作成者別アーカイブ: fujihide

ハリウッドからアナハイムのホテルへ[ベガス・ロス旅行記18]


ハリウッドセレブリティホテルをチェックアウトし、大きな荷物だけをフロントに預けてハリウッドハイランドへ。目的のドルビーシアター(アカデミー賞の授賞式会場で、以前はコダックシアターという名称だった)はハリウッドハイランドに内包された形で存在する劇場。
ドルビーシアターでは内部を見学出来る見学出来るツアーを開催している。ツアーの内容はもちろんアカデミー賞授賞式に纏わるもので、ノミネートされたセレブ達の控え室や、ステージに向かう順路などを解説付きでガイドが案内してくれる。(勿論英語のみ)
シアターでの催し物によってはツアーが無い日もあるが、ツアー催行日であれば10時30分から16時迄30分毎に行われている。ツアーの所要時間は約30分。
料金は2018年の夏時点で大人25ドル、17歳以下が19ドルとなっていて、ドルビーシアターのボックスオフィスで事前に購入しておく必要がある。ボックスオフィスが開くのは朝10時。私達は10時30分スタートの初回のツアーが希望だったので、10時にボックスオフィスが開くと同時にチケットを購入した。定員に達すると買えなくなるので、希望の時間が決まったら早めに購入する事が必要。ボックスオフィスは1階にあり、シアターの入り口は2階にある。

ツアー参加者は開始時間の10分前にはシアター入り口に集まるようになっている。開始時間になるとシアターのドアが開き、ガイドがシアター内に迎え入れてくれる。
簡単な諸注意の後、館内ツアーが開始される。写真を撮れる場所と撮影禁止の場所があるので、案内する場所場所で指示に従って欲しいと言った注意がある。

ドルビーシアター

シアター内、受賞者の控え室では本物のオスカー像も見られる。

アメリカ映画に興味がどれだけあるかでツアーの感想は変わると思う。毎年どの作品が、どの俳優がオスカーを獲ったのかを気にするような人ならば十分に魅力的なツアーだし、映画はたまに観る程度で、オスカーの行方なんか気にしたこともないという人には価値がない内容だろう。
私達にとってはハリウッドまで来て参加せずに帰る事は考えられないツアーだったので、内部に入れて、見学出来ただけで満足。

ドルビーシアター

アカデミー授賞式会場であるシアター。この日は催し物の仕込みが行われていた。

ツアーを終えて、ラ・ラ・ランド(La La Land)という大型土産物店へ行き、土産物を物色。その後、ハリウッド大通りを挟んで向かいにあるチョコレート店、ギラデリへ。
このギラデリの隣はディズニーの旗艦劇場である映画館、エル・キャピタン・シアター(El Capitan Theatre)があり、ギラデリ自体もディズニーと提携していて、エル・キャピタン・シアターのピンバッジ等、ここでしか買えないディズニーグッズも売っている。
数種類のギラデリのチョコレートと、ディズニーのピンバッジ等を購入し、ハリウッド観光を終了。

ラ・ラ・ランド土産物店

土産物店のラ・ラ・ランドは大きな土産店。ベタなお土産が中心だが、それでよければ何でも揃う感じ。

ホテルに戻り、荷物を受け取ってアナハイム迄のUberを呼ぶ。又全ての荷物を持っての移動なので、大きめのスーツケース2個を間違い無く乗せられるであろうUber XLを選択。(普段の移動は安いUber X)XLを選べばSUVなど大型車がやってくる。

やって来たのは目的通りのSUVだったが、ドライバーは女性。スーツケースの積み込みもやってくれようとしたが、車はトランクまでの高さもかなりあり、大変そうなので私が積み卸しをすることにした…。
Uberは基本的に乗車前に目的地も伝わっているので会話の必要はないのだが、ドライバーによっては色々聞いてくる人もいる。この時のドライバーは日本人の友人がいるとのことで、日本のどこから来たのかとか、ディズニーでの一番の楽しみは何かといったことを話しかけてきた。
まあ、聞かれた事には簡単な英語で答え、あまり英語が上手では無いと伝えればそれ以上は話しかけてはこないので大丈夫。

