カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行Tips

ハリウッド周辺の観光[ベガス・ロス旅行記15]


オルベラ街の観光を終えてユニオンステーションからレッドラインでハリウッドに戻るのだが、ホテルのあるハリウッドハイランド(Hollywood / Highland)駅では無く、一つ手前のハリウッドバイン(Hollywood / Vine)駅で下車。ここから一駅間歩いて観光する。
ロスのメトロ(地下鉄)は比較的に新しいということもあろうが、この辺の駅はとても綺麗。ハリウッドバイン駅は駅構内に映画をモチーフにしたオブジェとかもあって、ハリウッドらしさが漂ってる。

まず駅を出てすぐのトレーダージョーズで買い物。トレーダージョーズはロスを中心に西海岸で展開しているオーガニック系のスーパー。ホールフーズマートと似ているが、最近はトレーダージョーズの方が人気があるようだ。
ここのエコバッグは日本でも人気なので、2種類ほどを購入。エコバッグは海外のスーパーに来る度にその店の名前が入った物をお土産に買っている。何より安いし。
そしてお目当てのレモンペッパー(調味料)を探すが、品切れで次の仕入れは2週間かかるとのことで諦め、エブリデイシーズニングとガーリックソルトを購入。この二つ、意外に何にでも使えて当たりだった。
そしてトレジョ(日本ではそう略すらしい)オリジナルのコーヒー豆を購入してトレジョを後に。

次に向かったのはサンセット大通りにある大型レコード店のアメーバミュージック。万引き防止の為に入り口で荷物を預けて店内へ。本当に広い。レコード店だが、レコードだけでは無くCDはもちろん、DVDやブルーレイ、映画やミュージシャンのポスター、Tシャツ、様々なオリジナルグッズなんかも売っている。
音楽好きなら多分ここだけで半日は過ごせるであろうが、我々はほぼ覗いただけで退散。てか、ここで真剣に品物を物色し始めたらキリがないと思ったので。(好きな方は最低でも数時間滞在出来る予定を立てて行ったほうがいい)

次いでチャップリンやジェームス・ディーン、マリリン・モンローなんかが描かれている壁画を見にいく。映画「ラ・ラ・ランド」でもエマ・ストーンがこの壁画の前を歩いていたので、見たことある人多いはず。
大きな壁画なので壁画の横を歩いても全貌は見えないし、写真も撮りづらい。壁画とは反対側の歩道に行って見るのが正解。反対側からなら写真もちゃんと撮れる。
この壁画まで来ればもうハリウッド大通りなので、そのままハリウッド大通りを西へ進めばハリウッドハイランドに着く。

ハリウッドの壁画

通りの向かいから撮影。広角レンズ(24ミリ)でも全景は入らない。車通りも多いので車道に出ることがないように注意。

ハリウッド大通り沿いの歩道には映画関係者の名前が刻まれた星形のウォークオブフェイムが延々と続いている。ずっと足下を見て歩くわけにもいかないが、時折見ながら歩くと知っている名前を発見出来るかもしれない。印象としてはハリウッドハイランドに近付くに連れて大物の名前が多くなっている感じ。

ウォークオブフェイム

ピーウィー・ハーマンのウォークオブフェイム。

しかし8月のハリウッドを歩いて観光するのはかなりしんどかった。ラスベガスほどではないだろうと思っていたが、この夏はロスでも40度超えは当たり前、50度近くまで上がってディズニーランドのパレードやキャラグリが全て中止されるような日もあったらしい。(暑さに対処出来るフェイスキャラのみで行ったとのこと)
そんなわけでハリウッドハイランドに着く頃にはもう倒れそうだった…。

