オーランド旅行記9・バハマのナッソー


ディズニークルーズ3日目の朝。
目覚めると目の前にカーニバルクルーズの豪華客船がドーンと見えた。ナッソー(バハマの首都)のクルーズターミナルに既に接岸していたのだ。遠くには有名な豪華ホテル「アトランティス」も見える。

ナッソー上陸の前に朝食をカバナスでとる。天気もいいのでテラス席で食べたが、朝から日差しが強く失敗だった。残飯を狙うカモメも多いし。暑い国では屋内がやはり快適。

ナッソー上陸にはルームキーの他にパスポート(もしくはその鮮明なコピー)が必要。
下船時にはルームキーのスキャンしか行われないので忘れない様に注意。船に戻る前、バハマ出国の際に一応写真をチェックされる。(写真をチェックするのみで審査と言うほど大げさなものではない)

ナッソーでは特にツアー等の申込みはせず、クルーズターミナルから歩いて廻れる範囲で観光。
有名な豪華ホテル、アトランティスへ行くツアーも考えたが、アトランティスのプールやビーチで遊べるツアーはかなりいい値段がする。ホテル見学(併設の水族館は観られる)だけならそれほど高くは無いが、キャスタウェイケイやこれからゆっくり遊ぶオーランドでプールやビーチは堪能出来るし、ホテルの見学だけに行くのもどうかと思い、ナッソーでは散歩程度の観光にとどめ、船内で過ごす時間をゆっくりとることに決めた。

遅めに下船したせいか、クルーズターミナル出口での客引きはそれほど多くなかった。
ブランド品店等も立ち並んでいるが、興味が無いのでお土産品店を数件覗き、ご当地マグネットやTシャツ等を購入。
その後パイレーツ博物館(Pirates of Nassau)へ。博物館前では海賊に扮した人との記念撮影で客寄せをしている。

パイレーツミュージアム

こんな感じで記念写真を撮れる。

博物館入り口横のショップで入場券を購入。
内容は当時の海賊達が実際に使用していた武器等の展示と、海賊船の船内の再現、バハマと海賊達との歴史を紹介する展示等。
感想としては想像よりもちゃんとしている。特に海賊船の船内の再現等は細かく丁寧に作られていて、安っぽさはない。館内は涼しいので、界隈の観光のついでに立ち寄る場所としては悪くはないと思う。

ナッソーのパイレーツミュージアム

観光地に定番の顔出しもある。

その後、ストローマーケットで娘のポーチとバッグを購入。
マーケット内は立ち止まる度にセールスがうるさく、ゆっくり見て回る気にはなれないのが残念。

昼食には名物のコンク貝と決めていたので、下調べをしておいたLukku Kairi Restaurantへ。
途中、地面から水の噴き出す遊び場があったので、娘はここで一遊び。
船に戻ったらすぐにプールと思っていたのでワンピースの下に水着を着ていて正解。
ここに限らず、クルーズ後のオーランドでもびしょ濡れ必至の水遊び場が多く、夏場は何処に行くにも濡れてもいい服装で出掛けるのが良いと思った。(特に子供は)

ナッソーの公園

みんな水着で遊んでいた。

Lukku Kairi Restaurantに入った時は空いていたが、次から次へとクルーズの乗船客らしき人々が入ってきた。
全席二階にあるのだが、窓際(オープンエアなので厳密には窓では無いが)テーブルからは海とクルーズ船が眺められ、雰囲気はとてもいい。
注文したのは飲み物の他にコンクサラダとコンクフリッターのみ。
どちらも美味しかった。サラダはさっぱりとした、ちょっと酢の効いた味付け。コンクフリッターは辛かったので娘は食べられなかったが、お酒に合う感じ。
コリコリとした貝の食感が好きな人ならコンク貝は気に入ると思う。

コンクサラダ

コンクサラダ。シコシココリコリした食感。ピクルスが好きな人なら気に入るお味。

コンクフリッター

コンク貝を細かく刻んでつなぎと一緒に揚げてあると思われるコンクフリッター。衣そのものに辛みがある。

食後はスーパー(Bayside Food Store)も覗いてみたが、特に欲しい物は無し。(米国製のスナック類等はとても高い)
もし買い物をするならご当地ビールのカリクビールくらいだろうか。
スーパーを出て目の前にあるトルトゥーガ(Tortuga)でラム酒とコーヒー、ラムケーキを購入。
お酒を購入するにはクルーズ船の情報を伝えることが必要だった。(免税の為か?)ルームキーの提示でOK。

ナッソーのトルトゥーガ

トルトゥーガ(Tortuga)入り口の海賊。ラム酒、ラムケーキはここかバカルディが有名。

ナッソーでは観光客狙いの強盗事件なども起きているとの情報があるが、クルーズターミナルの周辺に限って言えば、それほど物騒とは感じなかった。警官の数も多いし、人通りも多い。

ナッソーのマップ

私達が歩いた場所はこの通り。Bayストリートにはブランド店やお土産物屋が並んでいる。

下船から3時間ほどで船に戻った。
船に戻る際には他のクルーズ船の客と入り交じってかなりの混雑。列もとても長く感じるが、バハマ出国のチェック自体は写真(パスポートやそのコピー、アメリカ人なら免許証等でもOK)のチラ見程度なので、混雑具合から想像するほどには時間はかからない。

船に戻ったらナッソーでの買い物を部屋に置き、すぐにプール(アクアダック)へ。
キャスタウェイケイやナッソーに寄港している日は、他の乗船客が船に戻りきる前がアクアダックの狙い目だ。(通常1時間待ちを30分待ちくらいで乗れるチャンス)

もう二度と訪れる事はないかもしれないナッソー。とりあえず足跡だけは残した。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>