カテゴリー別アーカイブ: モール

ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編04


アナハイム(ディズニー)のホテルを予約

今回の旅行での最終宿泊地、アナハイムでのホテル予約。ここでの滞在はディスニー目的なので、パークへのアクセスが重要なポイントになる。
もし予算に余裕があるなら間違い無くベストな選択はディズニー直営のグランド・カリフォルニアン。ダウンタウンディズニーから直接アクセス出来て、ディズニーランド、カリフォルニアアドベンチャー両パークに最も近く、カリフォルニアアドベンチャーには専用の出入り口もある。
次いでディズニーランドホテルだが、これくらいパークとの距離があると、ハーバーブルバード(ディスニーリゾート外側の目抜き通り)沿いにある安いホテルとさほどアクセスは変わらない。前回のアナハイム旅行ではハーバーブルバードを挟んでディズニーリゾートの入り口真ん前にあるパークビューインというホテル(モーテル)に宿泊した。連日パークとの往復で過ごす滞在だったので、この選択は悪くなかったと思う。

が、今回ハーバーブルバード沿いのパーク入り口に近いホテルをリストしてみたが、前回よりもかなり料金が高くなっている。これは旅行期間がアメリカでもサマーホリデーのシーズンと重なっている為と思われる。
そこでみつけたのがハーバーブルバードではなくウェスト・カテラ・アベニュー沿いにあるキングス・イン・アナハイム(旧スーパー 8 モーテル アット ザ パーク)というホテル。
アナハイム・ガーデンウォークというショッピングモールの隣にあり、CVS(ドラッグストア)にも至近、パークまでは徒歩10分ほど。(実際のパーク入り口までは15分ほどかかると思う)

キングスインアナハイム

パークからはハーバーブルバードを南下し、ウェスト・カテラ・アベニューに曲がってすぐ。

夏の暑い時期であることを考えるとちょっと遠いかなとも思うが、飲料やスナック等が安く調達出来るCVSへのアクセスの良さ、隣にチーズケーキファクトリーやカリフォルニア・ピザ・キッチン等の人気レストランがあること、パークへのアクセスには徒歩以外にもART(アナハイムの観光客向けシャトルバス)での移動も使えること等を考えれば悪くは無い。
何よりもこのホテルの値段が魅力的。もちろん外廊下のモーテルタイプなのでリゾート感はないが、朝から夜までほとんどパークに出掛けていることになると思うので、寝るだけと割り切れば問題はない。

kings-inn-hotel-anaheim

ホテルの入り口。アメリカによくあるタイプのモーテル。車利用の人なら1階をリクエストすれば、自室の目の前に駐車出来る。

宿泊料はホテルの公式サイトの特別プランで5泊、税、朝食込みで568ドル。つまり一泊1万円ちょい。徒歩でのパークへの移動は不可能というくらいまで離れればこの程度の値段(もしくは更に安く)で泊まれるところもあるが、徒歩移動が可能な場所で探した中では最安値。
しかしキャンセル、返金不可の特別料金なので、予約と同時にクレジットカードに全額が課金され、もうキャンセルは出来なくなる。
既にキャンセル返金不可の航空券を購入しているので、もうその辺のリスクは気にしても仕方がないと決断し、予約。万が一、旅行を取りやめなければならなくなった場合には被害が拡大するので悩む所ではあるが…。

ということでアナハイムでの宿も手配完了。
このキングス・イン・アナハイム(Kings Inn Anaheim)というホテル、つい最近に名称変更されたようで、旧名のスーパー 8 モーテル アット ザ パーク(Super 8 Anaheim Near Disneyland)での情報がまだ多い。基本的に設備等に変更はないようで、各種レビューでは室内設備や清潔さには問題はないようだ。ただ、どうやら朝食はあまり期待しない方がいい様子。