ハリウッドハイランドでは冷房の効いたマダム・タッソー ハリウッドへ。
ここのマダム・タッソーはもちろん映画に纏わる蝋人形が主。(一部レディ・ガガ等のミュージシャンやオバマ大統領なんかもいるけど)有名な映画俳優や監督、キャラクターと写真を撮りまくるという楽しみ方がメイン。人形はアングルの工夫次第でリアルな、もしくは面白いシチュエーションの写真が撮れるように配置されている。映画好きなら1時間以上はたっぷり楽しめる。逆に映画をあまり観ない、知らないという人だと誰が誰やらということになるかもしれない。
我々は父娘とも大の映画ファンなのでたっぷり楽しめた。
展示コースの最後にはマーベルの4Dアトラクションを鑑賞出来るようになっている。
ここのチケットは入場のみと、記念写真やワックスハンド(自分の手の蝋人形?蝋手?)付き等各種あるが、写真は自分達で撮り放題だし、蝋の手があまり欲しいとは思えないし、入場のみのチケットで十分だと思う。
ハリウッドのあちこちで割引券を配ってたりするし、事前にネットで購入すればディスカウントがあるので、当日窓口で割引無しの料金を払うのは損。
ネットで買っておくか、ホテルのフロントや土産物店等で割引券(もしくはディスカウントチケット)を入手してから行くのがいい。

マダムタッソーハリウッド

こんな感じで有名映画のシーンにちなんだ蝋人形の展示がされている。

そして最後はハリウッド観光の王道、チャイニーズシアター。(マダム・タッソー ハリウッドのすぐ隣)
ここではシアター内の見学ツアーなんかもあるし、実際に映画をやっているので映画鑑賞も出来るのだが、我々はシアター前の手形足形見物のみで。
1927年からの手形足形はもはや凄い数なので、一通り見て、お気に入りのスターの手形の前で写真を撮ったりしているだけで満足。
ちなみにここで映画を観る場合、メインシアター以外でも上映されているので、チャイニーズシアターの観光も兼ねての鑑賞ならメインシアターで上映されている映画を観るようにした方がいい。他のシアターではただの小綺麗なシネコンで観るのと同じなので。豪華絢爛なメインシアターはIMAXシアターになっているので、IMAX上映されている映画をチョイスするように。

チャイニーズシアター

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの手形、足形。かなりチャイニーズシアターの建物寄りにあった。

チャイニーズシアターやアカデミー授賞式会場として有名なドルビーシアター(旧コダックシアター)を内包する形でハリウッド・ハイランドという一つの大きなモールになっている。(その地下にあるのがメトロのハリウッド・ハイランド駅という構造)
テナントはショップもレストランもカジュアルな店が多い。

ハリウッドハイランド

ちょっと遠いが、ハリウッドハイランドからは有名なハリウッドサインも見える。(写真を撮るなら望遠レンズは必須かも)

この界隈を観光する上での注意だが、チャイニーズシアター前等は人で溢れているのでスリや置き引きが多そう…というのは世界のどこの観光地でも同じだろうが、ここの特徴として映画スターやキャラクターに扮した者が観光客相手に一緒に写真を撮る、もしくは撮らせるといったビジネスを展開している。中には高額なチップを強制する輩もいるらしい(かなりの確率で)ので、無視するのが一番。更には街中でのティッシュ配りの様な感じでCDを配っている者がいるが、手に取ってしまうと「買ったのだ」と言い張って金銭を要求するなんてのもあるので受け取らない様に。

予定しているハリウッド観光で残すはアカデミー授賞式会場のドルビーシアターの内部見学(約30分の見学ツアーに申し込む必要がある)、大型土産物店の物色とチャイニーズシアターの向かいにあるチョコレート店、ギラデリでの買い物くらい。これらは明後日、アナハイムに移動する前の午前中に廻ることにした。

一旦ホテルに戻り、休憩した後、サンタモニカへ行き、夜はグリフィス天文台にも行ってみる。そして明日はユニバーサルスタジオ・ハリウッド。




メトロでオルベラ街へ[ベガス・ロス旅行記14]


