カテゴリー別アーカイブ: アナハイム

アナハイム滞在時に行きやすいスーパー


アナハイムにあるカリフォルニアディズニーリゾート。
この付近への宿泊であればショッピングスポットはまずダウンタウンディズニー。土産物の買い物にはいい場所だが、飲料やスナック、日用品を買える様な店はない。
もちろん各ホテルのショップはあるが、例によってとてもお高いし、品揃えはいいとは言えない。

徒歩圏にアナハイムガーデンウォークというちょっとしたショッピングモールもあるのだが、ここも日用品の買い出しには適さない。どちらかと言えばレストラン利用に出掛ける場所だ。

徒歩で行ける範囲で日用品や飲食物の購入が出来る(安く)場所はハーバーブルバードとウェストカテラアベニューの角にあるセブンイレブンしかない。

611 West Katella Avenue<br /> Anaheim, CA 92802

数日ホテルで過ごす分だけの買い物ならこのセブンイレブンでも十分かもしれないが、アメリカらしい大型スーパーでの買い物を楽しみたければ最も近いのはターゲットになる。
ディズニーランドの入り口付近からだと、歩いて行ける距離では無いが、ハーバーブルバードをバスでまっすぐ10分ほど南下するだけですぐに行ける。

行きのバスはハーバーブルバードのディズニーリゾート入り口側からMTA(バス)の43番に乗ればいい。まっすぐ南下してチャップマンアベニューという通りを過ぎたらすぐがターゲットのバス停だ。

アナハイムのターゲット バス停

ターゲット前のバス停

行きはターゲットの反対側の車線に着くので、横断歩道を渡れば到着だ。帰りはターゲット側から北に向かう43番でディズニーリゾート入り口付近まで戻れる。
移動の際の治安は日中なら全く問題は無い。ターゲットの前のバス停も昼間は利用者が多いと思うので不安はないはずだ。

12112 Harbor Blvd<br /> Garden Grove, CA 92840

ターゲットと隣接して99セントショップもある。
日本の100均に比べるとかなり品物は低レベル。お菓子や飲料もあるが、本当に口にしていいのかと迷う様なものが並んでいる。カップ麺などもあるので話の種に買ってみるのはいいかもしれない。
更に近くにリカーショップ(酒屋)もある。

まあアルコール類も含めて大概のものはターゲットで手に入ると思う。
というわけで、アナハイムでの買い出しは簡単に行けるターゲットがお薦め。


ロサンゼルスでテーマパークを楽しむ


日本から一番近いアメリカ本土、カリフォルニアのロサンゼルス(通称ロス)。
飛行機の便も多く、安いフライトでも99%直行便。(残りも1%が存在するかは不明)
9時間半〜10時間半程度のフライトで到着するので海外旅行初心者でも行きやすい場所だ。
私も初めての米本土はロスだった。以降、何度となく訪れている。

ロスには(正確には近郊には)何と言ってもディズニーリゾートとユニバーサルという二大テーマパークがある。残念ながら同じく両巨頭が存在するオーランドに比べるとどちらも規模は小さいが、その代わりどちらもここが本家だ。
由緒正しいテーマパークの原点を味わうならロスより他にない。それにロスへの旅はオーランドの旅に比べてかなり安く、遊び尽くす為の日数もあまり必要としない。

ということで、私がお薦めするテーマパークを中心としたロスの旅をご提案。

旅行日数は最短で3泊5日も可能なコースだ。出発は成田を想定。
旅程は以下の通り。

1日目 日本初ロス到着 アナハイム泊

羽田発よりも成田発の方が便数も多く、安い便も成田発が多いはず。1日戻って朝着となるが、頑張って遊ぼう。空港からの移動はディズニーランドリゾートエクスプレス(ロサンゼルス空港とアナハイムのディズニー周辺主要ホテル間を約1時間毎に結ぶ有料バス)というシャトルバスを使うのが便利なので、初日はこれを使ってディズニーリゾートのあるアナハイムへ。
ホテルに荷物を置いてすぐディズニーランドかディズニーカリフォルニアアドベンチャーへ繰り出そう。

