作成者別アーカイブ: fujihide

オーランド旅行記31・シンデレラのロイヤルテーブル


ブリザードビーチから戻り、着替えて(娘はプリンセスドレス)マジックニングダムへ。
TDR同様、こちらでもプリンセスドレスを着ていると多くのキャストがプリンセスとして挨拶してくれる。

シンデレラのロイヤルテーブルはシンデレラ城の中にある。
入り口の受付で予約を確認し、場内へ。まずは順番にシンデレラとの写真撮影。(メモリーメーカー対応)レストラン内でのグリーティングにはシンデレラ以外のプリンセスしか登場しないので、シンデレラとのグリーティングはこの場のみ。

撮影が終わったら名前を呼ばれるまでその場で待つのだが、我々は写真撮影より前に呼ばれてしまった。ので、撮影が終わったらすぐに上のレストランまで上がってくるようにと指示され、写真撮影。

シンデレラのロイヤルテーブル

ちょっと古めの情報ではメモリーメーカー未対応となっているが、現在は完全対応。なのでプリントは付かない。

上階のレストランに上がって名前を告げるとすぐにテーブルに案内された。窓際のなかなか良い席。
夕食のメニューは前菜、メイン、デザートをチョイスするコース料理(迷うほど種類は多くない)。飲み物も含めて全てパッケージされているので、別料金は発生しない。予約の時点で、こことミッキーのバックヤードBBQは全額前払いなので、お勘定の必要はない。(48時間前までに予約をキャンセルした場合はクレジットカードに返金されるが、48時間を切ると全額ペナルティとなる)

シンデレラのロイヤルテーブル

メインにサーモンを頼んだが、とても甘いスフレの上にグリルしたサーモン。お菓子の様な味。

オーダーの際に娘には魔法のステッキ、私には小さな剣をいただいた…。記念品の様だが、どちらもとても安っぽいもの。(100均で売ってそうな玩具っぽい)

お客はプリンセスドレスの女児とその家族が大半だが、大人のみのテーブルも散見された。

食事中、音楽と共にプリンセス達が登場する。登場するプリンセスは白雪姫、オーロラ、ジャスミン、アリエル。この登場プリンセスは事前情報と違っていたので、もしかしたら時期や時間帯で登場プリンセスに変化があるのかもしれない。(ロイヤルテーブルは朝食、ランチでも営業している)

シンデレラのロイヤルテーブル

ロイヤルテーブルの店内。まさに城内といった雰囲気だが、特別ゴージャスというわけでもない。

ロイヤルテーブルでの食事を終えたら、そのままファストパス+をとっておいたアナとエルサのグリーティングへ。現在WDW内で行われているグリーティングの中で最も人気のあるものだ。
ファストパス+があってもかなり待たされたので、スタンバイでは厳しいと思う。
ディズニークルーズでのアナとエルサのグリーティングとは違い、こちらは一人ずつとのグリーティング。まず、エルサと、そしてアナとという順番。

アナとエルサのグリーティング

まずはエルサ

アナとエルサのグリーティング

そしてアナ。

次いでスペースマウンテン(こちらのスペースマウンテンは一人乗り座席)等、トゥモローランドのアトラクションを中心に廻ってエレクトリカルパレードを鑑賞。
エレクトリカルパレードは圧倒的にTDRの勝ち。こちらのものはとにかく古いのだ。TDRでのLEDの輝きを知っている人が見ると、昔ながらの電球の光は地味すぎる。LEDと違って派手な演出も出来ない。
しかし、かつてはこうだったなぁというノスタルジーには浸れるかもしれない。実際、懐かしい気分にはなれた。(懐かしさを感じることが出来ない娘にとってはただ地味なだけ)

この旅行でプリンセスドレスを着る最後の日なので、シンデレラ城をバックにカメラマンにたくさん写真を撮って貰い、本日の予定は終了。
明日も朝からマジックキングダム。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記30・ディズニー・ブリザードビーチ


