カテゴリー別アーカイブ: 旅行アイテム

旅行カメラその2(DSC-RX100M3)


最近旅行時に必ず持って行くのがソニーのサイバーショット DSC-RX100M3というカメラ。
このカメラのシリーズは最初のDSC-RX100から使っているが、二代目のM2は見送ってM3の登場で初代と入れ替え。

rx100m3

ツルッとした外装で滑りやすいので、純正のグリップを付けた。これで持ちやすさは完璧アップ。

RX100シリーズが優れているのは、ポケットに入るコンパクトデジカメサイズに1インチという大きな撮像素子を搭載していること。現在は他にキヤノンのG7 Xとか同様のデジカメも登場しているが、初代RX100が登場した当時は画期的だった。
そしてシリーズ3代目のDSC-RX100M3では同程度のコンパクトサイズを維持したままファインダーまで搭載した。
私の様な昭和な人間にとって液晶では無くファインダーで撮影できるというのはとても大切。手振れ防止にはファインダーに接眼して撮るのが一番理想的だし、液晶が見えづらい晴天の屋外では接眼出来るファインダーがあるかないかで使いやすさが大きく変わる。
更に理想を言えばファインダーが光学式ならベストだけどこれは仕方ない。(DSC-RX100M3のファインダーは電子ファインダー)
あと、小さなサイズにファインダーを納めるために、必要な時だけポップアップ、更に指で手前に引き出して使う形になっている。この操作がちょっと億劫な為、通常は一般的なコンパクトデジカメ同様、背面液晶で撮影し、必要な時だけファインダーを使うというスタイルになってしまう。

大きな撮像素子の何がいいかと言えばもちろん画質。
ちょっとした一眼レフに迫る解像度と絵の深みを出してくれる。もちろんトータルではより大きな撮像素子を搭載しているカメラの画質を超える事はないが、ポケットに入るコンパクトな外見から想像する画質レベルは超えているということ。もちろん動画の画質も素晴らしい。

rx100m3

解像度は素晴らしい。広角側の解像度だけで比べたら十分に一眼レフ並み。

このデジカメの欠点は詰め込まれてる技術に比例したかの様なズッシリとした重さ。明らかに一般的なコンパクトデジカメよりもズッシリと重い。(外装がプラスチックではなく金属ということもあるが)
そしてサイズに不釣り合いな値段。同じ値段でエントリークラスのデジタル一眼レフのレンズセットが買えてしまう。(時間が経てば価格はどんどん下がるだろうし、いずれ型落ちとなればより安価になるだろうけど)まあ、値段は小さなボディに大きな撮像素子やファインダー等を入れ込んだ技術料と、高品質な明るいレンズや外装素材等の料金と考えれば納得するけど。
あと、いくら画質が一眼レフに迫るとはいえ、多くのミラーレス一眼が搭載しているフォーサーズセンサーや一眼レフのAPS-C、フルサイズセンサーとかに比べれば1インチセンサーは小さいので、背景を大きくぼかした撮影はさすがに出来ない。(近接ではそれなりにぼけるけど)
ボケの綺麗なポートレイトとかにはやはりミラーレスや一眼レフが必要。

レンズは24-70mm F1.8-2.8のZEISSバリオ・ゾナーT*でとても明るい。大きめ撮像素子や手振れ補正機構と相まって、暗所でのノーフラッシュ撮影が楽に出来る。
ストロボを焚くとどうしても雰囲気が変わってしまうので、基本屋内でもストロボOFFが好きな私には有難い。
広角側24ミリは旅カメラとしては十分だが、望遠側70ミリは足りないと思うシチュエーションもある。しかしこれ以上望遠側を伸ばすと明るさを維持できないだろうし、画質にも影響するだろうから、このカメラのコンセプトを考えると仕方がない。
望遠側が欲しいならもっと安いコンパクトデジカメに300ミリ超えの製品がたくさんあるので、それと使い分けるか、画質や暗所性能には目を瞑って24〜300ミリ超えのズームを搭載したデジカメを選ぶのがベター。

