カテゴリー別アーカイブ: アメリカ

オーランド旅行記50・シカゴ経由のユナイテッド、ANA便で帰国


早朝5時にハイアットをチェックアウト。と言っても鍵を返すのみのエクスプレスチェックアウト。
搭乗するユナイテッド航空はハイアットのエレベーターがあるターミナルBにチェックインカウンターがある。
ユナイテッドのカウンターに到着すると、大きなスーツケースを持っている場合は、チェックイン前に自分で重量を量るように指示される。
専用の重量計で預ける荷物を計ると、一つが重量オーバー。なので急いで荷物を分散して二つとも制限内に収まるように調整。重い方から軽い方へ荷物を入れるのだが、一回目はまだ制限超え。二度ほど移動させてようやく二つとも制限内。
続いて機械でチェックイン。画面表示は日本語が選べるので難しくは無い。パスポートをスキャンさせると予約が表示される。事前に指定してある座席も表示されるので、もし変更したい場合はこの時点での変更も可能。預ける荷物の個数も入力すると、その分のバゲージタグが印刷される。
ボーディングパス(搭乗券)も成田までのANA便も含めて印刷される。
預けた荷物は成田までスルーなので、念のためバゲージタグの最終目的地がちゃんとNRTになっていることを確認。

その場で係員がバゲージタグを預け入れ荷物に付けて預かってくれるので、手間が無い。最初に荷物の重量調整に手間取った以外はとてもスムーズ。

ということで、チェックイン手続きはかなり楽だったが、ここから先のセキュリティチェックはやはり手間取る。預け入れ荷物の重量を減らすために持ち込み手荷物にもゴチャゴチャと物を入れているせいもあってか、二度も再検査を受けるハメに。
中身のほぼ全てを出して手作業でのチェックと、再X線検査をされるのでかなり時間がかかった。荷物は入れ直さなきゃならないし。

フライトの約3時間前にハイアットの部屋を出て、出発ゲートに到着したのは1時間ちょっと前だったので、やはり2時間前の到着ではギリギリということだ。3時間前の到着を推奨しているのは妥当だろう。

行きのシカゴ空港の時と同様にユナイテッドへの搭乗はグループ毎にラインが作られている。今回は搭乗券にグループ番号が記されていた。(行きに所持していたオンラインチェックインでプリントアウトした搭乗券にはグループ番号は無かったので、ゲートのカウンターで聞く必要があった)

シカゴでの乗り継ぎ時間は約1時間。帰国の際のシカゴ、オヘア空港でのターミナル移動は無いので、1時間あれば余裕で乗り継げるのだが、遅延が多いアメリカ国内線。心配していたが、定刻で出発してくれた。

オーランド国際空港

さようならオーランド。

ほぼ予定通りの時刻にシカゴに到着。
時間に余裕があったので、ANAのゲート番号だけチェックしてギャレットポップコーンを買いに行くことに。帰国の際はユナイテッドが到着したターミナル1からANAも出るのだが、ターミナル1はコンコースBとCに別れている。それぞれのコンコースの間は地下通路で結ばれていて、移動時間は5分程。オーランドからのユナイテッド便はコンコースCに到着していて成田へのANA便も同じCからの出発。けれどギャレットポップコーンはコンコースBにある。まあ、コンコース連絡通路の側にあるので、往復10分あれば買いに行ける。運良くギャレットポップコーンに長い行列は出来ていなかったので、余裕で買ってくることが出来た。

ANAも定刻通りにシカゴ、オヘア空港を出発。
今回のANA便は往復共に機材が777-300で、シートがシェルタイプという背もたれ固定のもの(エコノミー)。
このシートのリクライニングは座面が前方にスライドする方式で、背もたれが倒れない。
利点としては後席に気を使う必要がないこと、テーブルが前席のリクライニングで狭くなったりしないこと…なのだが、はっきり言ってこれはリクライニングと呼べるシロモノでは無い。
座面が前にスライドしても全く快適ではないので、この機材でエコノミーに乗る時は「リクライニングは使えない」と思っておいた方がいい。
私自身は食事の度にリクライニングを戻したりするのが面倒なので、あっても元からあまり使わない人間なのでいいが、リクライニングが無いと寝られないという人は避けた方がいいだろう。

飛行機は定刻よりやや早めに成田に到着。
スーツケースは空港宅配カウンターでVISAゴールドカードのキャンペーンを使って自宅へ発送。1個100円、2個目からは15パーセントオフという破格のキャンペーン送料だ。(通常のVISAゴールド空港宅配サービスは1個目500円とのこと)

行きと同様、帰りの足も成田エクスプレスを選択。新宿までの指定席乗車券を買って帰路に着いた。

約3週間のオーランド旅行が終了した。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記49・オーランド最後の夜


ハイアット・リージェンシー・オーランド・インターナショナル・エアポートの車寄せでベルに荷物を預け、4階のフロントに上がってチェックイン。
翌日のフライトの時間を聞かれ、ウェイクアップ・コール(モーニングコールのこと)はいるかと言われたが不要と言っておいた。目覚ましだけで大丈夫。

チェックイン手続きが終わったらフロント階のベルサービスに部屋番号を伝えて荷物を運んで貰う。どうやら荷物専用のエレベーターがあるようで、部屋に着いたら、我々より早く荷物が到着していて、ベルマンがドアの前にいたので、一応チップを渡した。

