オーランド旅行記4・ディズニークルーズに乗船


いよいよディズニークルーズへ。
昨夜のうちにスーツケースにはクルーズのタグを付けて置いた。預ける荷物にはブックレットと一緒に届いているタグを付けておくことが必要。
その上でハイアットのチェックインの際にもらったクルーズ乗船者専用の書類も記入。

ハイアットのディズニークルーズ書類

名前とハイアットの部屋番号、クルーズの部屋番号、預ける個数を記入しておく。これはクルーズシャトルの受付に提出する

朝8時半、預けるスーツケースを部屋のドア付近に置いたままチェックアウト。
エクスプレスチェックアウトでフロントなどに立ち寄る必要は無いのだが、念のためフロント階にあるベルデスクに、クルーズに乗るので荷物が部屋に置いたままであることを告げに行った。
ベルマンがちゃんとクルーズ利用者のリストに載っていることを確認してくれた。

そして手荷物だけを持ってオーランド空港の一階にあるクルーズシャトルの受付へ。
クルーズシャトルの受付はWDWに向かうディズニーマジカルエクスプレスのカウンターの向い側になる。9時からの受け付け開始前だが、もう結構な行列が出来ていた。

ちなみに我々は乗船後、船室(ステートルーム)に入れる様になる13時半より前にアクアダック(ディズニードリームとファンタジーにある人気のウォータースライダー)に乗りたいと思っているのでしっかり水着を下に着ていった。上に着ているTシャツやワンピースを脱げば即プールに入れる状態だ。ゲストがステートルームに入れる時間を過ぎると混んでくると聞いていたのでその様に準備した。

受付はクルーズのブックレット、パスポートを見せて、ハイアットのクルーズ乗船者用の紙の半券を渡せば完了。結構な列だったので一番バスへの乗車は無理かと思ったが、ぎりぎり一番最初のクルーズシャトル(ミッキーの乗車チケット)に乗車が出来た。受け付け終了と同時に即乗車だ。

クルーズシャトルが何台も停まっていたので、最初のシャトルに乗れなくても次から次へと出発するものと思われる。
私達が最後の乗車だったので、乗車してすぐにバスは出発した。

先日ケネディスペースセンターに行ったときと同じ道をポートカナベラルに向けて走る。
車内ではクルーズの紹介ビデオがながされていて、気分が高まる。
バスは進行方向左側に乗ると、真っ先にディズニークルーズの船体を真っ先に観られるという情報があったが、残念ながら右側しか席が空いていなかった。
しかし、確かに最初に船体が見えるのは左側だが、その後、間近にクルーズ船の巨大な姿を拝めるのは右側になる。結果的に右側の方が良かったと思える。

10時半にはポートカナベラルのディズニークルーズターミナルに到着。
空港と同様の手荷物検査や金属探知を経て、チェックインカウンターの並ぶ階へとエスカレーターで登っていく。
手荷物検査は空港のそれに比べると楽なものだった。(靴まで脱がされる様な厳重なものではない印象)

事前にオンラインチェックインを済ませているので乗船受付も簡単だった。
健康チェックは全てNOにチェック、パスポート、ブックレット、クレジットカードを出し、船内での買い物やフォトパス(クルーズ中、カメラマンに写真をとってもらえる)、寄港地の乗船下船のチェックにも使うカードキーを受け取って、その説明を聞き、顔写真を撮影すれば終了。当日のナビゲーター(その日の船内スケジュールが網羅された冊子)もこの時にくれる。

次いでチェックインカウンターの反対側にあるオセアニアラボ(クラブ)の受付に行って、手続き。これもオンラインで事前に登録してあったので簡単。
ICタグの入ったバンドを娘の腕に付けて貰って完了。(このバンドは下船前日のバンド返却まで外せない)

そしてクルーズ船の模型の前でのミッキーとのグリーティング。
このグリは最初がミッキー、次がミニーという順番で、乗船開始前から、乗船開始後暫くまで行われている。

ディズニークルーズ・ミッキー

模型のクルーズ船はマジックだ。カメラマンに撮影してもらった写真は受け取ったカードキーで紐付けできる。

ミッキーとの写真を撮り終えても乗船まで時間があったので、クルーズ乗船口の横にあるドアからターミナルのバルコニー(喫煙所はここにある)に出て、大きなディズニードリームを眺めたりもした。

乗船グループは4番目くらいだったが、乗船が開始されると次から次へとグループ番号がアナウンスされるのであまり待つことなく乗船出来る。
例のミッキー型の乗船口を入り、まずは記念写真の撮影(任意)。特にキャラクターと撮れるわけでも、背景が面白いわけでもないのでパスしてもいいかもしれない。
我々は一応撮影。

次いでいよいよ乗船。船に入る手前で名前を聞かれるので名字を答える。
と、マイクで「○○ファミリー」とアナウンスされ、並んだクルーに拍手で迎えられ乗船。12時前には乗船出来たと思う。

さて、ここからやるべきことがある。
先程もらったナビゲーターに載っている、要予約のグリーティングのチケットをゲットしておかなければならない。(通常のグリとは別に乗船初日に予約、チケット受け取りの必要なグリがある)
そしてアクアダックに出来るだけ早く向かいたい。昼食はその後だ。

多くのゲストが昼食へと向かう中、我々はグリーティング予約の場所としてナビゲーターの一面、Don’t missという所に記載されているポートアドベンチャーデスク(クルーズのオプショナルツアーを扱う場所)へと向かう。
さて、予定通りに事が進んだかどうかは次回。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>