ポップセンチュリーのフードコートで朝食をとり、ブリザードビーチへ。
ほぼ開園と同時に到着。

タイフーンラグーンもそうだったが、開園から30分以内であれば天気のいい日でもチェアの確保は難しくない。タイフーンラグーンの時と同様、タオルのみレンタルし、ロッカーは借りず。
荷物はプールに必要な最小限のものしか持ってきていないので、いつも通りビーチバッグをチェーンでチェアに結んで遊ぶ。もちろん既に水着を着て来ている。
ウォーターパークに来るときはカメラは防水デジカメ(SONY Cyber-shot TX30)のみ。なのでずっと携帯している。
ウォータースライダーを利用する際には小型なので水着のポケットに完全に仕舞える。

ブリザードビーチの波のプールはタイフーンラグーンのそれに比べれば全く普通。なので安心して遊べるレベルの造波プール。しかもここではチューブ(ドーナツ型の浮き輪)が使える。他のアメリカのプール同様、子供用の小さな浮き輪は禁止だと思うので、用意されているチューブ(自由に使える)のみ使用可。
混んでくるとチューブの確保は難しくなる。

ブリザードビーチ

このチューブがプールサイドに山積みされている。正午くらいには全て利用中に。やはり波のプールは浮き輪があると楽しい。

クロス・カントリー・クリークという流れるプールは全長が約1キロほど有る(タイフーンラグーンのものの1.5倍くらい)。
景色や途中の仕掛けが異なるのみで基本的にはタイフーンラグーンのものと変わらない。

ブリザードビーチの特徴的なアトラクションと言えばスキーリフトで登った山の上から滑り落ちるスライダー。頂上から急角度で滑り落ちるサミット・プラメットが有名だが、他にもこの山の上から滑るスライダーにはスラッシュ・ガッシャーというのがある。もちろんスリルのあるものほど待ち時間は長くなる(人気がある)ので、サミット・プラメットよりもスラッシュ・ガッシャーの方が早く順番が来る。
我々は2番目に恐いくらいが丁度いいだろうと、スラッシュ・ガッシャーにチャレンジしたが、これもかなりの迫力。
スピードがかなり速く、途中の段差で、完全に体が浮き上がってしまうのでスリル満点。
スタート地点に登るためのリフトから混んでいるが、リフトはシングルライダーであれば早く乗れるので、バラバラに乗って上で待ち合わせという手もある。
リフトは3人乗りで、バランスを取るためにキャストが乗る位置を指示しているので、よく聞いて指示された位置に乗ろう。通常一番体重のありそうな人が真ん中だ。(3人とも似た様な体格であれば何も指示はされない)

皆でレースをするボディスライダーも面白そうなので挑戦。トボガン・レーサーというのがそれ。

スライダー類はやはり混む。どうしても挑戦したいものがあれば朝イチで廻ってしまうことをお薦めする。

ブリザードビーチのスキー・パトロールというキッズエリアもタイフーンラグーンよりも充実しているのでお薦め。アスレチック系のウォーターアトラクションは幼児向けではないが、小学生くらいの子供ならとても楽しそうなものが揃っている。

ブリザードビーチ

パークのカメラマンが撮ってくれた写真。メモリーメーカーの場合は保護者か子供本人のマジックバンドをスキャン。防水仕様のフォトパスカードの配布にも対応しているようだった。

タイフーンラグーンの特徴はなんと言っても常識破りの造波プールだった。あれは多分あそこでしか体験出来ない唯一無二のものだと思うので、是非体験してみるべきだとは思う。が、ウォーターパークとしての総合的な面白さではブリザードビーチの方かと思う。
もしどちらか一つしか行けないとしたら、私達的にはブリザードビーチ。

5時間ほど遊んで一旦ポップセンチュリーに戻る。
今晩の夕食はシンデレラのロイヤルテーブルを予約している。娘はプリンセスドレスで行きたいとのことなので、着替えなければならない。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記29・終日エプコット


