カテゴリー別アーカイブ: オーランド

準備その2・飛行機(オーランド)


オーランド行きの航空便はJAL、ANA、デルタ、ユナイテッド、アメリカンが運行している。
直行便は無いので米国内の何処かで乗り継ぎ。
私がマイレージプログラムに入っているのはJAL、ANA、デルタ。ANAはユナイテッドと、JALはアメリカンと提携しているのでどれを選んでも問題なし。

クルーズの予定は決まっているので出航日の7月24日にはオーランドにいなければならない。
なので、国際線の予約が始まる( 航空会社により330〜355日前)と同時に7月22日か23日のフライトを探した。

ネットで便を検索したところ、JAL、ANA、デルタいずれも同日着のフライトは問題なく存在するので、料金、乗り継ぎの便の良さと座席の配置等で比較。
JALは安いフライトで比較的乗り継ぎのいいものは3-4-3等の座席配置しかない。
我が家は出来るだけ2席のみの窓側座席をとりたい。(長距離は絶対に)
ANAとデルタは同程度の料金で乗り継ぎの便も似た感じ。(デルタはデトロイト、ANAはシカゴかワシントン乗り継ぎ)

席はデルタの場合基本3-4-3の747型機だが、後部に2-4-2の配置が何列かある。ANAは便によってデルタと同じ後部のみ2-4-2かエコノミー全座席2-4-2も有り。
同程度の料金で乗り継ぎ条件等も似た様なものなので日系のANAを選択。
3週間前後の滞在で最も料金が手頃になる往復のフライトは7月22日発の同日着、8月14日現地発で翌15日に帰国の23泊25日がベスト。
往復共にシカゴでユナイテッドに乗り継ぎ。座席は行きが基本3-4-3の機体だが後部2-4-2の窓際2席を確保。帰りは2-4-2なので問題なく窓際2席を指定。

ana

ANAの国際線に乗るのは15年くらい前にパリに行ったとき以来。

そして予約と支払い。安いチケットなので変更もキャンセルも不可。1年以上先の旅行なのでちょっと勇気が必要だったが、クルーズは予約してしまったし迷っても仕方ない。

ANAでは席の指定が不可だったユナイテッドの便もANAの予約番号を使ってユナイテッドのサイトで難なく座席指定が出来た。
残念なことにユナイテッドは往復ともに3-3の座席配置。まあ3時間程度のフライトなので問題無し。翼の真横を避けて窓際を指定した。

次はこのフライトとクルーズの予定を元に残りのプランを立てて、ホテルを予約していく。

…なのだが、購入が早すぎた為、ユナイテッドの発着時間が変更になった。
行きは3時間の乗り継ぎ時間で丁度良いと思っていたのにシカゴ発が1時間15分遅くなり4時間15分に。
ANAが定刻に着くとかなり空港内で待たされそう。
帰りの便は今のところ1時間半という丁度いい乗り継ぎ時間なのだが、まだ変更の可能性あるとのこと。あまり極端な変更が無いことを祈る。(日をまたぐ様な変更が生じたら変更キャンセル不可のチケットではあるが相談に応じますと、ANAは言ってはいるが)

オーランド旅行記 目次


準備その1・ディズニークルーズ(オーランド)


オーランド旅行の準備はディズニークルーズの予約から始めました。

旅行時期は2015年の娘の夏休み、7月20日〜8月26日の間の3週間前後を検討。
この期間はハリケーンシーズンにも当たるのだが、フロリダにハリケーンが接近する確率が高くなるのは9月。つまり出来るだけ早めの方が確率的にはベターということ。(自然が相手なので運次第ではあるけれど)
当初は4泊のクルーズを考えていたけれど、2015年の7月下旬にフロリダのポートカナベラルを出航するディズニークルーズはディズニードリーム号の5泊バハマクルーズのみ。8月に入れば基本的な4泊バハマクルーズもあるのだが、一生に一度かもしれないディズニークルーズ…ここは7月24日出航の5泊バハマクルーズに決定。4泊では一日しか寄港しないディズニー所有のプライベートアイランド「キャスタウェイケイ」に二度寄港する、通称ダブルディップと呼ばれるもの。
コースはポートカナベラル港を出港して翌日キャスタウェイケイ、3日目はバハマの首都ナッソー、4日目に再度キャスタウェイケイ、最後は終日海上、そして帰港という5泊。

船室(ステートルーム)はバルコニー付きのカテゴリーと決めていたので、バルコニー付きで一番安い船室から検討。ディズニーのクルーズ船はバルコニーや窓の無い内側船室にも実際の海上の景色を映し出す窓状のモニターが設置されていて、そこに時折ディズニーキャラクターが登場する等、工夫されていて、値段も手頃なので人気があるとのことだったが、折角のクルーズ初体験(そして最後の可能性も)なので、やはり当初の予定通り、素直に実際の海を堪能出来る船室に。
バルコニー付きで一番手頃なカテゴリーは7A。しかしこのカテゴリーの場合、バルコニーに船体の外壁部分が被っていて、一部視界が遮られている。その上のカテゴリーは6B。このカテゴリーになるとバルコニーからの視界に障害は無し。あとは部屋の広さやデッキの階数等でカテゴリーが上がっていく。
ディズニードリーム(兄弟船のファンタジーも多分一緒)の場合、スィートやコンシェルジェルームといった一部の高額なステートルームを除くと、一般的なステートルームは5階(デッキ5)から10階(デッキ10)に位置している。6Bは5階〜7階に設定がある。7階が予約出来れば眺めは十分。
6Bというカテゴリーを決めたので位置は船体後方となる。

後は右舷か左舷か。
船は行きは南下し、帰りは北上する。行きと帰りでは、終日海上の日が設定されている帰りの方がゆっくり出来る。朝と夕刻では船室にいるのは朝の方が多いだろう。であれば帰りの北上中に船室が東側となり、洋上の日の出を観られる右舷がいいのではないか。
更にキャスタウェイケイの綺麗なビーチが広がる方向を観られるのも、島に停泊中のドリームの写真を見ると右舷だ。なので右舷側に決定。
以上の条件で最もエレベーターに近い船室、7682に決定。

予約時に決めておかなければならないことがもう一つ。クルーズ中は毎晩のディナーを船内の全てのメインダイニングでとれるよう、ゲスト毎に毎晩レストランを順番に指定されるローテーションダイニングという方法がとられている。(メインダイニング以外のブッフェや軽食、もしくは別料金の高級ダイニングを利用するならローテーションに従う必要はない)
夜は船内劇場でのショーも用意されているので、早い時間のディナーで食後にショー鑑賞となるファーストシーティングか、ショーの後にディナーとするセカンドシーティングかをゲストが選択せねばならない。
通常は子供連れの家族にはファーストシーティングが人気らしく、こちらから埋まるらしい。なのでファーストシーティングを選択。

以上を決めて予約。2015年夏のクルーズが予約開始となった2014年の春、つまり1年数ヶ月前という早い予約だったので全て希望通りに。

DCL

ドリームに乗りたいのは船上の透明ウォータースライダー「アクアダック」が面白そうだったから。

まずクルーズ乗船日が決まったので、次は飛行機の手配。
通常国際線の予約開始は330〜355日前(航空会社による)なので、クルーズの予約後、飛行機の予約までは期間が空くことになった。

オーランド旅行記 目次