作成者別アーカイブ: fujihide

ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編01


ラスベガス、ロサンゼルス往復航空券の手配

今年の夏休みは約14年振りのラスベガス、ロサンゼルスと約7年振りのアナハイムのカリフォルニア・ディズニーリゾートに決定。
ラスベガスは娘が21歳(アメリカで酒とカジノが解禁される年齢)になってからと思っていたが、ショーやアトラクションだけでも十分に楽しめると思うので(実際、十分に楽しめたという旅行記も多いので)計画を前倒し。

ということでいつも通り航空券の手配から開始。

JAL(日本航空)、ANA(全日空)、デルタ航空とざっと夏休み中の料金を調べたが、やはり夏休みは総じて高い。平均的にロス乗り継ぎのベガス行きエコノミー往復(ロスでストップオーバー)で一人20万(燃油サーチャージや各種税金等も含んだ総額)前後が相場。娘(13歳)も大人料金なので約40万はかかる。
そんな中、JALで一人86,540円(もちろん総額)という格安チケットを発見。二人で173,080円は夏休みの時期としてはかなり安い。もちろん出発日と帰国日は限定されるが、7月末出発で8月2週目に帰国と、悪くない日程。他にもこの料金になる出発日と帰国日の組み合わせが数日あったが、旅行期間が短すぎと長過ぎで、ちょうど良いのが現地14泊となる今回購入する事にしたパターン。
しかしそこは訳ありで、JALで発券購入するが飛行機はアメリカン航空(AA)とのコードシェア便で、機材はアメリカン航空。(ちなみにアメリカン航空のサイトでも同一便で料金を調べたが、何故かJALで購入した方が断然安かった)行きが羽田発で帰国が成田着。
そしてアメリカン航空はチケット購入後にしか座席の確認予約が出来ない。(空席のシートマップが見られない)
とまあ、いくつか問題はあるものの、料金的には他ではあり得ないほど魅力的なので、迷わず購入。もちろんチケットのクラスは変更も払い戻しも不可という、何よりも安いチケットを優先する場合に飲まなければならない厳しい条件のもの。(まあ、いつも似た様な条件のを買っているので了解しているが、変更不可はよくあるとして、払い戻しも一切不可はかなり厳しい。一人3万円ほどの払い戻し手数料を払えばキャンセル出来るというのが多い)

JALとAA

JALとAAは同じoneworldアライアンスでコードシェア便を多く飛ばしている。マイルはどちらの便に乗っても希望の航空会社の方のマイルを貯められる。

余談だが、911前の燃油サーチャージだの何だのが無かった時代が懐かしい。その頃はラスベガス往復がオフシーズンなら5万円以下なんてチケットがたくさんあって、空港使用料や税金等、数千円を足しただけの金額で何度も往復出来ていた記憶がある…。海外旅行好きには夢の様な時代。

今回のチケットの旅程は羽田発、ロス乗り継ぎ(乗り継ぎ時間は約3時間)で同日午後にラスベガス着。1週間ベガスに滞在し、ロスへ移動、ロスで1週間滞在(ストップオーバー)して成田に帰国というもの。
乗り継ぎ便の場合(現在日本からラスベガスへの直行便はないので必ず乗り継ぎ便になる)、乗り継ぎでのストップオーバー(同日に乗り継ぎをせずに乗り継ぎ地で何日か滞在すること)は一回に限り、無料(追加料金無し)で行えるのが一般的。これは格安航空券でも変わらない。
ラスベガスへの乗り継ぎ地としてはロサンゼルスが一般的だが、他にサンフランシスコやシアトルなんてのもある。この2ヵ所ならロスで乗り継ぐのとさほど変わらない時間でラスベガスに行ける。が、もちろん乗り継ぎ時間による。2、3時間の乗り継ぎ時間なら良いが、4時間以上も空いてしまう様な時間設定がされてるとかなり時間の無駄になる。

さて、問題は座席の確保。我が家は娘の希望で必ず窓際を押さえるのだが、今回は購入前にその座席を確保出来るか確認出来ていない。窓際2席のみ(3人席でない)の座席配列がベストだが、今回は使用機材から窓際は全て3人がけとなることは確認済み。なのでそれは仕方ない。

