グアム旅行記 (2016) 6・ポリネシアンディナーショー


ハワイでもグアムでも旅行中に一度はポリネシアンショーへ行く。 南の島に来たならやはり一回は行かないと、南国のリゾートに旅している気分が出ない。

グアムでは多くのホテルでポリネシアンディナーショーを開催していて、今までにハイアットのブリージズ・サンセットバベキュー、フィエスタのビーチサイドバーベキュー&ショー、PIC(パシフィック・アイランド・クラブ)のパシフィックファンタジーディナーショーに行った事がある。
他にもニッコーやヒルトン、オンワードがポリネシアンディナーショーを開催している。

内容はタヒチアンダンスにフラダンス、ファイヤーダンスと似た様なものだが、ダンサーの人数、ステージの規模等、それぞれに特徴がある。もちろん細かく見ればダンサーの質もあるとは思うが、素人の旅行者にとって、分かりやすいのはステージの豪華さやダンサーの人数といったところだろう。
あとは料理。大きく分けて通常のブッフェと自分達で焼くバーベキュースタイルがある。ブリージズ・サンセットバーベキューやビーチサイドバーベキュー&ショーの様に、バーベキューとついていればメイン(肉や魚介)を自分達で焼き、オードブルやサラダ等がブッフェスタイルというもので、バーベキューとついていなければ普通のブッフェスタイルと思っていい。

今までは立地や値段などから選んでいたが、今回はネット上の評価、レビュー等を参考に参加者の満足度の高いものを選ぶ事にした。
結果、フィッシュアイ・ポリネシアンディナショー、ザ・ビーチ BBQディナーショー、ニッコーのサンセットビーチBBQが比較的評判がいいと判断。もちろん今までに行った事のあるものはパス。(今までではPICのパシフィックファンタジーディナーショーが一番、次いでフィエスタのビーチサイドバーベキュー&ショー、一番期待外れだったのがハイアットのブリージズ・サンセットバーベキューというのが個人的感想)
候補の中で面倒なバーベキューではないものを選ぶと、フィッシュアイ・ポリネシアンディナショーしかなかったので、これに行く事にした。

フィッシュアイマリンパークのポリネシアンディナショーは様々なコースがあるが、娘が船にも乗ってみたいと言っていたので、サンセットクルーズとポリネシアンディナーショーがセットになったコースを申し込んだ。送迎バスで現地に着いたら、まずはサンセットクルーズに行き、戻ったらポリネシアンディナショーというコースで、これにするとポリネシアンディナショーの席もステージに近い位置になるということだった…が、当日は波が高くて船が出られないと、ホテルに早朝連絡があった。この場合の選択肢は全てキャンセルか、ポリネシアンディナショーのみに参加するかを選べるとのことだったので、ポリネシアンディナショーのみに参加することにした。
サンセットクルーズ付きとの差額は後日、今回申込みに使ったベルトラを経由してクレジットカードへのチャージバックで返金とのこと。

サンセットクルーズがなくなったので、送迎の集合時間も遅くなった。
アウトリガー宿泊者は隣のデュシタニの1階ロビーが集合場所。そこからフィッシュアイマリンパークの送迎バスで会場に向かう。

到着したらお決まりの写真撮影。ダンサーと記念写真を撮り、ショー終了後に買う(気に入れば)というどこでもやってるスタイル。
席はサンセットクルーズが中止になっても優先席(ステージに近い席)を提供してくれた。
ショーが始まると料理を取りに行けるような状況ではなくなってしまうので、開演前が食事の時間となる。ビュッフェのメニューは特別素晴らしいとは言えないが、和洋それなりに揃っているし、味もまあまあ。この手のショーでの食べ放題料理としては十分合格点だと思う。
オプションで飲み放題(3杯飲んでお得になるくらいの値段設定)も付けたが、これは付けなくても良かったと思った。食事時間内に3杯飲むのはかなり忙しいし、ウェイターもなかなか捕まらず、お替わりを頼むのもスムーズにいかない。(結果的には頑張って元をとったが)

フィッシュアイの食事

お寿司は豊富。味も悪くない。

ショーはなるほど評判がいいだけあって、装置も演出も今まで観たものより頭一つ抜きん出ている感じ。ステージは大きいというわけではないが、水を配してあって、ダンサーがカヌーで登場するなど、凝っている。

フィッシュアイマリンパークのポリネシアンディナショー

観客席とステージの間には水路の様な水が配されてる。ストーリーのある演出で、ただダンスを披露するだけのショーよりも凝っている。

ショーの内容、料理の種類や質等、確かに総合的に今までの中では最高点。
ショーが終わったら即、帰りのバスに乗車する。写真を買うくらいの時間はあるが、ゆっくりはしていられない、ちょっと慌ただしい感じ。

21時半頃にアウトリガーに戻り、娘の希望でまたタガダへと向かった…。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>