオブテラーにはビデオもついていた。

ファストパス+は連続で取っているが、どうしても出来てしまう空き時間はグリーティングとショップ巡り。食事は軽めにワゴンのプレッツェルで済ませた。

ジェダイ・トレーニング・アカデミーの予約時間が近づいて来たのでチェックインへ。(30分前のチェックインを厳守する必要がある)
ただ天気が怪しくなってきて嫌な予感。
屋内でチェックインし、ジェダイの騎士のローブなどを着せて貰っている間に案の上の雨。決行か中止かは開始時間に決めるらしい。開始時間になり、子供達は列を作ってジェダイ・トレーニング・アカデミーのステージへ。しかし雨はやまず、ステージに着いた所で中止のアナウンス。
するとステージ横の通路を進むように指示され、屋内に入るとそこはスターツアーズの中。アトラクションの通路とは違う通路を通って行くと、そこにはダースベイダーとストーム・トルーパー(帝国軍兵士)が待っていた。
順番に写真を撮れるグリーティングが行われ、ローブを返して解散となった。カメラマンによる写真は専用のフォトパスカードを受け取る方式。(あとで自身でメモリーメーカーにリンクさせる)
雨天中止の際にだけ行われるグリが体験出来たので、それなりに満足。(アナハイムのディズニーランドで2回もやったし)
しかし、娘はもう一度トライしたいと言うので、後日に再度予定を入れることにした。

ジェダイ・トレーニング・アカデミー

ジェダイ・トレーニング・アカデミー参加後に貰える参加証明書も貰えた。(アナハイムのものとほぼ同じだが、細部に異なる部分もある)

「フォー・ザ・ファースト・タイム・イン・フォーエバー:フローズン・シングアロング・セレブレーション」の指定時間になったので会場へ向かう。しかしスタンバイとファストパス+の入り口しか見つからず、キャストに尋ねると、かなり離れた位置にプレミアムパッケージ専用の入り口があるとのこと。ぐるっと会場を回った裏口の様な所に専用入り口があった。
どうやらハンディキャップの入り口の様で、プレミアムパッケージのゲストと車椅子のゲストが同じ列になっていた。
誰よりも早く入場出来るので好きな席を自由に確保出来る。一応プレミアム専用のエリアもある。
皆でアナ雪の歌を歌うのがコンセプトのショーだが、狂言回しによる掛け合いもかなりあるので、英語力があった方が楽しめる内容。(そもそも歌も英語だが)

夕食はサイファイ・ダインインを予約済み。50年代のドライブインシアターを模したレストランなので、席はそれぞれオープンカーになっている。古い映画が映されるスクリーンを観ながら食事をするのだが、おかげでレストラン内はとても暗い。メニューを読むのが大変だった。料理はもちろんアメリカン。
20数年前にここ(当時はディズニーMGMスタジオ)に来たときにもこのレストランで食事をしたのを覚えている。

さて、プレミアムパッケージ最後の特典、フローズンの花火鑑賞デザートパーティーのチェックイン時間になったので指定の場所に行く。
が、天候不順でデザートパーティーの場所が変更になったとのこと。デザートパーティーの場所でそのまま花火鑑賞が出来るはずだったのだが、デザートパーティーは屋根のある場所で行い、その後に鑑賞エリアに戻るらしい。
変更後のデザートパーティーはインディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラーの会場。客席では無くステージセットの前にデザートパーティーの場所が作られていた。
お酒も提供されるのだが、アルコール分少なめのカクテルのみでお酒が好きな人には物足りない。デザートはアナ雪をテーマにしたものが各種好きに食べられるが、どれも美味しいと言えるものではない。
なので早々に引きあげて花火の特別鑑賞エリアへ。場所は朝のパレード鑑賞エリアと同じ。
花火の開始時間直前までは雨は降っていなかったのだが、開始数分前に雨が降り始めた。こりゃマズいなと思っているとあっという間に大雨に。
鑑賞エリアに屋根はないので皆一斉にエリアを出て雨宿り出来る場所に移動。こりゃ中止だろうと思っていると、雨の中、花火が強行された。
屋根のある場所からは空の一部分しかしか見えないし、雨で視界はかすんでいるし、煙も滞留してしまい、何が何やら分からない状況。

ということでフローズン・サマーファン・プレミアムパッケージの特典は終了。
最後の花火だけでも良い場所からゆっくり鑑賞出来れば印象も変わったと思うが、結果的にお金をかけた意味が感じられず残念。

朝から晩までずっとパークにいたので、すっかり疲れてポップセンチュリーに帰った。
パークを出る頃には雨はやんでいた…。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>