旅行カメラその3(DMC-LX100)


かつては重い一眼レフに高倍率ズームレンズを付けて旅行に持って行ったりしていたけど、歩き回る事の多い旅ではかなりしんどかった。
一番楽なのはポケットに入るコンパクトデジカメだけを持って旅することなのだけど、画質のいい写真も残したい…。
小さくて高画質ということになるとソニーのRX100シリーズが一番理想に近い。実際、最近はそれを持って出掛ける事が一番多いが、一眼レフの画質を知ってるとそれでも物足りない事がある。
風景を撮ってる限りではRX100M3で十分なのだが、ポートレイト風のスナップでは1インチセンサーのRX100M3では背景ボケに満足出来ない。でも大きくて重いのはしんどい…。

そんな時に登場したのがパナソニックのLUMIX DMC-LX100というコンパクトデジカメ。
ポケットに入るほど小さくはないが、小さなバッグにもすんなり入るくらいの大きさ。小型のカメラなので重さも気にならない。
そんな感じの手頃なボディサイズにミラーレス一眼で採用されているフォーサーズセンサーを搭載している。この大きさのセンサーになれば明るいレンズを付ければ十分なボケが得られる。
で、レンズはライカブランドでF1.7-2.8という明るさの24-75mmズーム。
つまりミラーレス一眼に高額な大口径標準ズームを付けているとの同じ。

これは現時点ではかなり理想の旅カメラ。なので、購入。

LX100

別売りの開閉式レンズキャップを付けた。これでレンズキャップの取り外しの煩わしさが無くなる。

lx100

これくらい背景がボケてくれれば十分

昔のカメラの様にシャッター速度のダイヤルやレンズの絞りリングが付いているのも特徴で、普通のコンパクトデジカメでは液晶を見ながらメニューを辿っていかなければならない撮影設定を瞬時に操作出来るのも魅力。
とても見やすい電子ファインダーも付いているので液晶が見にくい晴れた屋外での撮影もばっちり。
ストロボ(フラッシュ)が搭載されていなくて外付けでしかも別売りというのは一般受けしない仕様かもしれないが、私は雰囲気を損なうストロボ撮影が好きでは無く、ストロボをほとんど使用しないので不要。
これだけの大きさのセンサーと明るいレンズに手振れ補正まであるのだから、普通の明るさがある室内や、ある程度の夜景ならノーフラッシュで十分撮影出来るはず。

LX100

絞りリングがAならシャッター優先AE、シャッターダイヤルがAなら絞り優先AE、両方Aならオート、両方A以外ならマニュアルという昭和のカメラ的な分かり易さ。

動画性能も優秀で、4K動画まで撮影出来る。
まあ、4Kを快適に編集出来る様なパソコンを持っていないし、TVも4Kではないので、普通のハイビジョン撮影が出来れば十分なのだが、4K動画から写真を切り出し出来る4Kフォトという機能には興味がある。連写とかを使わなくても4Kで動画として撮影しておけば、そのシーンの中から好きな一瞬を写真として高画質で切り出せるというもの。
欲を言えば、写真を切り出したら、元の4K動画を普通のハイビジョン動画に変換出来る機能とかがあれば良かったが、残念ながらそれは出来ない。
やはり今のところは動画は普通のハイビジョン設定で撮り、写真で連写をしたい時は素直に連射機能を使うのが無難か。

75ミリまでのズームはやはり望遠側が物足りないが、F2.8なんて明るさのズームレンズはこの辺が限界なので仕方ない。しかも普通は全域F2.8だが、DMC-LX100の広角側は更に明るいF1.7なのだ。

価格もコンパクトカメラとして考えれば安くはないが、ミラーレス一眼にF2.8通しの24-70ミリズームをセットで買うよりは遙かに安い。

サイズと重さが旅行中の快適さを決める事は確かだが、画質も出来るだけ最高のものを求めたいと思うと、現時点では旅のカメラとして最高の機種になると思う。
ルミックスのLXシリーズは従来から高性能、高画質なコンパクトデジカメのシリーズなのだが、LX100で一気に他社をリードした。きっとソニーあたりも追随してくることだろう。
そうそう買い替えることは出来ないが、今後も楽しみだ。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

旅行カメラその3(DMC-LX100)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 旅行に適したカメラケース | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>