航空券を購入後はJALの予約確認ページから座席指定が出来るはずなのだが、シートマップを見ながら座席指定が可能なのは乗り継ぎを含めた全4回のフライトのうち、行きの2便(羽田〜ロス、ロスからベガス)だけで、ベガスからロスは窓際か通路側かというリクエストのみ、帰国便は座席指定不可と表示され、リクエストすら出来ない状態。
ベガスからロスの国内便がリクエストのみなる理由はこの便だけJALの便名がない(コードシェアではない純粋なアメリカン航空の便)からと推察される。が、帰国便にはちゃんとJALの便名が付いているので何故座席指定不可なのか理由が分からない。
更に、シートマップが表示される行きの便も空席を指定してもエラーとなってしまう…。

なので、オーランドにANAで行った際に、国内線部分のユナイテッドの座席指定を行った時と同じワザを使ってみた。JALで貰った予約番号を使い、アメリカン航空のサイトから座席指定を試みる。
と、なんとアメリカン航空は窓際や通路側の事前確保は有料と分かる。
後方であれば無料で指定出来る窓際席、通路側席もあるのだが、無料部分は満席で窓際は有料の席しか空いていない…。
仕方なく90ドル程を払って窓際確保。その隣の席は窓際でも通路側でもない真ん中席なので無料。
思わぬ出費ではあるが、元々格安なチケットなのでまあ、我慢出来る値段。
国内線の方は後方の無料で指定出来る部分に窓際がまだあったので、そこを確保。
しかし、帰国便はJALのサイト同様、何故かシートマップすら表示されず…。
ということで最後の1便だけが座席を指定出来ない状態に。

アメリカン航空にはアメリカン航空での予約番号があるのでそれを控えておき、以降はその予約番号(と、予約代表者の氏名で予約確認ページにアクセス出来る)を使い、定期的にアメリカン航空のサイトでシートマップの表示を確認してみることにした。
ちなみにJALの予約確認ページでもアメリカン航空のサイトで行った座席指定が即時に反映されて、座席番号が表示されていた。

しかし、待てど暮らせど最後の1便のシートマップが表示されるようにはならず、アメリカン航空に電話で問い合わせをしてみた。
オペレーター曰く「シートマップが表示されない理由は不明、表示されない以上、こちらではどうにも出来ないが、最も安いクラスのチケットだからではないか?売ったのはJALなので、JALに問い合わせた方がいい」とのこと。なのでJALに問い合わせ。
JALのオペレーターはなぜこの便だけ座席指定が出来ないのか、理由を調べて電話をくれるとのことで、問い合わせから数時間で電話がかかってきた。曰く「機材変更の可能性がある為にシートマップを表示していないと思われ、数日待てばシートマップが公開され、指定可能になる」とのこと。
であれば何故アメリカン航空側でそれが分からなかったのか疑問だが、そこはきっと日系と米系のサービスの差と理解しておくことにする。実際、やはりJALの対応は丁寧だと思う。(問い合わせの電話がなかなか繋がらないことで有名な点に目を瞑れば)

数日で…と言われて毎日チェック(アメリカン航空の予約確認ページを)していたが、1週間経っても2週間経っても一向にダメ。が、出発まで1ヶ月半前となった頃、突如シートマップが公開された。
そして後方の無料で指定出来る窓際席も確保出来る状態だったので、速攻で指定。
これで無事、全便の座席指定が完了した。
この便の座席指定が可能になるのを待っていた人は多いようで、翌日には窓際や通路側は有料部分も含めてほぼ満席(指定済み)になっていたので、毎日チェックしたのは正解だったと思う。

アメリカン航空シートマップ

このシートマップだと28列より前の窓際、通路側が有料。それより後ろが無料。ちなみに35列目の窓際が赤になっているのは、窓が塞がれているから。窓際を予約したのに窓が無いという事も有り得るので、事前の確認は重要。

そして恒例のフライト変更も数回。やはり米系航空会社の時間変更はオーランドに行った時のユナイテッド同様、日系に比べて頻繁なのだと思う。
そりゃないよ…という様な大きなフライト変更は無かったが、ベガスからロスへのフライトが朝10時代から6時代に変更になったのが一番キツい。この移動日は午前3時には起床しなきゃならなくなったが、ロスにその分早く着くので、観光する時間が増えたと納得するしかあるまい。
(あまりに酷いとJALに訴えれば遅い便に変えてくれる可能性もゼロではないが、その後の便が今度は希望より遅すぎることは確認済みなので了承するしかない)

ということで格安らしい苦労もあったが、飛行機は無事手配を完了したので、今度はホテル。
ラスベガス7泊とロス(ハリウッド)2泊、ディズニーのあるアナハイム(ロス市内から車で1時間ほど)に5泊、計14泊分を手配する。




