カテゴリー別アーカイブ: 雑記

海外旅行で差別を受けることはあるか


海外旅行中に人種差別と思われる体験をすることはそれほどないのではないだろうか。
どこの国でも(よほど特異な国で無い限り)人種や国籍で差別的な行為や発言をすることは非常識であり、道徳的にも法律的にも許されないという考えが一般的だ。
なので、多くの人達は人種差別主義者を不道徳な人達と考えているので、あからさまな差別に遭遇することは滅多に無い。
しかし、差別的な思想を持っている人は皆無では無いし、本人に差別という意識が無くても、「○○人は好きでは無い」とか外国人や異なる人種に対して偏見を持っている人は存在する。

何度となく海外に出掛けていれば1回や2回は「これは差別では」と思える経験がある人もいるだろう。私も何度か経験がある。
覚えている限りではロンドンで1回、パリで1回、アメリカで2回ほど経験がある。
ロンドンでは英語がうまく通じなかった時に、店員にあからさまに見下したゼスチャーをされたことがあった。
パリでは通りがかりの酔っ払いにジャップに類する差別的な言葉を浴びせられたことがある。
アメリカではホテルのロビーで隣にいた黒人に「日本人か?」と聞かれ、そうだと答えたら、「俺は日本人が嫌いだ」とストレートに言われたことがある。「なぜそんなことを言うのか?」と聞いても返事をせずにそのまま行ってしまった…。
更にレストランで、どう考えても故意に最も条件の悪い席に案内された経験が一度。

渡航した回数を考えれば多くはないが、そういう経験があることは確かだ。

通りがかりに遭う差別的な行為や発言は、犬の糞を踏んでしまうようなもので仕方がないが、お客であるにも関わらず、店などから受けてしまう差別行為には抗議をするべきだと思う。
そのような店と分かったら、利用を中止して即刻出てしまうというのも抗議の方法だ。
我慢してまで利用して、料金まで払う必要は無い。

難しい問題もある。例えばよくあるのはチップの問題だ。
日本人(もしくはアジア系)にのみチップ込みのレシートを持ってくるという店がある。人種に関係なく最初からサービス料がインクルードされている店なら問題ないが、日本人にはチップ込み、それ以外はチップ別という請求の仕方をするのは差別と言えると思う。
しかし、面倒なチップを考えずに済むのは有難いと感じてしまう日本人旅行者もいるかもしれないし、店側からすれば日本人がチップを忘れるという経験から来ている防衛策かもしれない。
ただ、大凡の額は決まっているとは言え、お客の裁量に任せられている、つまり額の決定はお客の権利であるチップを、人種を理由に店側が決めてしまうという行為はやはり差別だろう。
もし白人相手に多くの白人には普通の請求書、ある白人にだけチップ込みの請求書ということをしたら問題になるのは明かだ。
チップ込みの請求書を有難いと思ってしまう人なら、店側の利害と自分の利害が一致しているということなので、そのまま支払うのもいいだろう。しかしもし不満があるならはっきり言って構わないと思う。「チップの額を変えたいのでチップ別のレシートをくれ」と言うべきだ。
これは何も図々しいことを言ってるわけではないし、当然のことを言っているだけなので何一つ失礼なことではないはずだ。

アジア系に対する差別に限って言うなら、日本人はもっとも差別に遭いにくいかもしれない。
近年、日本人は礼儀正しく道徳的な国民性という認識が広まっているらしく、アジア人を蔑視している人達の中でも日本人とその他のアジア系という分け方をしていることが多い様だ。
韓国人や中国人は嫌いだが、日本人は好きだということを言う人達も多い。
日本人としてはとても有難い話だが、手放しで喜べることでもない。
中国人旅行者や韓国人旅行者に比べて日本人旅行者のマナーの方が総じて良いという様な傾向はあるのだろうが、本来人間への評価は個々にされるべきものだ。
中国人や韓国人の中にも下手な日本人よりマナーの良い人はいるだろう。人種や国籍による大凡の傾向というものがあることは事実だろうが、それを理由に個人を無視して人種や国籍のみで判断するということがそもそも差別なのだ。
現在日本人への評価が高いということを理由にそういう差別を是としてしまうと、いつ政治的な問題や状況の変化で我々日本人への差別意識が高まるか分かったものでは無い。

差別反対


航空機に持ち込める物、預けられる物


飛行機に乗る際、頭を悩ませるのが預け入れ荷物に入れられる物とダメなもの、手荷物として持ち込める物とダメな物の仕分け。
間違えると空港で思わぬ手間と時間を要することになるので、基本だけはしっかり押さえておきたい。
面倒なのは同じ種類の品物でも容量等によって可否が異なる物があること。それも考慮して仕分けを完璧に行おうとすると混乱したりミスを犯したりしやすいので、ここは大ざっぱに考えた方が分かりやすい。容量制限等がある場合には基本的にダメな物として扱えばいい。

まず手荷物として機内に持ち込めないと思っていい物。

  • 刃物(ハサミやカッターは勿論、刃がある物はどんなに小さな物もNGと考えた方がいい)
  • 先端が鋭く尖っている物(刃物と同じ扱いになる)
  • 液体(クリーム状やジェル状の物も液体として扱われる)
  • スプレー缶類

預け入れ荷物に入れられないと思っていい物。

  • ライターやマッチ
  • バッテリー類

基本的には上記の物だけ気を付ければいいので、それほど難しくはない。
手荷物として持ち込めない物は預け入れに、預け入れに入れられない物は手荷物に入れればいいだけ。
容量や形状、サイズ次第で持ち込める物等、細かい規定があるのだが、そこまで細かく考えると間違いの元なので、大ざっぱに考えた方が無難だ。