RX100-M3

コンパクトであるということは持ち出しやすいということ。これは重要。

あと、背面液晶は可動するので上方向にひっくり返すと液晶を見ながら自分撮りが可能。スマイルシャッター(笑顔になったことを自動検出してシャッターを切る)も搭載しているので、今流行のセルフィースティック(自分撮りの棒)とかでの自撮りが楽に行える。
液晶を見て自分(達)を入れ込んだ構図を確認してから笑顔になると、自動で写真を撮ってくれるので大変便利。
あと、専用のスマホアプリをi PhoneやAndroid機にインストールすれば、スマホ画面にカメラの画面を映し出せ、ズーム操作やシャッター操作もスマホから出来る。

ポケットやバッグに無理せず入る大きさで、出来るだけ高画質のデジカメを旅に持って行きたいと思う人には、今現在ベストなデジカメだと思う。


旅行カメラその1(DSC-TX5)


海外旅行はもちろん、旅にカメラは必需品。
最近は携帯(スマホ)のカメラも高性能になってきてるし、ビデオカメラとしても機能するので、特別に写真に拘りのある人でなければわざわざカメラを持って行くという人は減っているかもしれない。
しかしやはりカメラの方が写真も動画もクオリティが高いのは事実。写真も趣味の一つなので私は旅には必ずカメラを持参する。

所有するデジカメの中で一番古くから使っているのがソニーのサイバーショットDSC-TX5。
これはプールや海で使用するために購入した防水カメラ。
かなり前の機種になってしまっていて、同シリーズの最新型(2015年1月現在はDSC-TX30)への買い替えも間近かもしれないが、水の中で撮る時専用というポジションのカメラとして使用しているので、もう少し使い倒してから、もしくは壊れてからと思っているうちに年月が経ってしまった。

DSC-TX5

外装も剥げてかなり使い込んだ状態…

水辺で撮るだけなら普通のコンパクトデジカメでもいいのだが、水中で撮れると面白い写真や動画が撮れるので手放せない。私は特別なウォータースポーツはしないが、子供と一緒に躊躇無くカメラを持って水に入れるのは便利だ。

水中カメラ

水中も面白いが、カメラごと水に入れればアングルも自由

水中で撮れるカメラは各社からいくつか出ているが、このDSC-TXシリーズが一番コンパクトなので、携帯性が優れているのも気に入ってるところ。
正直画質は特別いいわけではないが、まあ綺麗に撮れてるってレベルの画質。

防水性を維持する為にパッキンの交換を年に一度はする事をメーカーは推奨しているが、私は一度しか行っていない。パッキン交換もいい値段がするので、2回目の交換を考える時には買い替えの方がいいと思う。
いつか浸水故障してしまうかもしれないので、これで撮影した時はその日のうちに撮影した写真と動画をバックアップ(パソコンに保存する)している。
浸水事故はいきなりジャブジャブとカメラ内に水が入ってしまう事は珍しいと思う。何処からか僅かに水が内部に浸入して動作不能が起きるというのがほとんどだろう。であればメディア(SDカード)とその中の記録済みのデータは救える可能性も高い。

いずれにしろメインのカメラとしては使用しないので、最悪の場合でも被害は少なくて済むと思って使用し続けている。

DSC-TX5

落とすと沈んじゃうのでフロートストラップは必要。

普通のデジカメを防水パックや防水ハウジングに入れて使うという方法もあるが、防水パックは画質が大きく落ちるし、浸水事故の可能性も高い。普通のデジカメがメインとして使っているものなら損害も大きい。防水ハウジングは高価だし、かさばるし、メンテナンスも面倒なので除外。(デジタル一眼レフ等で高画質の水中撮影をしたいというならハウジングだろうけど)

国内ではプールへのカメラ持ち込み禁止や水中での撮影禁止という施設も多いが、アメリカではプール施設での撮影に制限がある場所に遭遇したことがない(ウォータースライダー利用時等に手に持ったままの利用禁止等、一部制限がある施設はあった)ので、特に海外旅行でプールや海に行く機会があれば防水のデジカメは活躍すると思う。
水中でも携帯できれば、プールサイドやビーチ等に置いておいて盗難…という心配もなくなるし。