ハワイ旅行記 21 2017・今回買ったお土産


ハワイに行けば必ず買って帰るのは各種フレーバーのコナコーヒー(ヘーゼルナッツとかがお気に入り)、マウナロアのマカデミアナッツの大袋(ノーマルな味の奴が一番)、ドライマンゴー。
これらはABCストアで買うよりもスーパーの方が安いので、アラモアナに行った時にウォルマートで纏め買いしていた。が、今回はワイキキにロングスドラッグスが出来ていたので、こちらも利用。値段はスーパーとさほど変わらない。
ロングスドラッグスでは必ずメンバーズカードを作ることが肝心。これがあると無いとでは価格が全く違う。買い物前にレジでカードだけ作ることが出来るので、予め入手しておくのが吉。
旅行者でもメールアドレスさえあれば簡単に作れ、ロングスドラッグス全店で使用出来る。

ロングスドラッグス

厚紙で出来たカードはとても小さなサイズで、ストラップを通せる穴付き。

ここ数年でロングスドラッグスの他、ロスドレスフォーレスまでワイキキに出来たので、アラモアナまで行かなくてもかなりお得なショッピングをワイキキで済ませる事が可能になった。

ロスドレスはワイキキとアラモアナでは店の規模も品揃えもほぼ同じだった。
ロスドレスでは娘のバッグと衣類を購入した。

定番のホノルル・クッキー・カンパニーのクッキーも毎回購入しているが、今回はハワイ島にも行ったのでビッグアイランドキャンディーも購入。どちらも主力の商品はクッキー(ショートブレッド)で、大差無い味(もちろん美味しい)なので、パッケージの可愛さと種類の多さでホノルルクッキーの方がお土産にはいいかなと思う。

ホノルル・クッキー・カンパニー

今回はこの木箱に入ったパッケージを購入。フルーツフレーバーのみの詰め合わせ。

お土産として毎回買って帰るものに各スーパー等のエコバッグもある。
今回はハワイ島でKTAスーパーのもの、オアフ島でロングスドラッグスとフードランドのものを購入。

フードランドファーム

フードランドのエコバッグは食べ物柄。これはポケ丼。他にスパムむすびとか色々。

今回初めて買ったお土産でヒットだったのはコナコーヒーバター。
ちょっと高いが、ハワイならではの逸品。ワイキキではハイアットの1階で木曜日の夕方(16時〜20時)に開催されるファーマーズマーケットで購入出来る。

コナコーヒーバター

3個セットがお得な値段。パンやパンケーキに合う。

そしてマウイオニオンドレッシングとハワイアンサンのパンケーキミックスも初めて購入。これはアラモアナのウォルマートで買った。
マウイオニオンドレッシングは美味しかったが、こちらのドレッシングはビネガーの効いた味が多いので、酸っぱいのが苦手な人には向かないかも。
ハワイアンサンのパンケーキミックスは数種類のフレーバーを買ってみたが、フルーツ系の物は味がやや駄菓子っぽい感じ。ナッツ系の物はそれなりに美味しい。
水だけで作れるのは手軽だが、水だけで作るとやはり味はかなり軽くなる。

アウラニに日帰りで訪れたので、その時に買ったアウラニグッズ(ピンバッジやマグネット、Tシャツ等)に一番お金を使ってしまった感じ。
あと高額な物としてはアラモアナ・ショッピング・センターの2階にあるレインスプーナーでアロハシャツを一着(100ドルちょっと)購入。レインスプーナーのアロハは何度洗濯してもヨレヨレにならず(アイロンいらず)、いつでもパリッとしていることと、涼しい着心地が魅力。

ハワイ島のキラウエア火山とオアフ島のパールハーバーで記念になるマグネットも数種類購入した。ご当地デザインのマグネットは我が家の定番のお土産なので、必ずその場所や施設のオリジナルデザインがあると買ってしまうため、冷蔵庫はマグネットだらけになっている…。

あと、もちろんマカデミアナッツチョコレートも購入した。これはロングスドラッグスでハワイアンホストのを購入。もっと安いパッケージもあるが、やはりハワイアンホストの物が一番美味しいので、これ一択。
以前に他のメーカーのチョコも何回か買ってみたが、圧倒的にハワイアンホストの方が味も品質もいい。




