オーランド旅行記12・パイレーツナイト


夕食前にパイレーツナイトでなくとも元から海賊姿のフック船長とスミー、そして海賊ルックではないティンカーベルとグリーティング。
グリーティングに集まっている人々を見ると、かなり凝ったコスプレをしているゲストもいて、他のゲストに求められて一緒に写真を撮ったりもしていた。
もちろん全く普段着のゲストも。

夕食のレストランも同様。サーバー達はもちろん海賊ルックだが、ゲストは様々。日本人テーブルである我々は全員配布されたバンダナのみで着席。
今晩は全レストラン、メニューはパイレーツ風となっているが、まあ雰囲気だけで特別にワイルドな料理しかないというわけではない。

今晩はウォルト・ディズニー・シアターでのショーはなく、映画インサイド・ヘッドの上映。なのでパスしてジャック・スパロウとのグリに行く予定。
ジャックとのグリはキャスタウェイケイでも行われていたのだが、時間が合わず逃してしまったので、今晩がラストチャンス。グリの後にプールデッキで行われる「ミッキーズ・パイレーツ」というファミリー向けのショーに行く予定…だったのだが、夕食後ジャック・スパロウとのグリに行くと、長蛇の列。しかもジャックが時間になってもなかなか現れず(遅刻?)、やむなく「ミッキーズ・パイレーツ」は諦めることに。内容がかなりお子様向けであることも知っていたので、ジャックを優先。

パイレーツナイトのジャック・スパロウ

今回のクルーズでもっとも時間のかかったジャック・スパロウとのグリーティング。

予想外に時間を使ってしまったジャックとのグリを終え、次いで海賊ルックのミッキーともグリーティング。そして今晩のメインイベントである「バッカニア・ブラスト」を観るべくプールデッキへ。早めに行ったのでステージの前の方に座ることが出来た。
プールデッキでショーが行われる時はプールに蓋がされ、そこが席(じかに座る)となる。
「バッカニア・ブラスト」はパイレーツ・オブ・カリビアンを題材にしたジャック・スパロウが活躍するショーから始まり、そのまま船上打ち上げ花火へと続く。パイレーツ・オブ・カリビアンの曲に合わせて次から次へと打ち上げられる花火は圧巻。

それが終わると続けざまにクラブ・パイレーツとなる。プールデッキは文字通りクラブ状態。ダンス大好きの娘はのりのり。これは深夜0時頃まで続くので、適当なところで切り上げて同じデッキにあるカバナスへ。カバナスでは今夜だけパイレーツ・ブッフェと銘打った夜食ブッフェが深夜まで(花火が終わった頃からクラブ・パイレーツ終了の頃まで)行われる。
既に夕食を済ませているのでそれほど食欲はないが、せっかくなのでフルーツを中心に軽めにいただく。

パイレーツ・ブッフェ

パイレーツ・ブッフェには凝ったスイカの彫刻が並ぶ。

こうしてパイレーツナイトは終了。
部屋に戻るといつも通り翌日のナビゲーターやチョコと一緒に、チップの封筒や最終日の夜に部屋の前に出しておく荷物の案内などが置かれていた。
チップは用意されているチケットを使って支払うシステム。各サーバーと客室係それぞれに額が決まっていて、それぞれのチケットをそれぞれの封筒に入れて渡せば、その額がクレジットカードで決済される。(もし額を変更したい場合はゲストサービスに行って手続きをする)

明日は終日海上。そしてクルーズ最後の日だ。

4日目のナビゲーター(表紙とタイムテーブル表裏のみ)

ディズニークルーズのナビゲーター

表紙(1面)

ディズニークルーズのナビゲーター

タイムテーブル

ディズニークルーズのナビゲーター

タイムテーブル裏面

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>