ハリウッドセレブティ・ホテルに荷物を預け、まずはオルベラ街へ。
オルベラ街はロサンゼルスの発祥の街と言われるメキシコ人街で、メキシコの民芸品などを取りそろえる土産物店やメキシコ料理のレストラン等が軒を連ねる場所。

ホテルからは徒歩数分のハリウッドハイランド駅からメトロ(地下鉄)のレッドラインに乗ってユニオンステーションまで行けば良い。乗換無しで片道約25分の乗車になる。
ロサンゼルスの地下鉄は治安が悪いという情報もあるが、日中であればまず問題はない。夜間でも乗降客の多い駅と路線であれば観光客や現地の人も多く利用しているので問題はなさそう。ただ、危険な感じのする区間等もあるのかもしれないので、ぶらり途中下車の旅の様なことはしない方がいいと思う。

メトロに乗るにはまず券売機でタップカードというスイカの様なカードを購入する必要がある。このカードはバスとメトロで共通して使えるので、ロサンゼルスを公共交通機関を使って移動する予定があるなら必須になる。初めてカードを買うときは2ドルのカード代が必要になる。
プリペイドタイプなので、カードには利用する予定に合わせて料金をチャージしておく必要がある。最初に購入する時にもチャージ出来るし、後から必要に応じてチャージだけを行うことも出来る。1週間パス、1日パスといったものチャージすることも出来る。購入やチャージにはクレジットカードと現金が使える。
メトロは片道1ドル75セント(2018年夏時点の料金)で距離に関係なく乗車出来る。
券売機には言語選択が出来るので、まず英語(English)を選択すれば後は特に難しい英語は必要としないので、画面の指示に従って進めば購入出来るはず。(英語の他にスペイン語等があるが、残念ながら日本語は無い)
例えば次の様な言葉さえ分かれば大丈夫。

  • Buy a TAP card(TAPカードを買う)
  • Metro 1-way Trip(メトロ片道)
  • Reload your TAP Card(既に持っているTAPカードにチャージする)

往復分をチャージしておきたい場合や、何回か乗る分を前以てチャージしておきたい場合はStored Valueを選択して金額を指定すればいい。

TAPカード販売機

TAPカードの券売機。真ん中の水色の部分、丸い所がチャージするときにカードをタップする場所。

ユニオンステーションに着いたら徒歩数分(ほとんど駅前)でオルベラ街だ。ユニオンステーション自体も歴史のある駅で観光名所の一つになっている。
オルベラ街は蚤の市の様な雰囲気で道の両脇にお土産物屋さんが連なっている。それほど広くは無いが、メキシコの観光地に来たような気分には十分になれる。
売っているのは民芸品のような物が中心で、大体どの店でも同じ様な感じ。ちょっした広場の様な場所では週末を中心にメキシコっぽい催しも行われているらしい。(マリアッチバンドの演奏とか)

昼食をここオルベラ街のレストランで食べるつもりで、Casa La Golondrina Mexican Cafeという店に目を付けていたのだが、なんとお休み…。なので、El Paseo Innというレストランで昼食をいただいた。メキシカンのレストランは大小様々あるが、El Paseo Innは比較的大きな店で、観光客の利用も多そうな感じ。
ソフトタコス、エンチラーダといった定番の食事にフルーツマルガリータなんかを頂いてすっかり満腹。このあと、アナハイムでももう一度メキシコレストランに挑戦したが、よく言えば腹持ちがいい。悪く言えば胃にもたれる…というのがメキシコ料理の感想。

El Paseo Inn

ソフトタコス。

El Paseo Inn

エンチラーダ

約2時間ほどだが、オルベラ街を満喫したのでメトロでハリウッド方面に戻る。




ハリウッドのホテルにチェックイン[ベガス・ロス旅行記13]