エプコットの朝のエキストラ・マジック・アワーを使ってテストトラックへ。 その後はまだ行っていないフューチャーワールドのアトラクションを中心に廻る。
リビング・ウィズ・ザ・ランド、ミッション・イントゥ・イマジネーション・ウィズ・フィグメント、ユニバース・オブ・エナジー等だ。どれもエプコット開園初期からのアトラクションなので古さを感じるが、エプコット本来のコンセプトを楽しめる。
今でこそレトロ感のあるアトラクションだが、当時としてはかなり大がかりな、十分に未来を感じるものだったことは想像に難くない。
スペースシップ・アースにも再度乗ったが、途中でライドのモニターの調子がおかしくなり、自分達の写真の取り込みと合成が動作しなかったのが残念。(こういったトラブルも古さのせいか)

今日は遅めの朝食でビーチクラブ・リゾートのケープメイ・カフェを予約している。ビーチリゾート風の衣裳のミニー、ドナルド、グーフィーに会えるキャラクターブレックファスト。
ビーチクラブ・リゾートまではエプコットのインターナショナル・ゲートウェイから徒歩ですぐ。
まだワールドショーケースはオープン前だが、インターナショナル・ゲートウェイには問題なくアクセス出来る。

ビーチクラブ・リゾートはグランド・フロリディアン同様、高級リゾートの雰囲気たっぷり。ケープメイカフェでの食事も期待が出来るが、朝食バフェなので特別料理が高級というわけではない。
そして肝心のキャラクターなのだが、なぜかここのミニーの様子がおかしい。(私達の行ったときにたまたまだろうが)
とにかくテンションが低く、素っ気ない。他のテーブルでの様子も見ていたが、どこのテーブルでも同様だった。そして歩き方が極端な外股…。外側に向かって足を蹴るように歩く、ワイルドなミニーは初めて見た。
その代わり、グーフィーのテンションはとても高め。グーフィーはどこでもそうだが、ここのグーフィーのテンションは今まで見た中でもMAXだった。

ビーチクラブ・リゾート

ビーチクラブ・リゾートの中はとても落ち着いた雰囲気で高級感たっぷり。一日中パークで遊んでいるような旅行で泊まるのは勿体ないと思う。

食事を終えてエプコットに戻り、ファストパス+で予約したアトラクションを廻る。
まずはソアリン。アナハイムで一番楽しかったアトラクションなので、楽しみにしていた。4年振りに乗ったが、やはりこれは素晴らしい。是非TDRにも作って貰いたいアトラクションだ。
ミッションスペースは前回はグリーンコースで乗ったが、物足りなかったので、オレンジを選択。
グリーンとオレンジではかかるGに違いがあるだけで、モーションが特別激しくなるといった感覚は無い。本当に締め付けられるようなGだけがスケールアップしているので、息苦しくなる。
オレンジだからといって迫力や面白みがアップしているわけではなく、グリーンではあまり感じなかった息苦しさがアップしているというだけなので、グリーンで雰囲気だけ楽しめばいいかもしれない。(遠心力でGを作り出していると思われるのが、自分がどのように動いているかを視覚では一切感知出来ないので、三半規管の弱い人は注意)
もう一つのファストパス+はスペースシップアースをとっていたが、既に朝乗ってしまったので破棄。Bグループのファストパス+に特に魅力的なものがないので変更もせず。

ワールドショーケースに移動して、各館のお土産物屋等をゆっくり見学。
夕刻、早めの夕食を日本館の桂グリルでとる。娘はお寿司のコンボで私はカツカレーライス。

桂グリル

ちゃんとした日本食のクイックサービスは有難い。しかしやはり値段はお高め。

インターナショナル・ゲートウェイからボートでディズニー・ボードウォークに行く事に。
ボードウォークは小さなダウンタウン・ディズニーといった感じ。本当にこぢんまりとしたエリアなので、お目当てのレストラン等がない限り(あと界隈のボードウォーク・インやスワン、ドルフィン等に泊まっていない限り)は特に来ることもない場所だと思う。
ただ、夕刻以降に訪れると、雰囲気がとても良い場所。我々はジャグリング等の大道芸を楽しんだ後、ぬいぐるみがもらえるカーニバルゲームを楽しんだ。(結果は一番小さな縫いぐるみを何とかゲット)

帰りはボートでハリウッド・スタジオまで行き、そこからバスでポップセンチュリーへ。
今日でエプコットでのスケジュールは終了。
明日は、天候のせいでまだ行けていないブリザードビーチに。

オーランド旅行記 目次