赤いシャトルバスとシレナトロリー・グアム旅行準備編4


グアムでの移動手段はシャトルバス、タクシー、レンタカーのいずれかが選択肢。
両手に持ちきれないほどの買い物をする人や、島内の様々な場所に行きたい人にはレンタカーが圧倒的に便利だが、それ以外の人にはタクシーとシャトルバスが現実的。
グアムのタクシーはあまり台数が多くは無いし、経済的とは言えないので、やはり多くの観光客にとって一番便利なのはシャトルバスだと思う。
基本的にタモンとハガニヤの中心部での移動にしか使えないが、多くの人にとって必要十分なエリアだろう。

代表的なのは赤いシャトルバスと呼ばれるもので、グアムの主要ホテルとマイクロネシアモール、プレミアムアウトレット等を約10分間隔で結んでいるタモンシャトル、同じく10分間隔でマイクロネシアモール、Kマート、プレミアムアウトレット等を結ぶショッピングモールシャトル、約20分間隔でTギャラリア(DFS)とKマートを結ぶKマートシャトル等が主要路線だ。
他にプレミアムアウトレットとレオパレスリゾートを結ぶレオパレスシャトルや、ハガニヤまで行けるハガニヤ・チャモロバス、恋人岬シャトル、朝市シャトル(土日の朝のみ)、チャモロビレッジナイトシャトル(水曜の夜のみ)等もある。
赤いシャトルバスでは島内一周ツアー等も扱っている。

赤いシャトル

赤いシャトルバスはオープンエアでホノルルのワイキキトロリーに似た車体。

乗車券は一回4ドル(2015年現在)で、アメリカの他のバス同様、お釣りは無いのでぴったりの額が必要。6歳未満は無料だ。
しかし都度支払うよりは滞在日数に合わせたパス(乗り放題チケット)を購入するのが一般的。乗り放題チケットがあれば乗る度にぴったりのお金があるか気にする必要は無い。
赤いシャトルバスの1日、2日、5日間の乗り放題チケットは事前に購入(現地の空港やDFS等で受取り)しておくことも可能で、2日間、5日間には24時間(2日間チケット)、72時間(5日間チケット)のWi-Fiアクセス付きなんてのもある。(Wi-Fiはシャトルルート上で使えるらしい)
6歳〜11歳までを対象にした子供乗り放題券(5日間)というのもある。

ツアーで行く人は利用するツアーに滞在日分のパスが付いていることが一般的なので、確認するといい。JTBやJALパック等ならほぼ間違い無く赤いシャトルバスが乗り放題になるパス(カード)が付いてくる。このツアーに付いてくるパスや乗り放題チケットで乗れる路線は主要路線に限られていることがほとんどなので、どの路線に乗れるのかも確認が必要。
全ての種類のチケット(パス)でタモンシャトル、ショッピングシャトル、Kマートシャトル、レオパレスシャトルには乗車出来る。パスの種類によってはこれに加えてハガニア・チャモロバス、恋人岬シャトルにも乗れるものがある。朝市シャトルとチャモロビレッジナイトシャトルはほぼ間違い無く別料金になる。

HISのツアーで行く場合には赤いシャトルバスとほぼ同じ路線を持つHISのシレナトロリー(2016年、レアレアトロリーに名称変更)に滞在中乗り放題となる。なので、HISのツアーには赤いシャトルバスのパスは付いてこない。
赤いシャトルバスのタモンシャトルに相当するホテルコース、ショッピングモールシャトルに相当するショッピングセンターコース、Kマートシャトルに相当するチャオラウンジコースという3つのコースで運行している。
別料金で朝市(土日の朝のみ)に行けるチャオフリーマーケットエクスプレス、チャモロビレッジのナイトマーケットに行くチャモロビレッジエクスプレス(水曜の夜のみ)もある。

シレナトロリー

シレナトロリーは赤いシャトルバスに似た車体の他に、ツアーバスといった感じの車体もある。

このシレナトロリー(レアレアトロリー)、本来はHISのツアー利用者専用なのだが、7日間乗り放題チケットをHISツアー利用者以外もHISのサイトから購入する事が出来る。赤いシャトルバス同様にWi-Fi付きなんてのもある。
シレナトロリー(レアレアトロリー)の場合、11歳以下は無料で乗れるし、(赤いシャトルは6歳未満無料)7日間チケットが赤いシャトルの5日間チケットよりも安いので、検討の余地は十分にあると思う。

グアム滞在中に頻繁にシャトルを使って移動する人は赤いシャトルとシレナトロリー両方のパスを買ってしまうというのもアリかと思う。(片方が付いてくるツアーならもう片方を購入する)
この二つを持っていれば先に来たシャトルバスに自由に乗れるので時間がかなり節約出来る。
もちろん滞在中、巡り合わせによっては片方ばかりの利用になって、もう片方は無駄だったということも有り得るが…。

更に赤いシャトルバスの乗り放題チケットは、5日間を買うなら正規の物よりも、てるみくらぶのプラチナカード(Webでの事前販売のみ)を買った方が得だ。5日間チケットよりも安価なのに7日間有効で、各種特典(提携店での割引や粗品プレゼント)もある。
乗れる路線も5日間チケットで乗れるタモンシャトル、ショッピングシャトル、Kマートシャトル、レオパレスシャトルに加えて、ハガニア・チャモロバスにも乗れる。
受け取りが自分が宿泊するホテルのフロントで出来るというのも有難い。(てるみくらぶのツアーでグアムに行く人はグアム空港のてるみくらぶカウンターでの受け取りになる)
赤いシャトルバスの5日間チケットを購入する予定の人はてるみくらぶのプラチナカードを検討してみるべきだ。

