カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行Tips

ホノルルでのショッピング(ハワイ)


高級品やブランド物には興味がないので、安い買い物に的を絞ってご紹介します。

ワイキキ滞在中の買い物と言えば絶対行ってしまうのがABCストア。何故こんなに…と思うほどの店舗数で、どこのホテルに泊まっていても隣か、目の前にあるのではないだろうか。
ついつい便利で利用してしまうので、一週間も滞在していればレシートの合計額で貰える景品のマグカップ(合計100ドルで貰える)くらいは誰でも貰えてるんじゃないだろうか。

とは言え、ABCストアは便利なのだが割高。少しでも安く抑えるならフードパントリーに足を運んだ方がいい。ABCストアよりもぐっと安く飲料や軽食、スナックや雑貨が手に入る。
フードパントリーはカラカウア大通りのシェラトン・プリンセス・カイウラニとハイアットの間の道を入ってクヒオ通りに出た向い側にある。生鮮品もあるのでワイキキのコンドミニアムに滞在してる人には有難いスーパーだと思う。

でも世界有数の観光地、ワイキキのど真ん中にあるスーパーなのでフードパントリーも実は安いわけではない。ワイキキからは離れるが、アラモアナのウォルマートやドンキホーテの方が安い。
観光客も手軽に行ける場所にウォルマートがあるのは素晴らしいが、スーパーでの買い物は重くなりがちなので、レンタカーでないとワイキキの滞在ホテルまで持ち帰るのが大変かもしれない。

それにこのウォルマートに行くならアラモアナショッピングセンターにも立ち寄る人が多いはずで、両方で買い物をすればかなりの荷物になるはず。ワイキキトロリーや利用旅行会社の専用トロリー、ザ・バスも頻繁に走っているが、時間帯によっては大混雑している。
たくさん買い物をする人はレンタカーかタクシーをお薦めしたい。もしくは滞在日数に余裕があれば、アラモアナショッピングセンターとウォルマートはそれぞれ別日に分けて行った方がいい。
ウォルマートの斜め前にはロスドレスフォーレスまであるので、とにかく買い物をする人にとっては大変な場所だ。
スーパーではないがアラモアナショッピングセンターにはロングス・ドラッグスも入っている。ドラッグストアだが、アメリカのドラッグストアは薬以外にも飲料やスナック、雑貨を置いていることが多い。生鮮品以外はかなりの品揃えだし、価格も安いので本格的なスーパーに行くまでもないという場合はここで買い物を済ませてしまうのもいいかもしれない。

ちなみにアラモアナショッピングセンターからワイキキとは反対方向に1キロほど行った所にあるワード・ウェアハウスの駐車場で毎週土曜日の午前中(8時〜)にファーマーズマーケットが開催されている。(以前はアラモアナショッピングセンター屋上で開催されていたものが移転)
有名なKCCファーマーズマーケットに比べると規模は小さいと思う(私はKCCに行ったことがないので)が、KCCファーマーズマーケット名物のフライドグリーントマトやPacifikoolのジンジャーエールはこちらにもあるので、わざわざKCCに行かずとも土曜日の午前中にアラモアナ方面に来れば味わえる。名称はカカアコ・ファーマーズ・マーケット。

ハワイ旅行

ファーマーズマーケットは食事も兼ねて行くべき

ホノルルのスーパーはウォルマート以外だとターゲットやセーフウェイがあるが、ターゲットはワイキキからだとレンタカーかタクシー、もしくはツアー会社のショッピングツアーを使わないと行きづらい。ザ・バスでも行けるがちょっと遠い。
セーフウェイはカパフル通りにあって、ザ・バスを使えば近い。高級志向のスーパーなのでディスカウントストアとしての様相が濃いウォルマート等とは雰囲気が違うスーパー。
セーフウェイは会員価格が圧倒的な安さだったりするので、旅行者でもセーフウェイ・クラブに入会(無料)してメンバーカードを作ってから買い物をすることをお薦めする。メンバーカードはカスタマーサービスカウンターですぐに発行してくれる。

ハワイ旅行

セーフウェイのケーキ売り場にはカラフルなケーキがたくさん

安い買い物と言えばアロハスタジアムのスワップミート。
水曜、土曜、日曜(イベントがあると中止)の日中(早朝から15時頃まで)にアロハスタジアムで開催されてます。
ワイキキからだとザ・バスでは1時間はかかってしまうので、レンタカーかタクシー、或いはスワップミートに連れて行ってくれるショッピングシャトルがお薦め。安い買い物をするために高額な交通費をかけるというのは本末転倒と思う人はザ・バスで頑張って行ってほしい。売っている物に興味があるなら行く価値はあると思う。とにかく本当に安いので。
ゆっくり一周見て回るだけで1時間はかかるので、買い物するなら2時間は必要かと。

ハワイ旅行

少ないが、スワップミートでも食べ物を売る店がある

アロハスタジアムまで足を運べるならパールリッジセンターというショッピングモールも近い。
2キロ弱しか離れていないのでザ・バスで10〜15分で行ける。
アラモアナショッピングセンターに比べるとかなりローカル。なので観光客がメインターゲットのアラモアナより価格も安い。それに圧倒的に空いている。
ここにはトイザらスがある。ロスドレスフォーレスもあって、ここのロスドレスフォーレスには玩具も売っている。なので子供の玩具に興味があればアラモアナショッピングセンターよりもパールリッジセンターの方がお薦め。
ただワイキキからだととても遠い。

