カテゴリー別アーカイブ: 雑記

子供と二人で旅すること


訳あって幼い娘と二人きりで暮らす独り親となってから、娘と旅をすることを楽しむ余裕が出来る様になるまでは多少の時間がかかりました。

子供が出来る前は暇とお金があれば自由気ままにアメリカや欧州に旅していましたが、子供が出来て、更にシングルファザーとなれば趣味を楽しむ余裕なんて無いと思っていました。でも、赤ちゃんの時は無理でも、歩けるようになり、公共の場所で静かにしていることが出来る様になると、無理ということもないのではないのではないかと思い始め、国内の旅行で自信が付き、海外にもチャレンジしてみると、意外に大丈夫だと分かり、今では二人で旅することを楽しんでいます。

子供と二人であることのメリット

  • 旅費が安く済む(飛行機は12歳未満は多くの場合子供料金が適用)。大人と同額だとしても三人より二人が安いのは当たり前。食費や観光に要する費用も同様。
  • 相手がいないのだから旅行中の夫婦喧嘩など無縁。(これも当たり前)
  • 独り親と分かると親切な対応を受けることがたまにある。

子供と二人であることのデメリット

  • 子供に向かない場所には一切立ち入れない(バーやカジノ、年齢制限のあるショー、アトラクション等々)ので、行き先は限定される。アメリカでは多くの州で13歳未満の子供をホテルの部屋等に一人でいさせることは違法。マジで逮捕されます。
  • ホテルは人数料金ではなく部屋料金なので少し勿体ない気がする。
  • 娘なので、男女別のエリア(トイレや更衣室等)に一緒に入れないので、不安な事がある。
  • 二人から催行の現地ツアーでは子供を人数に入れてもらえないことがある。(催行があぶない場合に大人料金を払えば良いというケースもあるが)
  • 旅行の為に学校は休ませないと決めているので、ピークシーズンにばかり旅行する事になり旅費が高くなる。

今では子供も大きくなり、問題のなくなった事ですが、子供が小さかった頃は男性用トイレにおむつ替えスペースなどが用意されていない場所が多いのは困りました。男女共に無いなら未だしも、女性用トイレにはあったりすると男親であることのデメリットを感じました。

子供との旅行で一番問題なのは、注意を払うべき保護者が自分一人であるということです。急な病気や万が一のトラブルに一緒に対応出来る大人のパートナーがいないという事を自覚して、準備と計画をしています。現地の日本語対応可能な病院を事前に調べておく、想定できる病気や怪我に対応出来る薬は準備していく、自分一人なら平気だと思える場所でも、多少でも治安の不安を感じたら迂回したり避ける事を面倒がらない。

あとは子供が周囲に迷惑をかけないという事も。
旅行はあくまでもレジャーなので、不要不急の用事ではありません。
絶対に泣かない、騒がない、動き回らないという確信が持てる距離と時間に限定した場所を選んでいます。個人差もあると思いますが、3歳未満では難しい子が多いのではないでしょうか。
うちの子は5歳くらいでかなりの時間じっとしていられるようになりました。
レストラン等も、大人同様とはいかなくても、周囲を不快にさせない食べ方が出来るかどうかを考えて食事する場所を選んでいます。

年齢とともに自分一人で出来ることも増えてきて、どんどん楽になってきます。
旅行は子供の成長を実感する機会にもなっています。

ハワイ旅行

ハワイのアウラニにて初めてのペアルックを購入。

早いですが、娘が18歳になったら欧州を巡ることと、21歳になったらアメリカ各地を巡ることを今から計画しています。
いずれもその地域でお酒が合法になる年齢です…。
娘と酒を飲むってのは多くの父親が夢みる事なんじゃないでしょうか。