カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行Tips

アメリカ喫煙事情


この記事は全く煙草を吸わない方には無用なのでご了承を。

アメリカは喫煙者に厳しいというイメージがある。
実際どうかと言えばその通り。しかし昨今では日本でも同様なので、大きな違いはないかもしれない。ヘビースモーカーにとっては厳しいが、日に数本でいいという人なら問題ないかもしれない。

州にもよるが自宅を除く屋内での喫煙は禁止されている場合が多い。バルコニーでも吸えない。
喫煙可能な場所は屋外にしかないので、それだけは覚悟しておこう。
日本の様に屋内の何処かに喫煙ルームがあったりはしない。
なのでレストランやカフェにも喫煙席はない。
空港でも同様で屋根のある場所に立ち入ったらもう喫煙できる場所は無い。

しかし観光地であれば屋外には喫煙スペースが設けられていることが多い。ディズニー等のテーマパークでもパーク内の何処かに喫煙スペースがある。
しかし広いパークに通常2ヵ所くらいしかないので、離れた場所から喫煙の為だけに移動するのは正直大変だと思う。近くを通りかかった時に利用するのがいい。
ハワイではホテルの外に出ればあちこちに喫煙スペース(と思われる灰皿のある場所)が点在している。(広い敷地を持つホテルなら敷地内のどこかに喫煙スペースがある)

ハワイの灰皿

ハワイでよく見る灰皿。日本では見ない形。

屋外で喫煙可能な場所というのは、建物の出入り口から何メートル以上離れていることといった決め方がされている場合が多いらしい。なので、周囲に人が出入りするような所がない場所で、そこが屋外であれば基本的に喫煙は可能。
よく駐車場等で喫煙している人も見かける。少ないが歩き煙草の人もたまにいる。
しかし、日本以上に煙草を嫌う人が多いことも事実なので、周囲に人がいる環境では喫煙可能であっても吸わない方が無難。全く人気の無い場所を探すか、喫煙スペースを見つけた方がいい。
(周囲に全く人気がないということは治安の面でも不安)

ホテルでは室内は勿論だが、バルコニーも禁煙なので、ちょっとくらいならなんて気はおこさないようにしよう。かなりの確率でバレるようだし、罰金は高額。
面倒でもホテルの外に出て吸うように。

アメリカ人に喫煙者がいないわけではないので、喫煙スペースに行けばそれなりに喫煙者がいる。そういう所で「煙草をくれないか」と言われるケースがある。
煙草は日本よりも高額(最近では価格が近づいてきているが)なことが多いので、日本人は気前がいいと思われているのか、おねだりされる。(これはヨーロッパも同じ)
あげるかあげないかは自由ではあるが、くれと言われる度にあげていたらキリがないので、嫌ならはっきり「ノー」と言おう。それ以上は要求してこないはずだ。

何にしてもアメリカで喫煙するのはそれなりに苦労する。
吸わないのが一番だし、旅行を機に禁煙してみるのもいいかもしれない。(旅行と同時に始めるのではなく、事前に禁煙を始めた方がいい)
旅行の貴重な時間を喫煙の為に消費することもないし、周囲に気を使う必要もないし、吸えない場所でイライラすることもない。何より体にいい。


アメリカでレンタカー


レンタカーがあれば便利とおもう旅先はやはりアメリカ。

地下鉄網が発達しているニューヨークなどの一部の都市を除けばやはりアメリカは車社会。自由な移動が出来るレンタカーはやはり便利だ。
私もグアムで一回、以前よく行っていたラスベガスではほぼ毎回レンタカーを借りた。

しかし日本で運転に慣れていてもアメリカでの運転は気を使う事は確か。特に出だしの1時間くらいは特に気を使う。
左右が逆というのは慣れるのが大変だ。ウィンカーを出すつもりがいつもワイパーを動かしてしまう。
ワイパーが動くだけなら恥ずかしいだけで問題ないが、対向車線に入ってしまったらとても危険。
これを避けるコツは中央線と対向車は常に自分側、つまりドライバーの席側にあると思うこと。右左折の時はそう思っていれば対向車線に入ってしまうことはない。