ほぼ定刻通りにロスアンゼルスに到着。
まずはハリウッドのホテルに二泊して、その後にディズニーランドのあるアナハイムに移動する。

ハリウッドまではUberで移動することにした。ラスベガスのマッカラン空港ではUberやLyft等のライドシェア乗り場がタクシー乗り場よりも遠い駐車場内だった為利用しなかったが、LAX(ロスアンゼルス国際空港のこと)では到着ロビーを出て出発階に上がり、ちょっと歩けばターミナル毎に一箇所ずつライドシェア乗り場があるので便利。(LAXは出発階にしか乗降場所が無いので、到着の場合は1階上の出発階に上がる必要がある)

既にUberもLyftも日本でアプリを設定し、登録してあるので車を呼び出すだけ。大きなスーツケースが二つあるので、余裕のあるuberXLを選択。(安いXだと普通の5人乗りのプリウス辺りが来るが、XLだと6人乗りのSUVとかになる)
UberXLはUberXよりもちょい高くなるが、それでもタクシーよりはかなり安い。市内に行く手段で一番安い(二人くらいだと)のはスーパーシャトル等のシャトルバスサービスになるが、方面別に何人か乗せてからの出発で、市内の送り先に順番に降ろしていくので時間がかかる。現在では料金的にも時間的にもライドシェアが一番いい選択だと思う。

アプリで自分の位置を示すピンがターミナルのUber乗り場にちゃんと合っていることを確認して車を呼ぶと、10分とかからずに迎えに来てくれた。乗り場では多くの人がUberやLyftを待っているが、自分を迎えに来てくれる車の車種が写真で表示されるし、マップ上を向かってくる車がリアルタイムで表示されるので、呼んだ車が来たなというのはすぐに分かる。ドライバー側のアプリにも私の顔写真と名前、人数が表示されているので、どうやら日本人観光客の二人連れだなと分かっているので、こちらに向かって手を振ってくれた。
車は希望通りの大型SUV。スーツケースは楽に積み込めた。車内も広くて快適。既に行き先も分かっているので挨拶を済ませたらあとはナビに従って車を走らせてくれる。料金も決まっているし、現金支払いの手間も無いし、チップはオンラインで後払いだし、便利この上ない。

ライドシェア乗り場 LAX

このようにA〜Fまでのライドシェア乗降場所がある。我々はターミナル4に着いたのでDという乗り場を利用した。

無事に二晩宿泊するハリウッド・セレブリティ・ホテルに到着。車を降りて数分でチップの支払い選択、ドライバーと車の評価を入れる画面が開いた。チップは払わなくても問題が無いようだが、スーツケースの積み卸しも手伝ってくれたし、快適だったので5ドルほどを払った。評価は5つ星で。領収書も届くし、乗車記録としてアプリにも履歴が残る。いいシステムだ。

ホテルの部屋にはまだ準備が出来ていないので入れないと言われたが、お昼過ぎには清掃が終わると言われ、それまで荷物を預かって貰って観光に出掛ける事にした。規定のチェックイン時間は15時だが、アメリカのホテルでは部屋さえ準備出来ていれば時間に関係なく部屋に入れてくれるのが一般的。
フロントの対応はとても親切で、英語が堪能で無くても困ることは無かった。

ハリウッドセレブリティホテル

玄関前のテラスには椅子とテーブルがあり、喫煙所となっている。夜間は玄関ドアが閉まるが、ルームキーカードで解錠出来る。

ハリウッド・セレブリティ・ホテルはハリウッド観光の中心地であるハリウッドハイランドまで徒歩3分程(つまりチャイニーズ シアターやコダック シアター等が至近)という好立地。(詳しくはロサンゼルスのホテルを予約を参照)
こじんまりしたホテルだが、廊下には往年のハリウッドスター達の写真が飾られ、いい雰囲気だ。ヨーロッパからの旅行者も利用が多い様で、滞在中、フランス吾やドイツ語をよく耳にした。

さて、ハリウッド観光と、予定していたオルベラ街(メキシコ人街)への観光に出発である。