ハワイ旅行記 12 2017・アラモアナショッピングセンターと周辺


アラモアナショッピングセンター付近に到着後、まずはロス・ドレス・フォー・レス(ケアウモク店)へ。
いまやワイキキにも出来たので、わざわざここのロス・ドレスへ行く必要も無いのだが、店舗によって若干品揃えが違うというので、とりあえず物色。
後にワイキキ店にも行ったので、比べてみての感想だが、多くの商品はほぼ両店とも同じ。本当に若干、どちらかにしか無い商品もあるという程度だったので、時間に余裕の無い人はワイキキ店だけ(もしくはアラモアナ店だけ)でいいのではないかと思う。

次いでウォル・マートへ。
さすがに大型スーパーはまだワイキキには無いので、スーパーマーケット好きならここは外せない。(大型スーパーでなくても良いという事なら、昔からあるフード パントリーと新しく出来たロングスドラッグスを利用すればワイキキでも事足りる)
ワイキキ中心部のABC等と比べれば同じ物がかなり安く買えるのもスーパーの良いところ。
ワイキキ辺りでの購入すると高くなりそうなもの(やや高額なものや量や数を多く買う物)と、スーパーならではの商品を中心にウォル・マートで購入。
この後アラモアナショッピングセンターを見て回ることもあり、そんなに大量の買い物は出来ないので、ほどほどにした。(買い物好きならレンタカーが便利だとつくづく思う)

アラモアナショッピングセンターでは、ブランド品、高級品に興味のない我々なので、予め覗いてみようと決めていた店は数店だけ。
ここでの買い物で一番の高い買い物はレインスプーナーのアロハシャツ。(一着100ドル強)
10年以上前にハワイでレインスプーナーのアロハシャツを一着だけ買って着ていたが、何度洗濯しても乾燥機にかけても全く型崩れせずパリッとしている品質に感動し、もう一着欲しいと思っていた。(レインスプーナーはアラモアナセンターの2階、2Dエリア、メイシーズ寄りにある)

買い物(ほぼウィンドウショッピング)を終えたら、アラモアナショッピングセンターで一番の楽しみだったフードランド ファームへ。
以前、フードランドというスーパーがあったが、それが閉店し、数年を経て新たにフードランド ファームとしてオープンした。場所はアラモアナショッピングセンターの1階だが、建物内ではないので、1階駐車場からアクセスする形になる。
食料品と食に関するグッズ等を中心としたお洒落な大型スーパーといった感じの店だが、我々のお目当てはポケ丼(ポケボウル)。
何種類ものポケ(ポキとも言う)を量り売りしているコーナーで、好きなポケを選び、それをご飯の上に乗せて貰ってテイクアウトのポケ丼をオーダー出来る。
ポケは好きな物を1種類か2種類、ご飯は白米か玄米をチョイス出来る。ポケ1種類が6.99ドル、2種類は9.99ドルという値段なので、2種類にすると量もそれなりに多くなるのだと思う。
2種類の味を楽しみたかったので、2種類、9.99ドルのポケ丼にしたが、案の上、量はかなりの大盛りだった…。なので、複数人で行ったなら、一人1種類でオーダーして、その後に皆でシェアして複数の味を楽しむというのがお勧めかと思う。
スーパーなので会計はレジ。作ってもらったポケ丼にドリンクコーナーで買った飲み物、他にも買い物があればそれらと合わせてレジで精算。
すぐに食べるための飲食スペースが用意されているので、そこでポケ丼の夕食。
種類にもよるのだと思うが、先にハワイ島、コナのウメケで食べたポケ丼よりもかなり濃厚な味付けに感じたが、やはりポケ丼は日本人の味覚に合う。

フードランド ファーム ポケボウル

フードランド ファームのポケボウル。ポケ2種類に白米をチョイス。ポケの量だけで腹一杯になりそうな量。

食事を終えた頃にはもう夜の21時過ぎ。
フードランド ファームを出るとそこは駐車場で、ワイキキに戻るトロリー乗り場の近く。アラモアナショッピングセンターからのワイキキトロリーはいつも激しく混んでいて、何台か待たないと乗れないというイメージだが、この時間になるとかなり空いている様で、すんなり乗れた。
アラモアナショッピングセンターとワイキキの各ホテルを結ぶピンクラインはJCBのカードを持っていると無料になるので、それで乗車。

明日は予約してあるbillsでの朝食から始まって、終日、ホテルとワイキキ界隈で過ごす予定。




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>