交通法規はほぼ日本と一緒だが、大きく違うのは右折と踏切り通過。右折はほとんどの交差点で信号が赤でも可能。左から車が来ないことを確認したら右折出来る。不可の場合は「赤信号では右折不可」の標識がある。
踏切は一時停止する必要無し。遮断機を信じて減速せずに通過する。
ついつい癖で減速してしまうが、追突される恐れがあるので踏切を見たら日本と違うと自分に言い聞かせた方がいい。

あとは黄色いスクールバスが停車してたら、追い抜く事が禁止なのはもちろん、対向車線でも停止が義務となっていることが多い。かなり慎重な交通ルールだが、皆停まってスクールバスの発進を待っている。

駐車場の障害者用スベースは日本よりも厳格。健常者が停めれば罰金の対象なので注意。
駐車違反に対する取り締まりは厳しいが、日本とは比べものにならないほどに駐車場が整備されているので問題ないはず。

アメリカではエンジン始動中はヘッドライトを消せない車が多いので知っておいた方がいい。初めてアメリカで車を借りた時これを知らず、ライトを消そうと四苦八苦してしまった。

アメリカでレンタカー

初めての海外レンタカーはラスベガス。車はクライスラーネオンだった。ベガスの郊外は砂漠の景観が素晴らしいのでドライブに最適。

アメリカは大抵の場所で交通マナーは良好。(一部の都市を除けば)
駐車場から出る際や合流の際、進路を譲ってもらえる事が多い。歩行者に対しても優しい運転をするドライバーが多い。
それに倣って横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいたら必ず停車した方がいい。歩行者を縫うように通過する様な車はまず見かけない。

レンタカーを借りる際には日本から予約して行った方がいい。
お得な観光客向けのプランを用意している場合が多いし、必要事項のフォームなどを事前記入しておけば現地での手続きの手間を減らせる。
国際免許の用意を忘れずに。(ハワイ等一部の観光地では国際免許不要、日本の免許のみでOKなんてこともあるが、万が一のトラブルを考えると国際免許は携行した方が無難)
ガソリン代込みのプランは予定している走行距離を考えて利用すること。もし少しの距離しか利用しないならガソリン込みは損をする。

アメリカのガソリンスタンド(ガスステーション)はほとんどがセルフ。クレジットカードを自分で読み込ませて使用する。日本でセルフのスタンドを使っていればほぼ手順は同じ。
たまにスタンドのレジ(大抵は小さなコンビニになっている)で支払いという場合もある。
その場合は車を停めたポンプの番号をレジに伝えて給油出来る状態にしてもらう。カードならカードを控えて貰い、現金なら給油量に十分な額を前金で支払い、給油後に差額を精算して貰う。

レンタカーの貸し出しをチェックアウト、返却をチェックインと言うので間違えないように。
ホテルとは逆と覚えておこう。
空港やホテル、市中の事務所等、どこで借りるかにもよるが、貸し出しも返却も日本と比べてアバウトなシステムなことが多い。
鍵と書類を渡されて、何番の駐車スペースに停まってるからと伝えれるだけの事も多い。詳細な車体のチェックとかが無い場合もあるので、もし車体に問題があったら走り出す前に伝えた方がいい。
返す時も時間外だと駐車スペースに停めたら自分で走行距離やガソリンの状態を記入して、キーと一緒に返却ボックスに入れるだけなんてこともある。

公共交通機関があまり充実していない場所ではレンタカーがあれば本当に便利。
タクシーやツアー等を使うよりも格安に済むし、時間も有意義に使える。
しかし運転に自信がないなら無理をして借りることは無い。運転に神経を使いすぎると疲労するし、何より事故でも起こせば旅行は台無しだ。 


ホテルの会員プログラム


ホテル利用の出張が多い人なら、チェーン展開しているホテルグループのポイントプログラムや会員プログラム(メンバーシップ)に登録しているとことと思うが、趣味や観光でも定期的に旅行をするなら入っておきたいホテルの会員プログラム。

