カテゴリー別アーカイブ: 旅行アイテム

海外旅行に変圧器は必要か


一昔前までは海外旅行の必需品だった変圧器。今でも海外で持参する電気製品を使うなら変圧器が必要と書いている旅行ガイドを見かけるが本当に必要なのか?
私は海外旅行に変圧器を持って行ったことがないし、必要になったケースもない。

まず旅行に持って行く電気製品と言えば、パソコンやタブレット、スマホ、デジカメ等の充電器やACケーブル、男性ならシェーバーといったところだろうか。
もちろん電池で動く物は関係ない。
まずパソコン、タブレット、スマホ、デジカメの充電器等は変圧器不要の物が殆どだ。世界中で同じモデルを売るメーカーにしてみれば、いちいち国毎に違う充電器を付けるのは面倒なので、全世界で対応出来る物を同梱しているはず。

日本でしか使えない恐れがあるとしたらシェーバーだろうか。又、ドライヤーやヘアアイロン等、大きな電気を必要とするものも日本国内専用の可能性が高いので注意が必要だ。
あとガラケーの充電器も国内専用品が多い。

確認方法は充電器や製品そのものの表示を見ることだ。100~240V(又は240以上)と記されていれば大丈夫。100Vのみであれば国内専用、100/110Vであればアメリカでは使える。
アメリカは110〜120Vで日本より若干高い程度の電圧なので、100Vの日本国内専用品でも支障なく使えてしまう事が多い。(自己責任)

ということで、どうしても日本国内専用品を海外で使いたい場合のみ変圧器が必要になるのだが、ほとんど必要になる様な物を持って行く機会はないのではないだろうか。
それに、変圧器は一般的に重くて嵩張るので、持って行かずに済むならその方がいい。
女性ならいつも使っているドライヤーを持参したいというのもあるだろうが、国内専用のドライヤーの場合、変圧器を使ってもコード自体が対応していないだろうし、そもそも大きな電気を必要とするドライヤーを使えるような変圧器はとても重くて馬鹿でかいと思うので、現実問題としてお薦め出来ない。
ドライヤーはほぼ全てのホテルに用意があると思うので、それを使った方がいい。

プラグの形状だが、アメリカは日本と同じ物がそのまま使えるので問題ない。
問題はヨーロッパだが、最近では世界中の主なプラグをそのまま差し込めるユニバーサルタイプのコンセントが普及している。中級以上のホテルなら問題ないことが多いだろう。
しかし格安のホテルやヨーロッパの田舎に行く場合にはプラグの変換が必要になる。行き先別のアダプタもあるが、変換アダプタにも1個で様々な国に対応するユニバーサル(マルチ)タイプがあるので、それを1個持って行けばいいだろう。

海外旅行プラグアダプター

何種類かの国に使えるマルチアダプタ−。対応国は確認する必要がある。

ということで、渡航先がアメリカなら変圧器もプラグアダプタも不要、ヨーロッパなら行き先(滞在ホテル)に因ってはプラグアダプタだけは必要というのが結論だ。


日差しの強いビーチやプールではラッシュガードを


ハワイやグアムはもちろん、夏のカリフォルニアやフロリダで水着を着るなら、ラッシュガードを用意した方がいい。
どうしても水着姿を披露したいのだという場合には日焼け止めで対処するしかないが、そうでなければ上半身だけでもラッシュガードを着た方が、日焼け止めを塗る範囲を大きく減らせるので日焼け対策が楽になる。

男女共に長袖タイプや半袖タイプのラッシュガードが売られている。
子供用ももちろんあるし、女児なら水着を下に着ずに上下セットのラッシュガードだけで水着代わりになる。

女性用ラッシュガード

女性用の一例。

男性用ラッシュガード

男性用

子供用ラッシュガード

子供用の上下セット

ただ、あまり日の出ていない状態や夜の温水プール等でのラッシュガードはお薦めしない。水に濡れている範囲が大きくなるだけなので冷えてしまう。ラッシュガードは見た目の露出を抑える為のものではなく、あくまでも強い日差しから肌を守る為のスイムウェアだ。

