カテゴリー別アーカイブ: 交通

ハワイ旅行 2017・準備編1・飛行機


私にとっては6度目、娘にとっては4度目のハワイ旅行。
準備はいつも通り飛行機の手配から始めた。

今回はオアフ島の他、初めてハワイ島にも行くことにしたので、オアフ島(ホノルル)乗り継ぎでハワイ島へ行き4泊、ハワイ島からオアフ島に戻って5泊、そして帰国という日程での手配。
ハワイ島にはヒロ空港とコナ空港という2ヵ所の空港があるが、現在、ハワイ島観光の玄関口として主に使われているのはコナ空港になる。
ハワイ島には島内観光とワイコロアリゾートへの滞在という目的で行くので、この目的で考えてもコナ空港が良い。

いつも通り航空会社の選択肢はマイレージプログラムに加入していて、ハワイへの路線を持つ、JAL、ANA、デルタのいずれか。この中からベストな便を選ぶ。
希望としては、出発日は出来るだけ早くコナに到着し、コナからホノルルへの移動はお昼前後が選べ、帰国便は出来るだけゆっくりホテルを出られるというパターン。
そして我が家にとってかなり重要なのが2席のみの連席で配置されているシートパーターン。ビジネスクラスとかであれば簡単だが、エコノミーの場合は窓際3席、中央3〜4席というシート配置が多いので、窓際2席という機材での運航便を選びたい。
ホノルル、コナ間の様な短い飛行時間であれば拘らないが、長い時間乗っている区間では絶対条件。
もちろん料金も重要。

いつも通り、それぞれの航空会社のサイトから便を検索。

結果、値段と時間でのベストはJAL、シート配置ではANA、デルタは論外に。
JALよりも値段はやや高くなるし、到着時間や出発時間も希望通りとは言えないが、最も重要なシート配置での選択肢はANAしかなかった。
ホノルル、コナ間の便はかなりの選択肢(ハワイアン航空かアイランドエアのいずれか)があるが、便数が多いのはハワイアンで、しかもアイランドエアはプロペラ機、ハワイアンはジェット機。
プロペラ機の利点はジェット機よりも低い高度で飛ぶので景色がいいことくらい。機内はかなり五月蠅いし、揺れる可能性もジェット機より高い。(ほとんど海の上の移動なので眺めが良くてもあまり意味も無い)
都合の良い時間帯での便が選べ、快適そうなハワイアンをチョイスしたが、そこはうまく出来ていて、これを選ぶとアイランドエアを選ぶよりも値段は高くなる…。

今回はANAからハワイアン航空での他島移動も含めて購入したが、別々(成田、ホノルル間はANA、ホノルル、コナ間はハワイアン航空で)に購入することももちろん出来る。
しかし何か特別な事情でも無い限りはわざわざ別購入する必要は無いと思う。別購入の場合は、成田のANAカウンターでは預け入れ荷物に最終目的地(コナ)までの荷物タグを付けてもらえないので、ホノルルで通関後、スーツケースをハワイアン航空のチェックインカウンターまで自力で運び、再度預け入れ手続きをする必要などがある(ターミナルは別)。ANAから通しで買っていれば、最初からコナまでのタグを付けてくれるので、ホノルルで通関後、税関を出たすぐの場所で再預け入れが出来るので面倒が無い。
更に万が一、ANAの遅延等でハワイアン航空の便に乗り継げなかった場合、通しで買っていればANAに後続便への振り替えをお願いできるが、別々に買っていると、ハワイアン航空のカウンターまで行って、自力で交渉をする必要が出てくる。

ということで、航空券の購入は無事終えたのだが、オーランド旅行にANAを使った時と同様、座席指定を行えるのは成田、ホノルル間の往復のみで、ハワイアン航空での便は窓際か通路側かというリクエストしか出来ない。(オーランド旅行の時の米国内線移動部分のユナイテッド便と同じ)
しかしオーランド旅行の時にユナイテッド便に対して行った裏技が今回も使えた。
ハワイアン航空のサイトでANAから発行された予約番号を入力すると、座席指定が出来るページに行けるのだ。そこではANAも含めた全行程の情報が確認出来るが、ANAのサイトとは反対に、ANA便は座席指定が不可で、ハワイアン航空のみ座席指定が可能になっている。
そこでホノルル、コナ間の往復ともに無事座席指定を完了。この座席指定はANAのサイトには反映されないが、結果的に無事指定通りの座席になっていたので大丈夫。

