オーランド旅行記11・キャスタウェイケイ2回目


乗船しているディズニークルーズはダブルディップと呼ばれるキャスタウェイに二度寄港するコース。なので二度目のキャスタウェイケイ。
一度目と同じく朝食はベランダでとることにしてルームサービスにした。

今回はゆっくりと下船してまずは郵便局に向かったが、やはり開いてない。
同じく郵便局を訪れる人達が数人居たが、皆開いてないので諦めて去って行く。近くに居たクルーズキャストに尋ねてみたが、郵便局のことは分からないという。
ディズニー所有の島なのに郵便局は無関係ということだろうか?結局帰りに寄ってもクローズだったので、諦めてオーランドから出すことにした。残念。

色々とレンタル出来るキャスタウェイケイ・ゲッタウェイ・パッケージの2デイズを申し込んであるので、本日もチューブ(浮き輪)とシュノーケルセットを借りて遊ぶ。
自転車のレンタルも出来るが、サイクリングコースは同じなので今回はやめておいた。

前回発見出来なかったミッキー像等を探すべく、シュノーケリングを頑張ってみたが、なかなか見つからない。人が多く集まってる辺りを探せばありそうな気がしたので、人の群がっている辺りに行ってみたが、あったのは沈没船。(魚礁にする為にわざと沈めてある船)
1時間は探し回ったが結局発見出来なかった。初日同様、あまり透明度が高くなく、視界が悪いのも原因だと思う。海中では間近しか見えず、遠くがまったく見渡せないのだ。郵便局と同様に残念。

キャスタウェイケイのシュノーケリング

二度目のシュノーケリング。すっかり慣れたがかなり体力を消耗するので1時間くらいが限界。

娘は海上にあるアスレチックやウォータースライダーでも一遊び。
どちらも子供向けとは言え、足の付くような浅い所ではないので、泳げない子供は必ずライフジャケットを着用して遊んだ方がいいと思う。ほとんどの子供が着用していたように思うので、もしかしたらシュノーケリング同様、必須になっているのかもしれない。

キャスタウェイケイ

ライフセーバーも多く、至れり尽くせりのビーチだったキャスタウェイケイともお別れ。

最後のキャスタウェイケイなのでショップを再度チェック。キャスタウェイケイのビーチタオルを追加購入し、お昼過ぎには船に戻った。
多くの人がまだ島にいるうちにアクアダックに向かう。昼食もプールデッキでバーガーをいただく。

ディズニークルーズのプールデッキ

プールのあるデッキではドリンクサーバーの他にソフトクリームサーバーもある。バーガー、ピザ、ホットドックも食べ放題。

部屋に戻るとパイレーツナイト用のバンダナが用意されていた。今晩はお楽しみのパイレーツナイトである。
我々は特に海賊の衣裳やグッズを用意してこなかったので、このバンダナのみを着用する予定だったが、フィッシュエクステンダーのギフトもこの日に合わせて海賊グッズ(アイパッチとかの小物)を届けてくれる人が多かったので、それらも追加。

今晩のレストランは一巡して初日と同じロイヤル・パレス。
パイレーツナイトではキャラグリも海賊ルックのキャラと写真を撮れるので出来るだけスケジューリング。中でもキャスタウェイケイでのグリを逃してしまったジャック・スパロウとのグリは今晩が最後のチャンスなので外せない。

ということでパイレーツナイトの始まり。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>