日本でも海外でも利用する機会を考えると、ヒルトン、ハイアット、シェラトン系列の会員にはなっておいた方がいい。私もこの3つのメンバーシップには登録している。
ハワイやグアム、アメリカ本土にはこのホテルグループのホテルが山ほどあるし、日本でもTDRのオフィシャルホテルをはじめ、全国主要都市に展開している。

プログラムの名称はヒルトンが「ヒルトンHオナーズ」、ハイアットが「HYATT GOLD PASSPORT(ハイアットゴールドパスポート)」、シェラトンが「スターウッド プリファードゲスト」となっている。
いずれも入会は無料。ホテルでの申込み用紙への記入や、各ホテルのサイトで簡単に入会できる。

宿泊毎にポイントが貯まって、貯めたポイントを利用して部屋のアップグレードや無料宿泊が出来るというのはどのプログラムも共通。提携航空会社や提携レンタカー、提携クレジットカードの利用等々、ホテル利用以外でポイント加算することも出来る。

はっきり言って無料宿泊をゲット出来るまでポイントを貯めるにはかなりの利用が必要。年に一回、数日間の宿泊程度では貯まらない。それに楽天トラベルやじゃらん等の格安プランを利用するとポイント加算無しなんてことも多い。
そしてポイントには有効期限があるので、1年以上1回もポイント加算対象になる利用(宿泊やレンストラン利用、提携会社のサービス利用等)をしないと、それまでのポイントがリセットされてしまう。(1年に1回でも利用すると全てのポイントが更に1年延命される)

それじゃ入会しても自分には意味が無いと思うかもしれないが、ポイントを貯めるという本来の目的以外でも入会した方がお得なことがある。
各ホテルグループ毎に内容は異なるが、会員プログラムにのみ提供しているサービスがあるからだ。

例としては(それぞれのプログラム毎に違うが)

  • 専用チェックインカウンターがある(混んでいるとき一般のラインに並ばずにすむ)
  • 無料でチェックアウト時間が延長できる
  • 会員専用ラウンジでの軽食サービス
  • ホテル内施設(レストランやプール等)の料金が割引される
  • 新聞朝刊のデリバリー

利用回数が増えて、会員のランクが上がると、更に色々なサービスが提供される。
入会は無料なのだし、利用したい、利用するかもというサービスが一つでもあるなら入会しておく意味はあると思う。
空室がある時にホテルが無料で部屋をアップグレードしたりしてくれることもあるが、そういう場合にも会員と非会員なら会員が優先される。

グアム旅行

グアムではハイアットに泊まった。ハワイではハイアットとヒルトンに、次のオーランド旅行でも空港のハイアットとインターナショナルドライブのヒルトンに泊まる

ヒルトン、ハイアット、シェラトンにはそれぞれ系列ホテルがあるので、特に欧米への旅行の際には選択肢が増える。系列ホテルもそれぞれのメンバーシップの対象なので、ホテルの名称が違っていても系列を確認した方がいい。
グループに吸収されたり離脱したりということもあるので、都度確認した方がいいが、一例をあげると次の通り。(ヒルトングランドバケーションの様に、名称にヒルトン等と入っていれば分かると思うので、分かりにくいもののみを列記)

ヒルトン系列(ヒルトンHオナーズ)

  • コンラッド
  • ダブルツリー
  • エンバシースイート
  • ハンプトンイン
  • ホームウッドスイーツ
  • ウォルドルフ・アストリア

ハイアット系列「HYATT GOLD PASSPORT(ハイアットゴールドパスポート)」

ハイアットは基本的に「パークハイアット」や「ハイアットリージェンシー」の様に名称にハイアットが含まれるので分かりやすい。例外としてアンダーズ (Andaz)がある。

シェラトン系列「スターウッド プリファードゲスト」

  • メリディアン
  • ウェスティン
  • セントレジス
  • アロフト
  • エレメント

旅行を趣味とする私でも今までに手に入れた無料宿泊は、ハイアットゴールドパスポートでハワイのハイアットリージェンシーワイキキ2泊のみ。スターウッド プリファードゲストは無料宿泊1泊分くらいは貯まっていたのに、うっかりしてて失効してしまった。
今現在集中して貯めているのはヒルトンHオナーズ。しかしなかなか貯まらない。