カテゴリー別アーカイブ: オーランド

準備その26・ビーアワゲストレストランのプレオーダー (オーランド)


ビーアワゲストレストラン(Be Our Guest Restaurant)のランチは予約の30日前になるとMy Disney Experienceからプレオーダー(事前注文)が出来る様になる。
当日の時間節約の為にもじっくりメニューを選べるプレオーダーを行う。

My Disney Experienceの予約一覧でビーアワゲストレストランの予約からプレオーダーに進む。
後は好きなものを選んでいくだけ。

ビーアワゲストレストランのプレオーダー

じっくり選べるのはとても便利だ

それぞれのメニューをクリックすると写真も表示されるのでどんな料理か分からないということもない。ソースや付け合わせなどを選べる場合にはその選択ボタンも表示される。

ビーアワゲストレストランのプレオーダー

写真と料理の説明を無比べれば英語が苦手でも大凡のことは分かるはずだ。

料理の名称や説明には一部フランス語が使われているのでちょっと分かりにくいが、写真で見られるので大体のことは分かる。例えばPommes Frites.はFrench fries、つまりフライドポテトだ。Pommesはフランス語のポテトだ。(フランス語の単語を知っている人なら考えるまでもないだろうが)

飲み物は単品のフレッシュジュース類の他にドリンクバイキング(Cold Fountain Beverage)もある。ドリンクバイキングには所謂ソーダ類しかないので、フレッシュジュースやミルク等が欲しい場合は単品注文しか無い。(アメリカではどこでもそう)

スーベニアカップとドリンクバイキングのセットもある。この手のスーベニアカップ(マグ)はとても高いので通常ならパスだが、娘がどうしても欲しいと言うので、一つだけオーダー。スーベニア無しとの差額は14ドル…。

ビーアワゲストレストランのスーベニアカップ

キャッスルゴブレットという名のスーベニアカップ。安っぽい商品だが高額。

このプレオーダーは当日の注文作業を省けるだけで、決済などは行われない。
なので、当日まで好きなときに変更やキャンセルも可能だし、当日にその場で変更をしても構わない。

プレオーダーで表示される料金は税もチップも入っていないものなので、実際の支払額はこれに税とチップを足した額になる。

ビーアワゲストレストランのランチの注文はタッチパネル式の端末で行うのだが、この時それぞれの端末には後ろに順番待ちの列が出来る。そんな状況で慣れない端末を操作しながらじっくりメニュー選びをするのは気が引けるだろう。
なのでプレオーダーはしておいた方がいいと思う。その時の気分で注文の変更も出来るので、プレオーダーにデメリットは無い。

これで旅行前にMy Disney Experienceから行うべき作業は全て完了した。

オーランド旅行記 目次


ハワイとディズニー


ハワイもディズニーも大好きとなればオアフ島に行ってアウラニに泊まることで決まり…となりそうだが、本当にそれでいいのだろうか。

アウラニは確かに素敵なホテルだが、いかんせんとても宿泊料が高い。
快適で楽しいプールエリアとビーチ、そこかしこで行われるキャラグリ、TDR並ではないものの、アメリカ基準で言えばさすがディズニーと思える良質なホスピタリティ。そして無料のアクティビティプログラムにショー。
ディズニーが好きなので有れば高くてもがっかりすることはないとは思う。
お金に余裕があれば何度でも泊まってみたいホテルには違いないが、庶民としてはそうそう出せる宿泊料では無い。

アウラニと同程度、もしくはそれ以下で宿泊出来るリゾートホテルはハワイのあちこちに存在する。キャラクターがいないだけで、アウラニと同レベルかそれ以上の充実した施設をもつリゾートホテルにアウラニよりも安く泊まれる場合がほとんどだろう。
だとすれば、ディズニーはディズニー、ハワイはハワイで楽しんだ方が予算を考えれば幸せになれるのではないだろうか。
もちろんアウラニ未体験で、ハワイとディズニー両方好きという方なら一度は泊まってみることをお薦めするが。

ハワイの魅力はあの島(島々)独特の気候と文化だと思う。ゆっくりと流れる時間、穏やかな気候、それらを楽しめるリゾート地らしいホテルがあれば十分。
ディズニーはウォルト・ディズニーが描いた魔法の王国を具現化したテーマパークとしての魅力だと思う。この二つを合わせたアウラニは魅力的ではあるが、そもそも異なる物なので、無理をしてまで(特に金銭的に考えると)一緒に楽しむ必要は感じない。