ホテルだが、予算が許すなら3件有るディズニー直営のいずれか、経済性を求めるならハーバーブルバード沿いで、出来るだけディズニーリゾート入り口に近いホテルをお薦めする。この基準で選べば治安もパークへのアクセスも問題ない。

パークビューイン

私達はパークビューインというモーテルタイプのホテルを選んだ。ディズニーの目の前でアクセス最高。

2日目 ディズニーで遊ぶ アナハイム泊

前日にディズニーランドを中心に遊んだならディズニーカリフォルニアアドベンチャーへ。カリフォルニアアドベンチャーを中心に遊んだならディズニーランドへ。これで2パーク制覇。

3日目 ユニバーサルスタジオへ移動 ユニバーサルシティorハリウッド泊

ユニバーサルスタジオに着いたら早速パークへ。一日本物の映画スタジオである本家USHで遊ぶ。

移動は時間効率を優先してタクシー、又は現地のツアー会社(Elephant Tourさんやロサンゼルス大全さん等)が提供している定額制の日本人向けハイヤーサービスをお薦めする。短期間の旅では時間をお金で買った方がいい。いずれにしても100〜150ドル近くかかる。
レンタカーを運転出来るなら問題解決だ。アナハイムにはレンタカーオフィスがたくさんあるので、自分で運転していこう。朝出て夜までゆっくりユニバーサルスタジオで遊んで帰ってくればいい。
もちろんホテルを移動する必要はない。翌日は又ディズニーランドリゾートエクスプレスで空港へ向かえば良い。

ユニバーサルスタジオでのホテルは利便性からシェラトン・ユニバーサルホテルかヒルトン ロサンゼルス/ユニバーサル シティをお薦めする。徒歩でアクセス出来るので、夜までゆっくり遊べる。

4日目 帰国の途へ 機中泊

成田へ向かう飛行機は昼頃までに出発する便が多い。ホテルを朝出なければ間に合わないことも多いはずだ。

5日目 帰国

以上。

旅行日数を1日増やすなら、アナハイムかユニバーサルのどちらかお好みの方を一日増やす。
2日増やすならアナハイムとユニバーサルどちらも一日ずつ増やす。
3日増やすならアナハイムを2泊増やし、ユニバーサルを1日増やす。ユニバーサルスタジオは計2泊もあれば十分だ。アナハイムで余裕が出来た分、アナハイムから行きやすいナッツベリーファームや、ショッピング好きならサウスコーストプラザとかにも足を延ばせる。

それ以上日数を増やせるなら、ロサンゼルス観光やサンタモニカ辺りへも行ってみるといいかもしれない。
ただ、ロスのダウンタウンは治安のよろしくない場所が点在しているので、ディズニーやユニバーサルで過ごすような安心感がないことには注意したい。個人的にはロサンゼルスやサンタモニカへの観光は、ハリウッドの中心部辺りに宿をとって、そこから日中に出掛けることをお薦めする。
ハリウッドからならダウンタウンにもサンタモニカにもさほど時間をかけずに移動が出来る事と、ハリウッド観光が徒歩で出来る事が理由。(ハリウッド大通り中心部の治安は日中は問題ないが、日没以降はチャイニーズ・シアターのあるハリウッド大通りから路地に入ってはいけない)

今回はあくまでもテーマパークを中心とした旅行を考えた。
ロスの治安があまりよろしくない事は有名だが、ディズニー周辺のハーバーブルバード辺りや、ユニバーサルスタジオのユニバーサルシティウォーク界隈なら夜遅くまで全く問題なく歩ける。

アナハイム旅行

テーマパークとその周辺に限れば、夜遅くまで安心して遊べる

以下も参照




ジェダイ トレーニング アカデミー


東京ディズニーリゾートには今のところないが、アメリカのカリフォルニアディズニーリゾートとフロリダのウォルトディズニーワールドにはあるジェダイトレーニングアカデミー。
アメリカのディズニーパークに行くことがあって、小学生までの子供(4歳〜12歳)がいて、尚且つ多少でもスター・ウォーズに興味があるなら、是非スケジュールに入れてみてほしい。
子供にとってはいい思い出になると思う。

