カテゴリー別アーカイブ: TDR

ディズニーランドホテル (TDR)


東京ディズニーリゾートの直営ホテルの中でも一番新しく、ランドの目の前という立地で人気のディズニーランドホテル。
安っぽいのか高級なのか分からないお城の様な外観も子供には魅力的な様。一歩中に入れば高い天井に豪華なシャンデリア、広いロビーと実際の高級感も感じられる。

ディズニーランドホテル

私達が泊まったのは2012年の夏

洗い場付きの広めのバスルームは他の直営ホテルと同様。部屋の特徴としては他の直営ホテルと比べてディズニー色が強いことで、ティンカーベルルーム、ふしぎの国のアリスルーム、美女と野獣ルーム、シンデレラルームという4つのテーマの部屋(2015年2月現在)も用意されている。

夏期のみだが、プールもチクタクワニの噴水があったりして、ピーターパンをモチーフにしている。

ディズニーランドホテル

キャラクタールームでなくても部屋の装飾はディズニーでいっぱい

ディズニーランドホテル

アメニティももちろんディズニー

ディズニーシーで遊ぶならミラコスタが便利なように、ディズニーランドで遊ぶならここが一番便利。パークで遊んで途中休憩や食事にホテルに戻るということが躊躇無く出来る。
ディズニーシーに行くにはリゾートライン(モノレール)を使うことになるが、無料の乗車券が提供される。(滞在中フリーのこの乗車券はミラコスタでも提供)
その変わり、ミッキーバス(ディズニーリゾートクルーザー)は運行されていない。

開園より15分早くパークに入れるアーリーエントリーもディズニーランドが目の前なので利用に便利だが、近いからと思ってきっかり15分前に行くと他の直営ホテル宿泊者もたくさん来ていて長蛇の列。結果並んでパークに入れるのは一般開園時間と変わらないということにもなるので注意。
この辺はディズニーアンバサダーホテルの記事を参照。

ビビディ・バビディ・ブティックもここにあるので、ビビディ・バビディ・ブティック利用者にとっても着替えた服やもらえるグッズ等を部屋に置いてすぐにパークへということが出来るので、便利。

シャーウッドガーデン・レストランはブッフェだが、パーク内にあるクリスタルパレスやセイリングデイブッフェに比べて料理のランクが高いので、お薦め。その分料金は高いが、朝食やランチならパーク内のブッフェレストランと大差の無い価格なので利用しやすいかと思う。
もちろん予約をしておかないとかなり待たされることになる場合があるので、ディズニーランドホテルに泊まるなら予約しての利用がお勧め。

私は娘の夏休みにバケーションパッケージ(TDR公式の宿泊プラン)でディズニーランドホテルに宿泊したが、時間帯指定なしのファストパスとショーやパレードの特別鑑賞席で、夏休みの繁忙期にも関わらずとても快適に過ごすことが出来た。

バケーションパッケージ

パレードも絶好のロケーションで場所取り不要で鑑賞出来る

もちろんその快適さはお金で買うことになるわけで、そうそう利用出来るものではないが、ディズニーランドホテルやミラコスタといったパーク併設の様なホテルに宿泊するなら、もう一つ奮発してバケーションパッケージを利用してみるのもいいかもしれない。
この上なく快適なTDRを満喫出来るはずだ。


ディズニーアンバサダーホテル(TDR)


東京ディズニーリゾートの直営ホテルにはディズニーアンバサダーホテルとディズニーランドホテルに泊まったことがある。
直営の中で最も安価(似た様な価格設定だけど)なのがアンバサダーホテル。
ディズニーランドの目の前にあるディズニーランドホテル、ディズニーシーの中にあるかのようなミラコスタに比べると魅力に欠ける感じがすのは確かだが、その代わりイクスピアリと繋がっているというのは買い物や食事にとても便利。
それに直営ホテルの中では唯一のキャラクターダイニングであるシェフミッキーもここにある。

ディズニー直営ホテルの魅力は浴室に洗い場があってとても使いやすいこと。
小さな子供がいる家族連れにはとても魅力的だと思う。(オフィシャルでも洗い場付きの部屋はあるが)
そしてさすがに直営だけに他のオフィシャルホテルに比べてディズニー色も強いので、寝ても覚めてもディズニーを味わいたいと思うような人には最適。

ディズニーアンバサダーホテル

アメニティももちろんディズニー

サービスや特典の多くはオフィシャルホテルと大差ないのだが、直営だけの特典としてはアーリーエントリーとマルチデーパスポート・スペシャルがある。
アーリーエントリーはハッピー15エントリーと言い、一般開園の15分前にパーク入場出来るのだが、この15分というのはアメリカのディズニーホテルのアーリーエントリー(エクストラマジックアワー、或いはマジックモーニング)に比べるとかなり淋しい。(アメリカでは1時間前が普通)
開園20分くらい前にパークに着くと、直営ホテル宿泊者の列がかなり長くなっているため、結局入場出来るのは一般のゲストと同じ時間になる。
本当に15分前に入場したければかなり早めに行っていないと無理だと思える。

マルチデーパスポート・スペシャルは通常のマルチデーパスポートと異なり、初日からランドとシーを自由に行き来出来る。

アンバサダーだけの特徴としてはディズニーリゾートクルーザー(ミッキーのバス)がランドとシー、2つのパークに直接運行しているので、イクスピアリと共通の駅(リゾートゲートウェイステーション)まで行って乗らなければならないリゾートライン(モノレール)を使うよりも早くアクセス出来る。

