ハワイ旅行記 05 2017・ワイコロアへ


3日目はゆっくり寝て10時頃にコナシーサイドホテルをチェックアウト。
ワイコロアに到着してから食事をするつもりで朝食は抜き。
準備段階でもどうすれば良いかよく分からなかったコナからワイコロアへの移動方法だが、結局タクシーにした。
空港ホテル間の送迎はシャトルサービス等があるが、ホテルからホテルという移動に使えるものは私が調べた限りでは見つからなかった。
ハワイ島ではレンタカーを借りるのが一番確実と言われる所以はこのへんの交通の不便さだろう。なので、島内を連日アクティブに動き回るような旅行をするなら、間違い無くレンタカーを借りるべき。

コナシーサイドホテルのフロントでタクシーを頼むと、約10分ほどで迎えに来た。
タクシーはホテルやレストランで呼んでくれるので、利用に困ることは無い。(もちろん流しのタクシーは無い)

コナからワイコロアまでは車で約40分。タクシー料金はチップ込みで総額100ドル弱。

ワイコロアはオアフのコオリナやマウイのカアナパリなんかと似た雰囲気の高級リゾート地といった感じ。ワイコロア・ビーチ・リゾートにはホテルの他、ショッピングモール、ゴルフ場等がある。
我々が今回泊まるのはヒルトン・ワイコロア・ビレッジ。ハワイ島旅行の目的の一つがこのホテルに泊まること。巨大なホテル敷地内には大きなプール施設があり、ホテルの各客室棟をモノレールやボートで結んでいるというテーマパークの様なホテル。

チェックインを済ませ、荷物をベルサービスに預け(部屋に届けておいてくれる)、食事の為にワイコロアリゾート内にあるショッピングセンターに向かう。
ショッピングセンターはキングス・ショップスとクィーンズ・マーケット・プレイスという2ヵ所がある。それぞれはごく近い位置にあるので、どちらかに行けば、そこからもう一方には簡単に移動出来る。
ホテルからは2つのショッピングセンターへ行けるワイコロア・ショッピングシャトル(大人2ドル、5歳〜12歳までは1ドルが一回乗車毎に必要、5歳未満無料)というシャトルバスがあるが、運行間隔は公式には15分…しかしアバウトなので30分くらい来ないこともある。
少しシャトルバスを待ってみたが、なかなか来る気配がなかったので、歩いて行く事に。

ワイコロア・ショッピングシャトル(

これがワイコロア・ショッピングシャトル。ヒルトンではフロント階の下の階にある、ツアーバスの送迎場所からの利用になる。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからだとキングス・ショップスが近いが、そこまで徒歩約20分ほど。日差しが強く、予想よりもきつい移動だったので、帰りは絶対シャトルバスに乗ることを決意。

まずはキングス・ショップスのアイランド・フィッシュ & チップスという店でフィッシュ & チップスとカラマリ(イカ)フライで食事。基本テイクアウト専門店だが、開放感のある湖に面してテーブルと椅子がいくつか用意されている。

アイランド・フィッシュ & チップス

フィッシュ & チップスはどこで食べても外れの少ない食べ物なので良い。魚の種類は「その日の魚」という表示で不明…。

次いでクィーンズ・マーケット・プレイスに移動して、アイランド・グルメ・マーケットで飲み物やスナック類、ちょっとしたお土産を購入。アイランド・グルメ・マーケットは大きなABCストアといった感じで、日用品から食品、お土産類を扱うスーパー。
実際、経営はABCストアで、オアフ以外の他島にあり、生鮮品も扱う大きめの店舗がアイランド・グルメ・マーケットという名称になっている。(オアフにもコオリナにはある)

ブランド物等、高価なものには興味が無いので、ショッピングセンターでの用事は以上。(傾向としてはキングス・ショップスが高級品店、クィーンズ・マーケット・プレイスがカジュアルな店舗を揃えているという感じだった)
クィーンズ・マーケット・プレイスからワイコロア・ショッピングシャトルに乗り、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジに戻った。

ホテルのフロント棟からモノレールに乗り、我々の客室があるオーシャンタワーへ。(歩いたら15分くらいはかかりそう)
部屋はオーシャンタワーの3階、ラナイからは遠くに海も見える、所謂パーシャルオーシャンビューだった。

本日から2泊、ここでリゾートライフを過ごす。




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>