ライターやマッチは一人一個という制限があるので、一個のみ携帯出来る。
ライターの種類によっては一個も持ち込めない場合があるが、100円ライターなら問題ない。
バッテリー類は容量個数制限があるのだが、一般人が普通使っている電化製品に使用する物ならまず何個持っていても問題にはならない。(大容量のモバイルバッテリーでも市販されている物はほぼ大丈夫)
ただ、端子むき出しで放り込んでいると問題になる場合もあるので、端子は絶縁されていること、出来れば専用のケースに入れておいた方がいい。
スプレー缶類は0.5Kg以下のスプレー缶であれば預け入れ荷物に入れられるが、工業用スプレーはダメ(ペンキスプレー等)。「火気と高温に注意」と表記されている引火性の高いガスを使っている物もダメ。

預け入れする荷物に電池で動く電化製品を入れる場合は、バッテリーを外して、バッテリーだけは持ち込みにした方が無難だ。バッテリーを取り外せない製品も機内持ち込みにした方がいい。AC電源のみで稼働する製品はスーツケースの中で動き出す心配も破裂する心配も無いので、預け入れにして大丈夫。
(私は10年ほど前、シェーバーを預け入れに入れていて、何かの弾みで動き出し、一度乗った飛行機から降ろされた苦い経験がある。それ以来バッテリーを取り外せないシェーバーは持ち込みにしている)

液体は機内持ち込みに出来ないとはいえ、どうしても機内で必要な液体類があるというケースは多いだろう。まず飲料は保安検査後に購入した物は問題ない。
それ以外は100ml以下の容器に入れて、小分けにし、それを透明のジップロックに入れれば持ち込める。(ジップロックは縦横20センチ以内程度、容量が1リットル以内の物で、一個まで)
乳幼児連れで必要となる離乳食等は申告することで持ち込めるので、個別に確認した方がいい。

機内への液体持ち込み

このようにして持ち込む。

米国内で乗り継ぎのあるフライトの場合、保安検査を2度通ることになるので注意が必要だ。
保安検査後に購入した液体は持ち込めるのだが、日本を出発した際に購入した液体は、米国でもう一度保安検査がある為に、乗り継ぎ空港より先には持ち込めなくなってしまう。
ペットボトル飲料等は米国到着までに飲んでしまうか、破棄すればいいとして、問題はお酒や液体の化粧品類等を免税店で購入した場合だ。乗り継ぎ空港で荷物を一旦ピックアップしたら、再預けをする前に、忘れずに預け入れ荷物に入れておくこと。そうしないと没収か破棄となる。
税関審査の為にピックアップした荷物を開けて荷物を入れるという行為は、咎められることもあるとのことなので、乗り継ぎがある場合は免税店での液体購入は基本的に控えた方がいい。
どうしても液体の免税品が欲しいという場合は、帰国時の乗り継ぎ空港(日本行きの便に乗る空港)の免税店で購入するか、機内販売を利用することをお勧めする。


旅行写真でアルバムを作る


旅行の写真の整理の仕方は人それぞれだろうが、たまの海外旅行ならやはり一冊の特別なアルバムにして残したい。
単にL版プリントをポケットアルバムなどに入れてお仕舞いというよりも、以下の様な方法でまとめた方がよりいい思い出のアルバムになると思う。

  • 各種ネットプリントでフォトブック(写真集)にする
  • プリント写真と一緒にチケットやリーフレットを貼ってスクラップブックを作る
  • A4クリアファイルを使い、A4プリントした写真でアルバムを作る

フォトブックは費用はかかるが同じ物を複数作りたい場合や、きちんとした写真集にしたいという場合にはとても便利だ。
ネットプリント各社が様々なサイズのフォトブックを提供しているし、MacであればAppleがフォトブックサービスを提供している。
完成品は書店で売っている写真集に近い仕上がりが期待出来るし、見開きページ等も作れるので、編集する楽しみもある。
ブラウザや専用のアプリで編集さえしてしまえば、あとは完成品が送られてくるのを待つだけなので、一番手間もかからない方法だ。

手作り感満載のスクラップブックは同じ物を複数作ることは出来ないが、家族で一冊あればいいということなら、思い出を保存する形としては一番いい。
写真はネットプリントや家庭用プリンタでL版程度で用意しておき、それと一緒に搭乗券や入場券と言ったチケット類、観光した場所でもらったリーフレット等を切り貼りして作る。
アイデア次第でかなりオリジナリティのある一冊が作れるはずだ。紙状の物ならどんなものでも貼れるので、食事したレストランのロゴ入り紙ナプキン、購入した絵葉書、ホテルの机に入っていた便箋や封筒等々、レイアウトに使える物は様々。
スクラップ専用のノートを使ってもいいし、台紙にフィルムをめくって貼り付けるタイプのアルバムを使ってもいい。

フエルアルバム

台紙に貼れるアルバムはフエルアルバムが定番だ。

スクラップブックほど手間はかけられないという場合にはA4サイズの写真用紙とクリアファイルを使った簡単なものでも特別な一冊が作れる。
家庭用プリンターで写真をレイアウト印刷し、(特別な写真はA4全面印刷してもいい)それをクリアファイルに差し込んでいけばいいだけだが、A4サイズ以内のものであれば一緒にチケット類やリーフレット等も仕舞える。多少手間をかけてもいいなら、A4サイズの紙にそれらをレイアウトして貼り付けてから差し込んでもいい。

スクラップブックの専用品もある。

デジカメが主流の今では、写真はプリントせずともパソコンやTVで簡単に見られるので、それでお仕舞いということも多いだろうが、形のある一冊として残しておくのもいいものだ。
日常撮影する全ての写真をプリントして整理するのは大変かもしれないが、たまの大きな旅行等の際には、一回毎に纏めておけばいつかいい思い出の品になると思う。