ハワイ旅行

パールリッジのサンタ。シーズンにはどこのモールにもいます。

パールリッジセンターに隣接する場所でカムスワップミートというのもやっています。開催日はアロハスタジアムと同じ水、土、日ですが終了はアロハスタジアムより早めです。(大半の店が午前中で終了)こちらのスワップミートはローカル色が強めでアロハスタジアムに比べると通向け。
お土産探しならアロハスタジアムの方が向いていますが、観光客向けでは無い、ロコのフリーマーケットを覗いてみたいというなら是非。運次第でいい物を発見出来るかもしれませんが、基本的にガラクタが多い事を覚悟で。


ハワイまでの飛行機(ハワイ)


ハワイ行きに利用した航空会社はデルタが一回にJALが二回。
いずれもマイレージに入っているということと、その時の値段で決めました。
デルタは3-4-3というシートレイアウトが基本のボーイング747だったので、機体後部の2-4-2になっている部分の窓際2席を確保。JALは2-4-2のボーイング787だったので問題なく窓際2席に。

JALは日本流のサービスが魅力だが、デルタも決してサービスが悪いというわけではない。
機内食や映画等のエンターテインメントも大きな差はないと思う。(デルタは米系の中ではエンターテインメントサービスに力を入れてる)
もちろん両社が全く同じ値段で、席位置の条件も同じであればJALを選ぶけど。

ハワイ旅行

ホノルルではJALのゲートが遠く設定されるのが難

成田発ホノルル行きはどの便も夕刻以降発で朝早めの到着。
早く時差ぼけを解消する為には到着日に夜まで寝ずに頑張ることが必要。飛行機で寝ていられれば問題ないけど、機内食もあるし観たい映画なんか観ちゃうと約7時間のフライトではぐっすり眠れるわけがない。到着日は子供にも頑張ってもらって、日が沈むまでは起きててもらう。

到着日にそのままワイキキのホテルに向かう場合によく使っているのが、WPIという現地のツアー会社が提供している「着いたよツアー」というもの。
空港まで迎えに来てくれて、ホテルのチェックインが始まる時刻まで好きな所に連れて行ってくれる。リクエストした所を自由に廻れて、ホテルに送ってくれて、専用車ということを考えればお得な料金なので気に入っている。
いつもホテルに向かう直前にはターゲット等のスーパーに寄ってもらって滞在中に必要な飲料やスナック等を買っている。

ハワイ旅行

到着日によく行くハワイ金刀比羅神社。旅の安全祈願と「ハワイ」と入ったお守り購入が目的

2013年春の旅行では到着日から二泊、ワイキキのホテルではなく、コオリナのディズニー・アウラニリゾートに宿泊だったので、上記のツアーは利用せず、まっすぐアウラニに向かった。

空港からコオリナ方面はタクシーかレンタカーくらいしか交通手段がないのだが、この時は空港コオリナ地区のホテル間送迎で格安な専用車サービスを見つけて利用した。タクシーでもチップを含めて100ドル前後かかる場所なのに専用送迎で一人40ドル、二人で80ドルほどで利用出来た。
が、帰国してしばらくしてからこの送迎サービスを調べてみたら、かなり値上げされていたので、もう使うことはなさそう。
今後もしアウラニに行くことがあれば予約可能なチャーリーズタクシーというタクシー会社がアウラニ空港間やアウラニ、ワイキキ間のお得な固定料金サービスを提供しているので、そちらを利用すると思う。


出発からホテルまで(グアム)


成田〜グアムまでは約4時間弱のフライト。子供の海外デビューには丁度良い時間かと思います。
うちは電車やバスで30分程度は大人しく乗っていられることを確認してから、映画館で2時間程度の映画を無言で鑑賞出来る事、そして東京大阪間の新幹線と、公共の場所や交通機関で、周囲に迷惑をかけることが無いことを段階的に確認してから海外旅行を計画しました。
グアムに連れて行ったのは3歳半くらいの時です。

飛行機はノースウェストを利用。(現在はデルタに吸収合併されてます)
子供が生まれる前からアメリカに行くのによく利用していた航空会社なので、マイレージを優先しての選択です。
米系は日系よりもサービスが…と言われますが、短時間のフライトですし、飛行機はただの移動手段、それ以上のことは特に気にしないので問題ありません。それに離陸前、わざわざパイロットの方が席まで来てくれて娘に玩具のパイロットバッジをくれたりと、子供にはとても親切でした。

日本からグアムへの便は朝着から夜着まで種類がありますが、多少高くても昼頃までに着く便にするべきだと思います。時差もほとんど無いので初日から無理なく遊べるし、着いてすぐただ寝る為のホテル代1泊分を費やすのは勿体ないかと。帰国便も午後以降を選べばホテルチェックアウトぎりぎりまでのんびり出来ます。

グアム旅行

写真は帰国時、夕暮れ時のフライト

グアムとの時差は1時間、日本が正午ならグアムは午後1時。
普通、渡米にはESTAが必要ですがグアムは45日以内の観光目的なら不要という特種な場所です。

グアム国際空港とグアム観光の中心地としてホテルが建ち並ぶタモン地区までは約3キロという近さ。ホテルまではツアーを利用してない場合はタクシー、もしくはレンタカーとなりますが、宿泊したハイアットリージェンシーグアムは送迎を提供してくれているので、それを利用しました。
ツアー会社の日本語送迎サービスのバラ売りもあるようですが、ホテルまでの近さと、混載で同乗者の集合等に時間を取られることを考えると、個人旅行でわざわざ利用する価値はあまり無いと思います。

車に乗ってしまえば10分程度でホテルに到着です。