ゆったりとした雰囲気で優雅に楽しみたいならハワイには格式有るホテルもいっぱいあるし、テーマパークの様な雰囲気が好きならヒルトンハワイアンビレッジの様な巨大リゾートもある。オアフ以外の他島(ハワイ島やマウイ、カウアイ)まで含めるとまさに選び放題だ。
個人的にはハワイ島のヒルトン ワイコロア ビレッジに一度泊まってみたいと思っている。とても広大な敷地内をモノレールやボートが走り、テーマパークとリゾートが好きならとても面白そうなホテルだと思う。
以前アウラニに泊まった時、ワイキキから離れたコオリナにあるせいか、他島のリゾート地の雰囲気に近いと感じた。ワイキキ周辺は買い物や食事に便利だが、ワイキキの喧噪から離れた場所にこそ、ハワイ本来の魅力がある。
マウイ島のハイアットに泊まったとき、ホテルの中庭から見上げた星空は忘れられない。

実際のハワイでハワイの文化と融合することを目指したアウラニには、それなりの価値はあると思うが、世界最大のディズニーリゾートであるオーランドのWDWにもポリネシアン・リゾートというハワイをテーマにしたリゾートがある。実際にはそこがハワイでは無くフロリダであるということだけで、ポリネシアン・リゾートにはアウラニに負けると劣らない魅力があると思う。
ホテルの雰囲気も、プール施設も南国のリゾートらしさを十分に出しているし、何よりもアウラニには無い水上バンガローまで備えている。

ディズニー・ポリネシアン・バンガロー

ディズニー・ポリネシアン・ヴィラ&バンガロー。1泊439ドル〜

なのでディズニーもハワイも好きだけど、どちらかと言えばディズニーという人ならWDW旅行でポリネシアン・リゾートに泊まることがお薦めだ。(デラックスクラスなので宿泊料は高いが、アウラニと比べれば同程度のはず)

私達は今年のオーランド旅行でディズニーをたっぷりと堪能すると思うので、次回はハワイでハワイらしさを楽しむ旅行がしたいと思っている。

オーランド旅行記 目次


準備その25・海外旅行保険に加入 (オーランド)


10日間程度の海外旅行では特別に海外旅行保険に入ることはない私だが、今回のオーランド旅行は約3週間ということで、海外旅行保険を契約することにした。
普段は所持しているクレジットカードに付帯の海外旅行保険(同居家族への補償も含まれる)で十分と思っているのだが、旅行期間が長ければ長いほどリスクも増すわけで、万が一の安心を担保しておくにはクレジットカードの保険内容では不足と判断したからだ。

今回契約したのはジェイアイ傷害火災保険株式会社の「tabihoたびほ」が提供しているクレカプラスというプラン。
クレカプラスは海外旅行保険が付帯するクレジットカード所持者向けに、足りない補償を追加するという保険だ。
クレジットカードの海外旅行保険で圧倒的に不足しているのは治療・救援費用というものだ。つまり病気や怪我で現地で治療を受けた際の医療費を保障してくれるもの。
私の所持しているカードの場合、これは200万円しか保証されないのだが、これでは十分とは言えない。海外ではちょっとした病気の治療でも数百万円になることは珍しくないので、入院や手術といったことになれば数千万円は無いと安心出来ない。

クレカプラスでは治療・救援費用を無制限にアップグレード出来る。
その他の補償はクレジットカード付帯のものを使う。
オプションで航空機遅延、旅行キャンセル費用、旅行中断費用を付けることも出来る。
航空機遅延は現地や乗り継ぎ地で予定外の宿泊費を補償してくれるもので、旅行キャンセル費用、旅行中断費用は被保険者の急病や事故はもちろん、親族の不幸等で旅行をキャンセル、途中で中断となった場合の旅費を補償してくれるものだ。

クレカプラス

海外旅行保険の付いているクレジットカードを持っている人専用のクレカプラス。

保険は使わないで済めばそれに越したことはないが、万が一の場合には無いと困る。
特に海外旅行保険に限って考えれば一番必要になる可能性が高く、他の保険で補えないのが治療費だ。これを補強してくれる保険商品は有難い。

今回のオーランド旅行では既にディズニークルーズのクルーズ保険には加入しているので、クルーズ保険、クレジットカードの付帯保険、そしてクレカプラスとほぼ万全の補償体制になっていると思う。
保険の代金だけで一人合計2万円以上だが、一日に付き一人千円ほどで旅行代金の補償を含めた安心を買っていると思えば、まあ仕方の無い出費かと思う。

オーランド旅行記 目次