 そして何と言ってもシェフミッキー。
かなり人気のレストランで予約が取りにくいのだが、直営ホテル宿泊者ならホテル予約成立と同時に予約が出来るので、1ヶ月以上前で有れば希望の時間でとれる確率は高い。(直営ホテル宿泊者以外の予約開始が1ヶ月前なので)
世界中のキャラクターダイニングがそうであるように、値段の割に料理は大したことはないが、TDRの中では、労せずミッキーを初めとしたディズニーの人気キャラとグリーティングが出来る数少ない場所なので、価値はある。

シェフミッキー

初めて行ったシェフミッキーにて。ミッキー、ミニー、ドナルド、プルート、日によってディジーがいる。

直営ホテルはそれぞれにホテルオリジナルのグッズも販売しているので、売店も要チェック。
せっかく直営に泊まったのなら、やはりオリジナルの商品は欲しくなる。


東京ディズニーリゾートの夢と魔法


香港を除く世界中のディズニーリゾートに行ったことがあるが、大きさ、スケールではもちろんフロリダのウォルトディズニーワールド、雰囲気ではパリのユーロディズニー、そして総合的なクオリティでは東京ディズニーリゾート(TDR)がダントツだと思う。

TDRのクオリティの高さは日本的サービスを突き詰めた結果だと思う。所謂「おもてなし」だ。

娘が幼稚園に通う前、2、3歳の頃に一度だけ年間パスポートを買ったことがある。
ランドだけのものだったが、これを使って一年間、頻繁に東京ディズニーランドに出掛けた。シングルファザーが幼い娘を連れて遊びに行くには最適で快適な場所だったからだ。

東京ディズニーランド

混んでいても何故か快適な投稿ディズニーランド

まず当時はおむつ替えスペースは女性用トイレにしか設置していない施設が多かった(今でもそうだが)が、TDRでは全てではないものの、男性用トイレにも設置してある場所があって便利だった。
一般的に赤ちゃんや幼児の世話は母親がするものという前提で考えられていること自体は仕方がないが、マイノリティにも配慮があるかないかは、まさに「おもてなし」の基本だと思う。

TDRのルールとして、パレードの場所取りは開始1時間前から、必ずその場所に人が一人はいることというのがある。親子二人で子供が小さいと、このルールを守るのはなかなか難しい。
せっかく1時間前から良い場所を確保していても、寸前に子供にトイレに行きたいと言われれば、その場所を諦めなくてはならないのだ。さすがに2歳や3歳の子供を独りでトイレに行かせるわけにはいかない。
しかしどのキャストでも、二人きりなのでと事情を説明すると「私が場所を見ておきます」と即答してくれた。判断を迷う様なキャストは皆無だった。
この即答というのが大事なところで、たくさんのキャスト(従業員)の一人一人が素早い判断を出来る組織というのはなかなか無い。

同じようにゲストの身になった素早い判断が凄いと思ったのは、駐車場トラブルにあった時のこと。
パークが19時閉園で、ディズニーランドホテルのレストランを19時半に予約していたので、パークの駐車場で車をどうするべきか尋ねると、「パーク駐車場は閉園後閉まってしまうので、ディズニーランドホテルの駐車場に停めた方がいい」と言われ、その通りホテルの駐車場に向かったところ、ホテルのドアマンに「それでは駐車料金がかなり高くなります」と言われた。
つまりパークの駐車場係の提案は、移動の手間を無くすということのみで、料金的には全くベターでは無いということだ。
「そんなに高くなるならもう一度パーク駐車場に向かい、閉園後に移動した方がいい」と私が言うと、ドアマンは「そうですが、案内の手落ちはこちらの責任なので、こちらの駐車場を終日無料にさせていただきます」と言って無料駐車券を即座にくれた。
普通なら「お手数掛けてすみません」と謝罪するのみか、同じサービスをするにしても責任者の決裁を必要とすると思う。
こちらが要求したわけでも無いのに、こちらにとって最も有難い判断を即座にしてくれるというのは、一体どんな組織運営がされているのかと驚くばかりだ。

他にもまだまだある。
こんなことはTDRにとっては当たり前のことなのだろうが、娘が買ったばかりのポップコーンをひっくり返してしまいベソをかいていたら、掃除のキャストが来て手早く散らかったポップコーンを掃除すると同時に、娘からポップコーンバスケットを預かり、それに満杯のポップコーンを入れて戻って来て、「ミッキーの魔法だよ」と言って手渡してくれた。
更に所謂ミッキーバス(ディズニーリゾートクルーザー)の中で娘がポップコーンバスケットをひっくり返してしまった時も、私がドライバーに謝っていると、ドライバーは娘に「これは鳥さんのご飯になるんだから、鳥さんが喜ぶよ、いいことをしたね」と言うのだ。

東京ディズニーランド

娘はいつもポップコーンバスケットをぶら下げてた

アンチディズニーな人々にとっては気持ち悪いと思えるくらいの対応だろうが、ここまで徹底されたTDRのおもてなし精神は、比類がないと言っても過言ではないと思う。
もちろん世界中のディズニーリゾート、ディズニー以外のレジャー施設やサービス業でも、人によっては同じ様なレベルの仕事をしている人はいると思う。
しかしあくまでも人によってはだと思う。
個人個人に多少の差はあっても、施設全体、組織全体でこれだけのクオリティを保っているのはTDRくらいではないだろうか。

東京ディズニーリゾートの夢と魔法は世界一だと思う。