ハワイアン航空のサイト

ハワイアン航空サイトの予約確認で姓とANA発行の予約番号を入力すればOK。予約情報画面にはハワイアン航空における予約番号も表示されるので、以降はその番号でハワイアン航空の予約情報にアクセスすることも可能。

さて、シート配置優先で値段と時間的条件を妥協して購入を終えた航空券だが、この後とても残念な事になる…。
早めに購入した時にはスケジュール変更や機材変更というリスクを覚悟しなければならないが、見事にそういう事態に当たってしまうことに。
顛末は旅行記本編で。




グアム旅行記 (2016) 11・シャトルバス、トロリー


グアムでの移動はシャトルバス(トロリー)のみ。
今回は準備編の記事の通り、赤いシャトルバスとレアレアトロリー(旧名シレナトロリー)のハイブリッド体制にした。
最もお得で安く購入出来るてるみクラブのプラチナカードで赤いシャトルバスを、HISで購入したレアレアトロリー7日間乗り放題チケットでレアレアトロリーに。
プラチナカードも7日間使えるので、7泊の旅行にはぴったり。

*2017年4月現在、てるみクラブは倒産した模様です。

どちらもルートはほぼ同一で、実際停留所もほぼ一緒。なのでバス停に並んで先に来た方に乗れば良いので、バス待ちの時間を大幅に短縮出来た。
レアレアトロリーはHISのツアー客しかいない(我々の様に別途チケット購入する人は少ない)ので、多くの観光客が利用する赤いシャトルに比べて空いていることが多い。
なので、赤いシャトルが混んでいる時にはパスしてレアレアに乗ったりもした。

どちらも運行間隔は同じくらいなので、たまたまだとは思うが、今回の旅行ではレアレアが7割、赤いシャトルが3割くらいの利用率だったと思う。

ホテルロード沿いの停留所はどちらも同じ場所にあるので先に来た方に乗れば良いだけだったが、問題はそれぞれの停留所が離れた場所にある時。
例えばGPO(グアムプレミアムアウトレット)等がそう。それぞれのバス停が建物のほぼ反対側にあるので、どちらに乗るかを予め決めて待つしか無い。
そんな時には当然空いている確率の高いレアレアの停留所を選択した。
マイロネシアモールも全く別の入り口にそれぞれの停留所があるので同様。Kマートもやや離れているが、それぞれのバスが来たら見える範囲なので、もし並んでいるのとは違う方が来たら、急いで移動すれば乗れる様な距離。

赤いシャトルバス

赤いシャトルバスの路線図

レアレアトロリー

レアレアの路線図。赤いシャトルとはホテルロード沿いの停留所はほぼ同一で、ショッピングセンター等の停留所だけが違う。

この快適な移動を実現するためにかかった費用だが、プラチナカードに子供料金設定は無いので、44ドル(一人22ドルでWeb限定販売)、レアレアの7日間チケットが18ドル(11歳以下の同乗は無料)で、計62ドルだ。
子供と二人で7日間快適な移動をさせてもらって約7千円。一日当たり約千円は妥当だったと思う。

レアレアトロリーはチャモロビレッジのナイトマーケットに行く際にも往復利用した。これは別料金で一人往復8ドル(6歳以上は同額、5歳以下無料)。
赤いシャトルもほぼ同額でチャモロビレッジナイトシャトルというのを運行しているが、やはり混み方がレアレアの比では無いので、これもレアレアを選択して正解だったと思う。

今回は7泊という、グアム旅行としては長目の日程だったので赤いシャトルとレアレアの二本立てでの移動方法を選択したが、2〜5泊程度の旅行でこの手を使うと、一日当たりの費用が高くつく。
元々HISのツアーで行く人であればレアレアトロリーの乗り放題が既に付いているので、赤いシャトルの1、2、5日間乗り放題券を別途購入してハイブリッド体制にするのもいいと思うが、それ以外の旅行者の場合、一般に販売されるレアレアの乗り放題チケットが7日間しか種類がないので、これを購入するのは割高感があるだろう。(快適を買う為の費用にどれだけかけられるかは個人差の大きい問題とは思うが)
費用を考えずにグアムでの最も快適な移動手段を選ぶなら、レンタカーが一番なのは言うまでも無い。