海外で購入する場合は、ラッシュガードはそのままでも英語として通じるはずだし正式な名称なのだが、何故か通じない時がある。水着の専門店等では大丈夫だと思うが、スーパー等では特に通じない可能性がある。
日本人でもあまりビーチ等に行かない人だとラッシュガードなんて言葉は知らないという人もいるだろう。多分海外でもそういう人には耳慣れない言葉なのだと思う。
通じない場合にはライクラ(Lycra)と言えば通じるはずだ。ライクラはラッシュガードに用いられる生地の名称だ。


夏のオーランド、暑さを考慮した予定をたてよう


夏のオーランドはかなり暑い。連日午後に降る雨(スコール)対策と同時に暑さ対策も必要だ。
まず基本的な夏の必需品は以下の通り。

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 飲料水

これに加えてミストファンや扇子があれば万全。
屋内のクーラーは冷蔵庫並に効いているので、苦手な人はカーディガン等、ちょっとした防寒も必要だ。

日本でも夏になれば熱中症被害が連日報道されるが、一番重要なのはやはり熱中症対策だ。
予防としては出来るだけ涼しい服装に帽子、そして何より水分補給だ。
喉が渇けば飲むのは当たり前だが、特に喉の渇きを感じないとしても水分は常に補給した方がいい。
アメリカでは水以外の甘くない飲料を入手するのが困難なので、パーク等に行く際は、常に水分補給出来る様、水筒やペットボトルは持参するべきだ。
ペットボトルの場合は凍らせておくことが出来ればベスト。水筒なら保冷出来るタイプの物に氷を入れておこう。
用意はしていっても途中で必ず足りなくなる。オーランドの水道水と相性が悪い人はミネラルウォーター等を購入するしかないが、大丈夫な人なら水はパーク内でも注ぎ足せる。
水に溶ける粉末茶等を持っていれば水道水でも気ならならないだろう。

ステンレスマグボトル

保冷出来るステンレスマグは便利。真夏でも朝から晩まで保冷してくれる。

ハンドタオル等を常に濡らしておいて、首に当てておくのも熱中症対策としてはかなり効果的だ。

パークで遊ぶ時間帯は出来るだけ午前中に設定しよう。暑さのピークは正午からなので、屋外アトラクション等はエキストラマジックアワー等も利用して出来るだけ午前中にスケジュールした方がいい。午前中はスコールの心配も少ないので屋外で遊ぶのにはベストな時間帯だ。
更にクーラーの効いている屋内アトラクションと交互にスケジュール出来れば万全だ。
お昼以降はいったんホテルに戻れるくらいの余裕のあるスケジュールであれば更にベストだが、暑さのピークとなる正午以降は出来るだけ屋内アトラクションを主にするか、スプラッシュマウンテンやカリリバーラピッド等、ずぶ濡れ系のアトラクションを巡るというのもいいかもしれない。
一番のお薦めはリゾートのプールやウォーターパークだ。
ただ、午後はスコールもあるので、雷が発生しそうになるとプールからは出なければならないということは覚えておこう。

万が一気分が悪くなったら、各パークには必ず救護所があるので、遠慮無く休ませて貰おう。
動けなくなった様な場合には近くのキャストに言えば適切な指示をしてくれるはずだ。必要で有れば救援を呼んでくれる。
吐き気や頭痛を感じたらかなり危ないので、すぐに涼しい場所に移動しよう。

出来れば避けたい真夏のフロリダだが、夏休みくらいしかまとまった休みが取れないという人もいるだろう。
砂漠に行くわけでは無いので、必要で有れば何処にでも冷房設備はあるし、飲料水も確保出来る。基本的な暑さ対策さえしていれば問題は無いはずだ。

オーランド旅行記 目次