ハワイ旅行記 20 2017・ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプール


ヒルトン・ハワイアン・ビレッジはプール施設の充実も魅力で二度目の宿泊を決めた。
ハワイの中では大都会のワイキキでは、プール施設がこじんまりしたホテルばかりなのだ。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内にはスーパープール、タパプール、パラダイスプールという3つのプールがあり、どの棟(タワー)に泊まっていてもこの3ヵ所は自由に利用することが出来る。他にそのタワー専用のプール(例えばアリイ・タワー・プール)もあるが、小振りなのであまり魅力は無い。(その棟専用なのでプラベート感はあるだろうけど)

3つのメインプールの中で一番人気と思われるのがパラダイスプールで、最長23メートルのスライダー等もある。ちょっと場所が分かりづらく、前回の宿泊では見落としてしまい、一度も利用せずと言う大失敗をしてしまった…。(敷地のマップはよく確認することをお薦めする)
場所はラグーンタワーの奥にあるので、ラグーンタワーに行けばOK。ラグーン(デューク・カハナモク・ラグーン)の方だ。
プールへの入り口となる門はルームキーカードで開けられる仕組みで、タオルスタンドはプールエリアに入った所にある。
プールのデザインには起伏があり、橋がかかっていたり、いくつかのスライダー(子供向きだが)もあったりと、魅力的なプールではあるが、やはり一番人気と言うことで混んでいること、そして隣接するタワーのせいで日陰になる時間が長いことがやや問題。
それでも子供がいるなら一番楽しめるプールなのは間違い無いし、すぐ側にデューク・カハナモク・ラグーンがあるので、ラグーンとセットで遊ぶのにも適している。

次いで人気なのがスーパープール。大きなプールでビーチに近く、どのタワーの宿泊者でもすぐに分かる場所にある。(宿泊者なら誰でもこのプールの脇を一度は通るはず)金曜の夜にはロッキン・ハワイアン・レインボー・レビューのステージとなる場所だ。
このプールの魅力はスーパーという名の通りの大きさと、場所の良さ。ビーチとのアクセスが良いので、ビーチとプールの行き来もしやすい。
あと、ケイキプールと呼ばれる比較的小さい子供向けの浅いプールも併設されている。
場所の割にはパラダイスプールほど混んでもいないので、利用価値は大。

タパプールはその名の通りタパタワー入り口正面にある。
上記二ヵ所に比べるとかなりこじんまりしているが、タパタワー宿泊なら必ず通る場所にあるので、他のプールで遊んだ帰りにここでも遊んでいくかという気になる。
水温が他のプールよりも高くなっていることと、浅いエリアが多いので小さな子供連れの利用にも適している。ここも周囲のタワーのせいで日陰になっていることが多いが、水温が高いので問題ではない。
お金持ちで大人な雰囲気を味わいたいなら、ここにはカバナもあるので借りることが出来る。バーも近いのでカクテルを飲みながら優雅に過ごすなんて事も可能なのはここだけ。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプール

プールの位置はご覧の通り。左上、ラグーンタワーに隠れるようにパラダスプール、中央やや下、ビーチ寄りにスーパープール、タパタワー前にタパプール。

パラダイスプールのみ早い時間(19時まで)に閉まってしまうが、他は夜22時頃まで利用出来る。
それぞれのプールで借りたタオルはどこのプールで返してもOKなので、必ずタオルカードを返して貰うのを忘れない様に。タオルと引き換えるタオルカードは無くすと痛い出費になる。
タオルスタンドはプールの営業時間よりも早く閉まってしまうことが多いが、その場合には翌日にでも必ずカードを返してもらいに行く事を忘れずに。翌日のチェックアウトが早い場合等にはタオルカードをタオルスタンドが閉まる前に回収しておいた方がいい。
プールの営業開始はパラダイスプールが8時半、他は8時からとなっている。

もちろんビーチやラグーンでも遊んだが、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ前のビーチはワイキキ中心部(ハイアットの方)よりも空いていて、その上砂浜のエリアが広いので快適に過ごせる。
ハワイのビーチは全て公共のビーチで、そのホテル専用にすることは出来ないのだが、ここのビーチは他のホテル宿泊者がわざわざ来ることもないので、事実上ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプライベートビーチと化している状態。
ラグーンは更にプライベート感が高い。ここでシュノーケルをしてみたが、残念ながらあまりカラフルな魚はおらず、白い魚ばかりだった…。(グアムでよく見掛けたムラサメモンガラは数は少ないがここでも見掛けた)

ワイキキビーチ

今回もプールやビーチから何度も大きな虹を見ることが出来た。

今回の旅行では3ヵ所全てのプールを堪能出来た。プール好きの娘も満足したはず。




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>