旅行カメラその2(DSC-RX100M3)


最近旅行時に必ず持って行くのがソニーのサイバーショット DSC-RX100M3というカメラ。
このカメラのシリーズは最初のDSC-RX100から使っているが、二代目のM2は見送ってM3の登場で初代と入れ替え。

rx100m3

ツルッとした外装で滑りやすいので、純正のグリップを付けた。これで持ちやすさは完璧アップ。

RX100シリーズが優れているのは、ポケットに入るコンパクトデジカメサイズに1インチという大きな撮像素子を搭載していること。現在は他にキヤノンのG7 Xとか同様のデジカメも登場しているが、初代RX100が登場した当時は画期的だった。
そしてシリーズ3代目のDSC-RX100M3では同程度のコンパクトサイズを維持したままファインダーまで搭載した。
私の様な昭和な人間にとって液晶では無くファインダーで撮影できるというのはとても大切。手振れ防止にはファインダーに接眼して撮るのが一番理想的だし、液晶が見えづらい晴天の屋外では接眼出来るファインダーがあるかないかで使いやすさが大きく変わる。
更に理想を言えばファインダーが光学式ならベストだけどこれは仕方ない。(DSC-RX100M3のファインダーは電子ファインダー)
あと、小さなサイズにファインダーを納めるために、必要な時だけポップアップ、更に指で手前に引き出して使う形になっている。この操作がちょっと億劫な為、通常は一般的なコンパクトデジカメ同様、背面液晶で撮影し、必要な時だけファインダーを使うというスタイルになってしまう。

大きな撮像素子の何がいいかと言えばもちろん画質。
ちょっとした一眼レフに迫る解像度と絵の深みを出してくれる。もちろんトータルではより大きな撮像素子を搭載しているカメラの画質を超える事はないが、ポケットに入るコンパクトな外見から想像する画質レベルは超えているということ。もちろん動画の画質も素晴らしい。

rx100m3

解像度は素晴らしい。広角側の解像度だけで比べたら十分に一眼レフ並み。

このデジカメの欠点は詰め込まれてる技術に比例したかの様なズッシリとした重さ。明らかに一般的なコンパクトデジカメよりもズッシリと重い。(外装がプラスチックではなく金属ということもあるが)
そしてサイズに不釣り合いな値段。同じ値段でエントリークラスのデジタル一眼レフのレンズセットが買えてしまう。(時間が経てば価格はどんどん下がるだろうし、いずれ型落ちとなればより安価になるだろうけど)まあ、値段は小さなボディに大きな撮像素子やファインダー等を入れ込んだ技術料と、高品質な明るいレンズや外装素材等の料金と考えれば納得するけど。
あと、いくら画質が一眼レフに迫るとはいえ、多くのミラーレス一眼が搭載しているフォーサーズセンサーや一眼レフのAPS-C、フルサイズセンサーとかに比べれば1インチセンサーは小さいので、背景を大きくぼかした撮影はさすがに出来ない。(近接ではそれなりにぼけるけど)
ボケの綺麗なポートレイトとかにはやはりミラーレスや一眼レフが必要。

レンズは24-70mm F1.8-2.8のZEISSバリオ・ゾナーT*でとても明るい。大きめ撮像素子や手振れ補正機構と相まって、暗所でのノーフラッシュ撮影が楽に出来る。
ストロボを焚くとどうしても雰囲気が変わってしまうので、基本屋内でもストロボOFFが好きな私には有難い。
広角側24ミリは旅カメラとしては十分だが、望遠側70ミリは足りないと思うシチュエーションもある。しかしこれ以上望遠側を伸ばすと明るさを維持できないだろうし、画質にも影響するだろうから、このカメラのコンセプトを考えると仕方がない。
望遠側が欲しいならもっと安いコンパクトデジカメに300ミリ超えの製品がたくさんあるので、それと使い分けるか、画質や暗所性能には目を瞑って24〜300ミリ超えのズームを搭載したデジカメを選ぶのがベター。

RX100-M3

コンパクトであるということは持ち出しやすいということ。これは重要。

あと、背面液晶は可動するので上方向にひっくり返すと液晶を見ながら自分撮りが可能。スマイルシャッター(笑顔になったことを自動検出してシャッターを切る)も搭載しているので、今流行のセルフィースティック(自分撮りの棒)とかでの自撮りが楽に行える。
液晶を見て自分(達)を入れ込んだ構図を確認してから笑顔になると、自動で写真を撮ってくれるので大変便利。
あと、専用のスマホアプリをi PhoneやAndroid機にインストールすれば、スマホ画面にカメラの画面を映し出せ、ズーム操作やシャッター操作もスマホから出来る。

ポケットやバッグに無理せず入る大きさで、出来るだけ高画質のデジカメを旅に持って行きたいと思う人には、今現在ベストなデジカメだと思う。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

旅行カメラその2(DSC-RX100M3)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 二人きりの旅行で2ショット写真 | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

  2. ピンバック: 旅行カメラに高倍率ズームは必要か | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

  3. ピンバック: DSC-RX100M3対DMC-LX100 | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>