海外旅行の荷物、スーツケース


海外旅行のスーツケースは重要なアイテム。これの良し悪しで旅行中の快適さがかなり違う。
1都市、1ホテルの旅ならそれほどでもないが、都市を移動したり、ホテルを引っ越したりする旅なら尚更。

海外の空港のバゲージクレームで流れてくるスーツケースを見ていると、日本人(日本人以外のアジア圏の人も)と欧米人でははっきりと使用しているスーツケースに違いがある。
日本人はハードタイプ(外装がポリカーボネイト等で出来てるもの)で、欧米人はソフトタイプ(外装が布製のもの)を使っている人が圧倒的に多い。
見かけよりも実用性を重視する欧米人がソフトタイプを選ぶにはそれなりの理由があると思う。

私が最初に買ったのはサムソナイトのハードタイプ。これを数年使ったが、意外にすぐ壊れてしまった。まず取っ手の部分が微妙に曲がり始め、その内ケースの上面と下面の噛み合わせがおかしくなり、閉めるのにコツが必要に。キャスターの軸も歪んできて転がしにくくなった。
特別乱暴に扱ったつもりはないが、出発空港で預けてから到着空港で受け取るまでの間にはかなり雑な扱いを受けていたと思う。半ば放り投げるような積み卸しは当たり前と聞くので、その繰り返しで具合が悪くなったのだろう。
その頃は年に一回くらいの海外旅行で、4回か5回でガタガタになってしまった。これがハードケースの平均耐用年数なのかどうかは分からないが、その後にソフトタイプに買い替えた。

海外旅行が本格的な趣味となった頃なので、ちょっと奮発してアメリカンツーリスト(今はサムソナイトに吸収されてしまった模様)というブランドの、当時で7万円もするものを買った。
外装はソフト生地だが、かなり頑丈なフレームが入っていて丈夫そうだったので即決。

それから15年以上、見た目はくたびれてしまってはいるが、まだ現役。
外装の一部に擦り切れて空いた様な穴を発見したのでこりゃダメかと思ったが、触ってみると外側の布が擦り切れてしまっただけで、その下にはまだまだ丈夫で無傷な内張があった。

スーツケース

15年位前、ベルリンのホテル。古いMacBookの下に新しいスーツケースが見える。これが今も現役。

壊れる壊れないは当たり外れや運もあるのかもしれないが、両方使ったことがある者として、ハードとソフトでは圧倒的にソフトの使い勝手がいいと言える。

ソフトの利点は以下の通り

  • 外装がソフトなので同じ容量でも実はソフトの方が圧倒的に収納力が高い。
  • 外装をナイフで切られる等と言う話があるが、カッターナイフ等では歯が立たない。ナイフ一本で切るなら、かなりの切れ味の大型ナイフと技術が必要と思える。(品質による)
  • 壊れ物(瓶類、ガラス製品等)でもタオルや衣類に巻いて中心部分に入れれば破損したことはない。精密機械はそもそも預けるスーツケースには入れてはいけない。
  • フレームが丈夫なので、側面であればハード同様に椅子代わりに座っても問題ない。(品質による)
  • 蝶番やロック機構等のデリケートな部品が少ないので壊れにくい。

デメリットは

  • デメリットと言えるかどうか分からないが、ハードタイプの素材軽量化もあり、丈夫なフレームを使ったソフトタイプの場合、ハードに比べて軽いという利点はあまり無い気がする。(物によってはソフトの方が重い)
  • 色はほぼ黒一色、ブランドが違っても外見はよく似ているので、何かしらのマークを工夫しておかないと他の人の荷物と見分けにくい。(特に欧米人の多いフライトのターンテーブルで)
  • お気に入りのステッカーが貼れない。