ハワイ旅行記 20 2017・ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプール


ヒルトン・ハワイアン・ビレッジはプール施設の充実も魅力で二度目の宿泊を決めた。
ハワイの中では大都会のワイキキでは、プール施設がこじんまりしたホテルばかりなのだ。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内にはスーパープール、タパプール、パラダイスプールという3つのプールがあり、どの棟(タワー)に泊まっていてもこの3ヵ所は自由に利用することが出来る。他にそのタワー専用のプール(例えばアリイ・タワー・プール)もあるが、小振りなのであまり魅力は無い。(その棟専用なのでプラベート感はあるだろうけど)

3つのメインプールの中で一番人気と思われるのがパラダイスプールで、最長23メートルのスライダー等もある。ちょっと場所が分かりづらく、前回の宿泊では見落としてしまい、一度も利用せずと言う大失敗をしてしまった…。(敷地のマップはよく確認することをお薦めする)
場所はラグーンタワーの奥にあるので、ラグーンタワーに行けばOK。ラグーン(デューク・カハナモク・ラグーン)の方だ。
プールへの入り口となる門はルームキーカードで開けられる仕組みで、タオルスタンドはプールエリアに入った所にある。
プールのデザインには起伏があり、橋がかかっていたり、いくつかのスライダー(子供向きだが)もあったりと、魅力的なプールではあるが、やはり一番人気と言うことで混んでいること、そして隣接するタワーのせいで日陰になる時間が長いことがやや問題。
それでも子供がいるなら一番楽しめるプールなのは間違い無いし、すぐ側にデューク・カハナモク・ラグーンがあるので、ラグーンとセットで遊ぶのにも適している。

次いで人気なのがスーパープール。大きなプールでビーチに近く、どのタワーの宿泊者でもすぐに分かる場所にある。(宿泊者なら誰でもこのプールの脇を一度は通るはず)金曜の夜にはロッキン・ハワイアン・レインボー・レビューのステージとなる場所だ。
このプールの魅力はスーパーという名の通りの大きさと、場所の良さ。ビーチとのアクセスが良いので、ビーチとプールの行き来もしやすい。
あと、ケイキプールと呼ばれる比較的小さい子供向けの浅いプールも併設されている。
場所の割にはパラダイスプールほど混んでもいないので、利用価値は大。

タパプールはその名の通りタパタワー入り口正面にある。
上記二ヵ所に比べるとかなりこじんまりしているが、タパタワー宿泊なら必ず通る場所にあるので、他のプールで遊んだ帰りにここでも遊んでいくかという気になる。
水温が他のプールよりも高くなっていることと、浅いエリアが多いので小さな子供連れの利用にも適している。ここも周囲のタワーのせいで日陰になっていることが多いが、水温が高いので問題ではない。
お金持ちで大人な雰囲気を味わいたいなら、ここにはカバナもあるので借りることが出来る。バーも近いのでカクテルを飲みながら優雅に過ごすなんて事も可能なのはここだけ。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプール

プールの位置はご覧の通り。左上、ラグーンタワーに隠れるようにパラダスプール、中央やや下、ビーチ寄りにスーパープール、タパタワー前にタパプール。

パラダイスプールのみ早い時間(19時まで)に閉まってしまうが、他は夜22時頃まで利用出来る。
それぞれのプールで借りたタオルはどこのプールで返してもOKなので、必ずタオルカードを返して貰うのを忘れない様に。タオルと引き換えるタオルカードは無くすと痛い出費になる。
タオルスタンドはプールの営業時間よりも早く閉まってしまうことが多いが、その場合には翌日にでも必ずカードを返してもらいに行く事を忘れずに。翌日のチェックアウトが早い場合等にはタオルカードをタオルスタンドが閉まる前に回収しておいた方がいい。
プールの営業開始はパラダイスプールが8時半、他は8時からとなっている。

もちろんビーチやラグーンでも遊んだが、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ前のビーチはワイキキ中心部(ハイアットの方)よりも空いていて、その上砂浜のエリアが広いので快適に過ごせる。
ハワイのビーチは全て公共のビーチで、そのホテル専用にすることは出来ないのだが、ここのビーチは他のホテル宿泊者がわざわざ来ることもないので、事実上ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプライベートビーチと化している状態。
ラグーンは更にプライベート感が高い。ここでシュノーケルをしてみたが、残念ながらあまりカラフルな魚はおらず、白い魚ばかりだった…。(グアムでよく見掛けたムラサメモンガラは数は少ないがここでも見掛けた)

ワイキキビーチ

今回もプールやビーチから何度も大きな虹を見ることが出来た。

今回の旅行では3ヵ所全てのプールを堪能出来た。プール好きの娘も満足したはず。