私達はてるみくらぶのプラチナカード+シレナトロリーの7日間乗り放題チケットを入手する予定でいるので、暑いバス停での待ち時間を減らせるはずだ。混んでいるバスを避けるということも出来るかもしれない。
7泊8日の旅程なので、両方とも7日間有効になるというのも都合がいい。

*2017年4月現在、てるみクラブは倒産した模様です。

JTBのツアー利用者専用のバスやDFSのバスもあるが、運行時間やルートは上記の2種類に比べてかなり限定的なので、主な移動手段としては使えない。




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

赤いシャトルバスとシレナトロリー・グアム旅行準備編4」への7件のフィードバック

  1. KanA

    素朴な質問なのですが、どういった経緯で二人旅をするようになったのですか?
    とても興味がありましたので、差し支えなければ返信或いは記事に書いて欲しいです。
    たまたまブログを見つけたのですが、YouTubeもやってるみたいなので、そちらも併せて楽しませてもらうつもりです。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      ご訪問ありがとうございます。
      素人記事ですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

      二人旅は父子家庭で私と娘の二人きりしかいないからという単純な理由です。
      そして私の趣味が旅行だったからですね。
      独身の時は世界中を一人で旅していましたし、パートナーが居たときはその人と。友人と旅したこともあります。
      現在は娘と二人旅ということです。

      子供と二人旅も気楽でいいんですが、大人っぽい場所に行けないのがちょっと残念ですね…。(例えばカジノやバー)

      これからも時折更新していきますのでお立ち寄りください。
      コメントありがとうございます。

      返信
  2. KanA

    元々旅好きだったのですね!
    私は大学生のときに二年間休学して、自分の存在を確めたくてというと変かもしれませんが、一人で生きていけるかを体感したくて1ヶ月のバイト代だけもって、家族に少し旅行行くとだけ言い残して日本を飛び出しました。
    当時無知すぎましたので、換金(両替)レートも解らなくて、テレビで放送してた外国は日本よりも物価が安い場所ばかりと言う先入観で30万円あれば結構まわれるはず!と思い込んでいました。
    ところが飛行機のチケットでかなり減り、とりあえずアメリカでしょとか思って、現地で両替したあとも「大丈夫、日本よりも安い物価のはず」と思い込んで普通に小綺麗なホテルに宿泊したら4日でお金を使い果たしてしまいました。
    …プチ家出見たいな事しただけか、帰らなきゃと思ったけど帰りのチケットすら買えない位に金欠に陥ってました。

    何もかもが中途半端でした。
    旅行の計画を経てなかったこと、先入観で必要な旅資金をしっかり下調べしなかったこと、自分が一泊いくらのところに泊まってるのか把握できていなかった事、そして一番は言葉が理解出来ていなかった事…。

    途方にくれましたが、ポジティブ思考と人の優しさを信じるだかけが取り柄だったので、町を徘徊しながら泊めて欲しい、仕事欲しいと拙い言葉とジェスチャーでなんと住み込みのアルバイトをさせてくれる家族に拾われました。

    それからと言うもの、短いところで2~3週間、長いところでは2ヶ月近く滞在したりで、二年かけて16ヵ国回ってきました。
    住み込みで手伝いをさせてくれる人達は一人一人の顔が今も鮮明に残るくらい優しくしてもらえました。
    時にはパン屋、時には花屋、全豪オープン知識ないけどオートバイの修理店等々個人経営のお宅においてもらってました。
    家族の方が観光スポットに連れてってくれたり、現地の人しか知らない穴場スポットに連れてってくれたり、そして給料日はいつも違う国や場所の飛行機のチケットと餞別を頂きました。

    最後に訪れたのがマレーシアで、そこで不幸にもマラリアにかかり、病院で死ぬかもと思った時にどうしても家族に会いたい気持ちが強くなり、無事退院後に帰国しました。

    ツアーズや普通の旅行では体験出来なかった現地の暮らしを体験できた人生最高の二年間でした。

    ところが私はその頃つけていた日記を紛失してしまい、記憶だけが宝物です。
    偶然みつけたこのブログを読んでいると当時の事がとても懐かしくて、私もまたいつか旅にでたいなと言うワクワクを久々に感じました。

    なかなか落ち着いた生活をしていると、若い頃のように「さ、行こうかな!」とはなれないのが残念ですが、夫と一緒にこちらのブログを読んで、なんだか二人の目標を見付けたような気がします。

    そのうちきっと私もパートナーとまた色んなところへ旅行 に行きます。

    これからもブログの更新楽しみにしています。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      まるで深夜特急の様な、私よりも充実した旅をされていますね。
      私も一人でパリに行った時にはホテルを決めずに行き、北駅界隈のホテル街で飛び込みで安い宿を探したりもしましたが、残念ながらあまり現地の人との交流は出来ませんでした。
      友人が欧州に居たので、ベルリンで現地集合で遊んだり、こちらは日本から、友人は欧州からでロスで待ち合わせてアメリカで遊んだり、そういうことはしていましたが。
      今は娘の学校の休みに合わせての旅ですので、自由気ままにというわけにはいきませんが、現状出来る範囲で楽しんでいます。

      昔と違って飛行機には燃油サーチャージなんてのもかかりますし、費用的にも以前ほど気軽ではなくなりました。
      いつか娘と欧州をのんびり巡るのが夢なので、その頃にはテロの心配も今より無くなっていることを願っています。

      お互いに良い旅が出来るといいですね。

      返信
  3. KanA

    すみません、予測変換で全豪オープンと入力してしまいました。
    正しくは全然です。

    返信
  4. ピンバック: グアム旅行記 (2016) 8・ショッピングとお土産 | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

  5. ピンバック: グアム旅行記 (2016) 11・シャトルバス、トロリー | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>