キングスイン プール

こんなプールやジャグジーも完備されている。パークに出掛けるゲストが多いので意外に空いている時間も多く、利用価値はあるかもしれない。

これでホテルの予約手配は全て完了。続けて現地でのツアー利用や、空港、ホテル、観光予定地までの移動手段を検討、手配していく。




ハワイ旅行記 21 2017・今回買ったお土産


ハワイに行けば必ず買って帰るのは各種フレーバーのコナコーヒー(ヘーゼルナッツとかがお気に入り)、マウナロアのマカデミアナッツの大袋(ノーマルな味の奴が一番)、ドライマンゴー。
これらはABCストアで買うよりもスーパーの方が安いので、アラモアナに行った時にウォルマートで纏め買いしていた。が、今回はワイキキにロングスドラッグスが出来ていたので、こちらも利用。値段はスーパーとさほど変わらない。
ロングスドラッグスでは必ずメンバーズカードを作ることが肝心。これがあると無いとでは価格が全く違う。買い物前にレジでカードだけ作ることが出来るので、予め入手しておくのが吉。
旅行者でもメールアドレスさえあれば簡単に作れ、ロングスドラッグス全店で使用出来る。

ロングスドラッグス

厚紙で出来たカードはとても小さなサイズで、ストラップを通せる穴付き。

ここ数年でロングスドラッグスの他、ロスドレスフォーレスまでワイキキに出来たので、アラモアナまで行かなくてもかなりお得なショッピングをワイキキで済ませる事が可能になった。

ロスドレスはワイキキとアラモアナでは店の規模も品揃えもほぼ同じだった。
ロスドレスでは娘のバッグと衣類を購入した。

定番のホノルル・クッキー・カンパニーのクッキーも毎回購入しているが、今回はハワイ島にも行ったのでビッグアイランドキャンディーも購入。どちらも主力の商品はクッキー(ショートブレッド)で、大差無い味(もちろん美味しい)なので、パッケージの可愛さと種類の多さでホノルルクッキーの方がお土産にはいいかなと思う。

ホノルル・クッキー・カンパニー

今回はこの木箱に入ったパッケージを購入。フルーツフレーバーのみの詰め合わせ。

お土産として毎回買って帰るものに各スーパー等のエコバッグもある。
今回はハワイ島でKTAスーパーのもの、オアフ島でロングスドラッグスとフードランドのものを購入。

フードランドファーム

フードランドのエコバッグは食べ物柄。これはポケ丼。他にスパムむすびとか色々。

今回初めて買ったお土産でヒットだったのはコナコーヒーバター。
ちょっと高いが、ハワイならではの逸品。ワイキキではハイアットの1階で木曜日の夕方(16時〜20時)に開催されるファーマーズマーケットで購入出来る。

コナコーヒーバター

3個セットがお得な値段。パンやパンケーキに合う。

そしてマウイオニオンドレッシングとハワイアンサンのパンケーキミックスも初めて購入。これはアラモアナのウォルマートで買った。
マウイオニオンドレッシングは美味しかったが、こちらのドレッシングはビネガーの効いた味が多いので、酸っぱいのが苦手な人には向かないかも。
ハワイアンサンのパンケーキミックスは数種類のフレーバーを買ってみたが、フルーツ系の物は味がやや駄菓子っぽい感じ。ナッツ系の物はそれなりに美味しい。
水だけで作れるのは手軽だが、水だけで作るとやはり味はかなり軽くなる。

アウラニに日帰りで訪れたので、その時に買ったアウラニグッズ(ピンバッジやマグネット、Tシャツ等)に一番お金を使ってしまった感じ。
あと高額な物としてはアラモアナ・ショッピング・センターの2階にあるレインスプーナーでアロハシャツを一着(100ドルちょっと)購入。レインスプーナーのアロハは何度洗濯してもヨレヨレにならず(アイロンいらず)、いつでもパリッとしていることと、涼しい着心地が魅力。

ハワイ島のキラウエア火山とオアフ島のパールハーバーで記念になるマグネットも数種類購入した。ご当地デザインのマグネットは我が家の定番のお土産なので、必ずその場所や施設のオリジナルデザインがあると買ってしまうため、冷蔵庫はマグネットだらけになっている…。

あと、もちろんマカデミアナッツチョコレートも購入した。これはロングスドラッグスでハワイアンホストのを購入。もっと安いパッケージもあるが、やはりハワイアンホストの物が一番美味しいので、これ一択。
以前に他のメーカーのチョコも何回か買ってみたが、圧倒的にハワイアンホストの方が味も品質もいい。