グアム旅行記 (2016) 10・デデドの朝市と恋人岬


土曜と日曜の朝(6時~9時頃)にグアムのデデドという所で朝市が開催されている。
デデドはタモンから車で10分程なので遠くは無いが、公共交通機関はないので、基本的にタクシーかレンタカーでないと行けないのだが、水曜のナイトマーケット同様、赤いシャトルバスとHISのレアレアトロリーが専用の朝市シャトル(赤いシャトル)、チャオフリーマーケットエクスプレス(HIS)を出していいる。
チャオフリーマーケットエクスプレスはHIS利用の旅行者以外も直接バスで乗車運賃を払うことで乗れるのはチャモロビレッジエクスプレスと同様。(乗車券を事前にHISのレアレアラウンジで買うことも出来る)

今回私達が利用したのはデデドの朝市と恋人岬観光がセットになったツアー
もちろん料金はシャトルバスを使って行くよりも高いが、それほど高額では無いので、便利なツアーを選択した。
このツアーのメリットは次の通り。

  • 他の観光客よりも早めにデデドの朝市に着くので、比較的空いている時間に見て回れる
  • 恋人岬にも他の観光客よりも早く着くので空いている状態で写真撮影が出来る
  • 専用車でホテルから送迎してくれるのでバスの混雑等を気にせずにすむ
  • 日本語で案内して貰える

デメリットは

  • 当然ながら料金が自力で行くよりは高い
  • 観光時間が決まっているので自由がきかない(シャトルバス往復2便ずつくらいしかなく、時間が決まっているのであまり変わらない)

結果的にはツアーを使って正解だったと思う。
ちなみにこのツアーはデュシタニではなく、宿泊しているアウトリガーのロビー集合だった。

デデドの朝市はローカル相手の生鮮食料品から観光客相手の洋服や工芸品を販売している屋台がずらりと並んでいる。もちろん朝食がとれる屋台やフードトラックもある。
ローカル朝食のお薦めと聞いていたGOTO(ゴトー)を買って食べたが、なるほど美味しかった。(そして安い)
GOTOは一言で言えばチキン風味の小粥だが、味付けは日本人が好むものだと思う。
私達は食べなかったが、TAHO(タホ)という豆腐にタピオカと黒蜜をかけたものも名物らしく、美味しいとのこと。
飲み物はメロンとグレープのスムージーを買って飲んだ。

グアムのゴトー

これがゴトー。さすがにこれだえでは少ないので、チーズサンド付きというセットで注文。チーズサンドは本当にチーズを食パンに挟んでトーストしただけのものだった。

衣料品も安かったので、娘のサマードレスを一着購入。同じ様な物をJPストアやABCで買うよりも半額以下で購入出来る。Kマートよりも安い。(品質は分からないが、さほど違うとは思えない)

朝市での滞在時間は約1時間。これで食事を済ませたり、一通り見て回ることが出来た。時間としてはちょっと余るくらいで丁度良かった。

次にグアム定番の観光スポット、恋人岬。
海抜100メートル以上の岬で、天気さえよければ眺望が素晴らしい。とりあえず行っておくか程度に思っていた場所だが、天気も良かったので絶景を目の当たりにして来て良かったと思った。
まだ他の観光客が到着する前の時間だったので、空いている展望台で写真も撮り放題。ガイドさんも撮ってくれるので、二人旅では少なくなりがちな2ショット写真も多く撮れた。
展望台は別途入場券が必要なのだが、これはツアーにセットだった。
恋人岬も赤いシャトルが専用のシャトルを運行している。

恋人岬

この展望台からはタモンのホテル外を一望出来る。素晴らしい景色。

ホテルに戻ったのがまだ9時前。
朝の約2時間半ほどで上記の様な観光を終えて、まだまだ一日は始まったばかり。ちょっと得した気分だ。