オーランド到着時に泊まった際には滑走路側をリクエストしたが、今回はインサイドビュー(空港ロビー側)の部屋に。景色としてはこちらの方が面白い。どうしても朝の日の光が無いと落ち着かないという人でなければ、ここに泊まったならインサイドビューをお薦めする。

ハイアット・リージェンシー・オーランド・エアポート

空港ロビーは外光を取り込める天井なので、昼間は日の光で明るくなる。夜も照明で明るいので大差は無いが…。

Wi-Fiのパスワードは名字と部屋番号という組み合わせなので、前回の設定そのままでは接続出来ない(部屋番号が違うので)。なので再設定。
一泊して早朝のチェックアウトなので、荷物は必要な着替えや洗面用具のみを取り出すのみ。

夕食は空港のフードコートで。
娘はマック、私はパンダエクスプレスでオレンジチキンの食べ納め。
その後は各ショップをブラブラ。WDW、ユニバーサル、シーワールド、ケネディ・スペースセンターと、この3週間で巡ってきた場所のショップがあるので、思い出を辿るウィンドウショッピング。
もう既に欲しいものは購入していたので、特に買いたい物は無し。

ハイアット・リージェンシー・オーランド・エアポート

各ショップの前で最後のスナップ。まずはWDW。

ハイアット・リージェンシー・オーランド・エアポート

次いでユニバーサルスタジオ・ショップ

ハイアット・リージェンシー・オーランド・エアポート

オーランドに着いて最初に行ったケネディ宇宙センターのショップ。

ハイアット・リージェンシー・オーランド・エアポート

シーワールドのショップ。

明日は4時半には起床して5時に部屋を出る予定。
フライトは7時50分発の便だが、国際線と国際線への乗り継ぎを含む便は、空港への3時間前の到着が推奨されている。既に空港にいるので約3時間前に部屋を出れば良い。
もしユニバーサルやWDWに宿泊していたら早朝というよりも深夜のうちに出なければならないはず。やはり朝早い便の場合はここのハイアットでの宿泊が便利だ。

ということで、今日は早めに就寝。いよいよ帰国。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記48・ロイヤルパシフィック・リゾートをチェックアウト


ちょっとゆっくり寝て、11時にユニバーサルズ・ロウーズ・ロイヤル・パシフィック・リゾートをチェックアウト(早朝、明細は部屋のドア下に差し込まれているので、問題が無ければフロントでの手続きは不要)し、荷物をベルデスクに預け、水上タクシー(ボート)でパークへ。
まずはアイランズ・オブ・アドベンチャーへ行き、娘のお気に入りアトラクションにだけ乗る。
お気に入りアトラクションは以下の通り。

  • ポパイ・アンド・ブルートズ・ビルジーラット・バージス
  • ハリー・ポッター・フォービドゥン・ジャーニー
  • ザ・アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン

ポパイ・アンド・ブルートズ・ビルジーラット・バージスがプールに飛び込むのと同じくらい濡れることを知ったので、今日はポケットの中の物も全部ビニールに包み、万全の体制で挑んだ。(昨日は紙幣が濡れてしまって困った…)
ちなみにこのアトラクションのそばにあるMe Ship, the Oliveという船の上からは、ポパイ・アンド・ブルートズ・ビルジーラット・バージスに乗っている人々に水をかけることが出来る。
濡れたくなさそうな服装の人を狙い撃ちするのは快感。そもそもその地点に来る前にずぶ濡れになっている人がほとんどなので、ここで水をお見舞いしても怒る人はいない。

今日はアーリーエントリーでも無い時間にハリー・ポッター・フォービドゥン・ジャーニーに並んだが、待ち時間は50分ほど。USJよりも空いているのは確かだ。

お目当てのアトラクションを済ませたらさっさとホグワーツ特急でユニバーサル・スタジオに移動。
こちらでも娘のお気に入りアトラクションにだけ乗る。
アトラクションは以下の通り。

  • ミニオン・メイヘム
  • トランスフォーマー・ザ・ライド3D
  • ザ・シンプソンズ・ライド
  • E.T.アドベンチャー

ミニオンは本当に混んでいる。エクスプレス・パスでも午後からだと30分は待たされる。スタンバイでの待ち時間はハリーポッターのアトラクションを常に超えている状態だと思う。

ミニオン・メイヘム

アトラクション出口ではグリーティングをやっている。

ここでの人気アトラクションと言えば「グリンゴッツからの脱出」も外せないのだが、ちょっと娘には迫力がありすぎた様でパス。まあ、1回は乗れたのでいい。

お土産をいくつか購入し、ユニバーサル・スタジオ・フロリダともお別れ。

ユニバーサル・スタジオ・フロリダ

ユニバーサル・スタジオもディズニーもオーランドのパークはやはり大きかった。

水上タクシーでロイヤルパシフィック・リゾートに戻り、ベルデスクで荷物をピックアップ。空港までのタクシーを呼んで貰った。
ロイヤルパシフィック・リゾートが配車したタクシーはヒルトンの時と同様、メーター無しのタイプ。オーランド空港までは運賃のみで40ドル程。チップを入れても50ドル以下なので平均的かやや安いくらいではないかと思う。
タクシーで空港に向かうときは必ず利用エアラインを聞かれるが、ターミナルではなくハイアットの玄関に行くように指示。今晩はオーランド到着の際にも2泊したハイアット・リージェンシー・オーランド・インターナショナル・エアポートに宿泊する。

オーランド旅行記 目次