ハワイ旅行記 12 2017・アラモアナショッピングセンターと周辺


アラモアナショッピングセンター付近に到着後、まずはロス・ドレス・フォー・レス(ケアウモク店)へ。
いまやワイキキにも出来たので、わざわざここのロス・ドレスへ行く必要も無いのだが、店舗によって若干品揃えが違うというので、とりあえず物色。
後にワイキキ店にも行ったので、比べてみての感想だが、多くの商品はほぼ両店とも同じ。本当に若干、どちらかにしか無い商品もあるという程度だったので、時間に余裕の無い人はワイキキ店だけ(もしくはアラモアナ店だけ)でいいのではないかと思う。

次いでウォル・マートへ。
さすがに大型スーパーはまだワイキキには無いので、スーパーマーケット好きならここは外せない。(大型スーパーでなくても良いという事なら、昔からあるフード パントリーと新しく出来たロングスドラッグスを利用すればワイキキでも事足りる)
ワイキキ中心部のABC等と比べれば同じ物がかなり安く買えるのもスーパーの良いところ。
ワイキキ辺りでの購入すると高くなりそうなもの(やや高額なものや量や数を多く買う物)と、スーパーならではの商品を中心にウォル・マートで購入。
この後アラモアナショッピングセンターを見て回ることもあり、そんなに大量の買い物は出来ないので、ほどほどにした。(買い物好きならレンタカーが便利だとつくづく思う)

アラモアナショッピングセンターでは、ブランド品、高級品に興味のない我々なので、予め覗いてみようと決めていた店は数店だけ。
ここでの買い物で一番の高い買い物はレインスプーナーのアロハシャツ。(一着100ドル強)
10年以上前にハワイでレインスプーナーのアロハシャツを一着だけ買って着ていたが、何度洗濯しても乾燥機にかけても全く型崩れせずパリッとしている品質に感動し、もう一着欲しいと思っていた。(レインスプーナーはアラモアナセンターの2階、2Dエリア、メイシーズ寄りにある)

買い物(ほぼウィンドウショッピング)を終えたら、アラモアナショッピングセンターで一番の楽しみだったフードランド ファームへ。
以前、フードランドというスーパーがあったが、それが閉店し、数年を経て新たにフードランド ファームとしてオープンした。場所はアラモアナショッピングセンターの1階だが、建物内ではないので、1階駐車場からアクセスする形になる。
食料品と食に関するグッズ等を中心としたお洒落な大型スーパーといった感じの店だが、我々のお目当てはポケ丼(ポケボウル)。
何種類ものポケ(ポキとも言う)を量り売りしているコーナーで、好きなポケを選び、それをご飯の上に乗せて貰ってテイクアウトのポケ丼をオーダー出来る。
ポケは好きな物を1種類か2種類、ご飯は白米か玄米をチョイス出来る。ポケ1種類が6.99ドル、2種類は9.99ドルという値段なので、2種類にすると量もそれなりに多くなるのだと思う。
2種類の味を楽しみたかったので、2種類、9.99ドルのポケ丼にしたが、案の上、量はかなりの大盛りだった…。なので、複数人で行ったなら、一人1種類でオーダーして、その後に皆でシェアして複数の味を楽しむというのがお勧めかと思う。
スーパーなので会計はレジ。作ってもらったポケ丼にドリンクコーナーで買った飲み物、他にも買い物があればそれらと合わせてレジで精算。
すぐに食べるための飲食スペースが用意されているので、そこでポケ丼の夕食。
種類にもよるのだと思うが、先にハワイ島、コナのウメケで食べたポケ丼よりもかなり濃厚な味付けに感じたが、やはりポケ丼は日本人の味覚に合う。

フードランド ファーム ポケボウル

フードランド ファームのポケボウル。ポケ2種類に白米をチョイス。ポケの量だけで腹一杯になりそうな量。

食事を終えた頃にはもう夜の21時過ぎ。
フードランド ファームを出るとそこは駐車場で、ワイキキに戻るトロリー乗り場の近く。アラモアナショッピングセンターからのワイキキトロリーはいつも激しく混んでいて、何台か待たないと乗れないというイメージだが、この時間になるとかなり空いている様で、すんなり乗れた。
アラモアナショッピングセンターとワイキキの各ホテルを結ぶピンクラインはJCBのカードを持っていると無料になるので、それで乗車。

明日は予約してあるbillsでの朝食から始まって、終日、ホテルとワイキキ界隈で過ごす予定。