ジェダイトレーニングアカデミーはスター・ウォーズに登場するジェダイの騎士になる為のトレーニングを受けるという趣向のイベント。映画を好きな人なら、ジェダイのテーマにのって登場するジェダイの騎士達や、ダース・ベイダーやダース・モールといったキャラクターのパフォーマンスも楽しめるはず。

場所はアナハイムのディズニーランドはトゥモローランド、オーランドのWDWではディズニーハリウッドスタジオのスターツアーズ近く。
どちらも1日に何回も行われるのだが、パダワン(ジェダイの騎士の訓練を受ける資格を持つ子供をこう呼ぶ)になる為の、つまり参加する方法はアナハイムとWDWでは異なる。
(観覧するだけなら開催時間にその場所に行けば観られる)

アナハイムでは開催場所のJedi Training Academyと書かれたサインボードに開催時間が書かれているので、その時間までに行って、スタートを待ち、始まるとジェダイの騎士に扮したキャストが集まっている子供達の中から20名程のパダワンを選んでいく。
なので、出来るだけ早めに行って前列近くの場所をキープしておくことが大切。私達は2回参加出来たが、いずれも20〜30分前からの場所取りで最前列、中央付近をキープできた。
選考が始まると、どの子供達も元気よくアピールするので、アピールも大切。
良い場所にいる子供はそれだけ早くから待っていたと認識してくれるので、最前列の目立つ場所であれば、立って手を上げているだけで選ばれる可能性は高い。

ジェダイトレーニングアカデミー

「そこのプリンセス!!」と言われて選ばれたので、プリンセスドレスもアピールポイントだっかかも

WDWでは事前登録となっている。
ハリウッドスタジオのABCサウンドスタジオの外で登録を受け付けているので、朝早めに登録をしに行けば、空いている回に入れくれるので、指定された回に行けば参加が保証される。開催時間の30分前に集合するように指示されるようだ。登録には子供本人も行くことが必要で、保護者だけでは受け付けられない。ほとんどの場合、お昼までには埋まってしまうようだ。
登録後のキャンセルは連絡するよう言われるので、ちゃんとルールは守ること。ちゃんとキャンセルすれば他の誰かが参加出来る。

ジェダイトレーニングアカデミーの所用時間は20分ほど。
まずライトサーベルの訓練を受け、その後登場するダース・ベイダーやダース・モールと一人一人、順番に戦っていく。
最後は全員が整列してジェダイマスターであるヨーダからのお言葉をいただいて終了。
この間、フォトパスカメラマンが写真を撮ってくれる。
記念としてジェダイトレーニングアカデミーの修了証が貰える。

ジェダイトレーニングアカデミーの修了証

ジェダイトレーニングアカデミーの修了証

4歳の子供から参加出来る内容なので英語が喋れなくても問題はない。指示は簡単なので言葉が理解出来なくても流れで分かる。
ただ、WDWでは登録時に子供に簡単な質問をする様なので、それにはちゃんと答えられること。
聞かれる内容は「ジェダイとして頑張ることが出来るか?」みたいなことなので、「イエス」とか「オフコース」とか言えれば十分。日本語で「はい!!」だって構わない。
スター・ウォーズというと男の子が好きなものというイメージがあるかもしれないが、参加する子供は女の子もとても多い。見た限りでは半数以上が女子という回もあった。

アメリカにはあるが日本のディズニーには無いものというのは、参加型のイベントが多い様な気がする。参加型をあえて取り入れないのは、やはり国民性を考慮してだろうか…。
せっかくアメリカのテーマパークに行くのなら、ジェダイトレーニングアカデミーに限らず、一緒に参加して楽しむ、もし参加出来なくても他人の参加と活躍に拍手し、応援して楽しむというアメリカ流に、是非触れみて欲しい。

オーランド旅行記 目次