荷物がより多く入ることがソフトタイプのメリットと書いたが、911以降、荷物の重量制限が厳密になっているので注意。昔は超過していても「HEAVY」なんてシールを貼られてちょっと恥ずかしい思いをするだけで済むことが多かったが、今はもうダメ。(航空会社によるが大概スーツケース1個に付き、エコノミーの場合は23キロ)
私は6年前にグアムで初めて重量オーバーを指摘されて高い超過料金を払わされて以来、かなり重量には気をつけている。おかげで以降、制限を超えた事はない。
ちょっとした工夫だが、重くても小さいものは手荷物に入れる(液体はダメだが)。同行者(私なら娘)の預け入れ荷物も利用して一個当たりの重量を出来るだけ均等に分散する。空港でもし片方の荷物の重量オーバーを指摘されたら、手間無くすぐに重めの物を同行者のスーツケースに入れ替えられるようにパッキングしておく等々。
手荷物にもサイズ制限の他に、実は重量規定もあるのだが、重量を量られたことは一度もない。

もしビジネスクラスやファーストクラスに乗るなら一気に10キロくらいは制限される重量が増える事が多いので、よほどの事がない限りは特に工夫などしなくても問題ないはずだ。(更に預けられる荷物の数も増える)

航空会社によってはエコノミーでもスーツケースを一人につき2個預けられる場合がある。この場合は折り畳み式でしっかりと口の閉まるバッグ等を持って行き、帰りにお土産等が増えたらそれを使ってスーツケースと合わせて2個として預けてしまうという方法もある。(行きから一人でスーツケース2個は持ち運ぶのがキツいと思うので)

現在、アメリカとの往復便やアメリカ国内線では預け入れ荷物に鍵はかけられない。もし間違ってかけてしまうと破壊される可能性があるし、自分が誤ってロックしたのであれば破壊されたことに苦情は言えない。
ので、私は一切鍵をかけていない。スーツケースに鍵をかけるとすればホテルの部屋でスーツケースをセキュリティボックス代わりに使うときくらい。(この場合はスーツケースを更にワイヤーチェーン等で家具に固定している)
TSAロックという、かけてもいい鍵を売っているし、最近のスーツケースには最初からTSAロックが付いていると思う。私がTSAロック付きのスーツケースを持っていないというのも鍵をかけない理由だが、後付けのTSAロックも使わないのは、あまり意味が無いと思っているから。
そもそもスーツケースを開けられて盗まれるという事は、空港職員の中の不届き者の犯行であることが大半だと思う。その空港職員が開けられる鍵なんて意味が無い。
絶対に盗まれて困る物は預け入れ荷物に入れないという事に尽きると思う。
(ハードタイプでロックしないと偶発的に全開してしまうかもしれない場合はTSAロックが有効だろうけど)

幸い今まで無施錠で盗難や紛失等の問題が起きたことはない。

子連れ二人旅の私の装備は

行きにスーツケースに入っていた折りたためるバッグは、帰国時に主に衣類や壊れ物ではない重量のあるお土産を入れてスーツケースと一緒に預ける為。つまり帰りに増えてしまうお土産の収納力を上げることと、重量制限対策。

手荷物をバックパックにしているのは、私の場合カメラを数台とノートPCが必需品なので、収納力が必要なことと、帰りに重量制限対策で多少の余分な物でも入るように。重い物を普通のショルダーや手提げで持つのは大変。それと、アメリカで徒歩でスーパー等に買い物に行く際には中身を空にして持って行って、買い物を詰めるため。これも飲料等を買うと重くて手提げのエコバッグやスーパーの袋では無理。空のキャリーバッグでもいいのだが、ガラガラとキャリーバッグを引っ張ってスーパーで買い物をするよりはリュックの方が恥ずかしくないという個人的理由。(レンタカーを使う時はそんなことはしないけど)

娘のキャリーバッグには基本的に娘の身の回り品やゲーム、宿題等。
娘がもう少し大きくなって、大き目のスーツケースでも自分で運べるようになったら、私の荷物はもう少し減らせるかも。

以上、あくまでも私の場合ですが、ご参考までに。