順調に高速を飛ばして1時間とかからずに宿泊するホテル「キングス イン アナハイム アット ザ パーク & コンベンション センター(Kings Inn Anaheim at the Park & Convention Center)に到着。
ここはちょっと前までスーパー 8 モーテル アット ザ パークという名称だったので、Googleマップ等ではその名称でしか出てこなかったりしたが、ちゃんと到着して一安心。
やはりUber(Lyftも)は便利だと実感。自分の好きな時間に、自分の好きな場所からタクシーなんかよりも格安に移動が出来るというのは本当に素晴らしいシステムだ。
しかし私達がこのライドシェアというものを利用するのはこれが最後の予定。帰国する時の、ここからロサンゼルス空港まではスーパーシャトルを予約している。帰りは空港に向かうべき時間も決まっているし、昔ながらの空港シャトルサービスの方がライドシェアよりも更に安く(二人の場合)て確実だ。

宿泊するキングス イン アナハイムはカテラ通りという通りにあり、すぐ横にはアナハイム・ガーデンウォークというショッピングモールがある。ガーデンウォークにはテーズケーキファクトリー等の有名レストランなんかも入っていて食事に便利。更にCVSやウォルグリーン(Walgreens)といったドラッグストア(薬局を内包した小型スーパー)、セブンイレブンも至近で飲料やスナックなんかの買い物にも便利。
パークまでは徒歩15分ほどかかるが、パークへ行くバスが多く停まるバス停のいくつかが至近距離にあるので立地はとてもいいと思う。
以前に来たときにはパークの入り口の目の前にあるパークビューインというホテルに泊まったが、パークへのアクセスは最高なものの、スーパーには遠くて買い物が不便だった…。
何よりも宿泊料金が界隈のホテルに比べて激安。時期やキャンペーンの有無などで違うとは思うが、私達の場合、一泊7千円ほどで予約が出来た。周囲のホテルは古めのモーテルでも一泊1万円以上はする。(徒歩ではパークに行けないくらいの距離になると数千円で泊まれるホテルはいくつかある)

キングスインアナハイム

キングスインアナハイムの場所。パークまでは1キロくらい歩くが、十分に徒歩圏。パークへ行くバスの本数も多いのでアクセスは悪くない。

外廊下の二階建てというごく一般的なモーテルの作りで、エレベーターが無いので1階の部屋をお願いし、希望通りに1階の、ホテル玄関に近い部屋を提供して貰えた。
アメリカにしてはやや狭めの部屋だが、日本のビジネスホテルなんかに比べれば十分なスペース、バスタブ無しのシャワーブースのみだったが、使いにくい浅いバスタブが付いているよりもその方が広くていい。部屋の目の前には、大きくは無いがジャグジー付きのプールもある。

今日から5泊、ここに泊まってディズニーを楽しむ。まずはミッキーネットに依頼したパークチケットの受取りと、ART(ホテルとディズニーを行き来する観光客向けのバス)の5日間パスをゲットしに行く。




ユニバーサルスタジオ・ハリウッドへ[ベガス・ロス旅行記17]


ハリウッドハイランド駅からメトロのレッドラインに乗り、ユニバーサルシティ/スタジオシティ駅までは一駅の乗車。駅を降りて地上に出ればユニバーサルスタジオに向かう人々がたくさんいるだろう…と思っていたが、何故か閑散。
駅前からユニバーサルスタジオへ向かうトラム(徒歩でも行けるが上り坂なのでキツい)乗り場には待っている人が一人だけ。ガラガラのトラムに乗りユニバーサルスタジオに着いてみて、開演時間を一時間間違えていたことにやっと気付いた…。開演時間はチケットを入手した頃に調べていたのだが、それから本日までの数ヶ月の間に変更されていたようだ。数ヶ月間もチェックしなかったのは大きなミス。
我々はWebでチケットをオンライン購入したので、1時間早くパークに入れるアーリーエントリーが付いていたので、アーリーンエントリーの時間である7時に着くよう来たが、8時まで入れない。(つまりパークの一般開園時間を8時と思っていたが、実際は9時だった)
パークの手前に広がるシティウォークの店も開いていないので、周囲の写真を撮りながら待つことに。30分くらい前になると徐々に人がやってきた。日本のディズニーやユニバーサルならスタートダッシュを狙う人々で1時間前でもそれなりに人がいるだろうが、アメリカではそこまで頑張る人はいないのだ。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド

もちろんパークへの入場前にはセキュリティチェック有り。金属探知もされるので、飛行機に乗るときとほぼ同じ。

やっと開いてパークの中へ。と言っても、アーリーエントリーの時間はハリーポッターエリア(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)にしか入れないのだが、この1時間でハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーとフライト・オブ・ザ・ヒッ ポグリフに待ち時間ほぼゼロで乗れ、エリアのショップ等も余裕で廻れるのはとてもお得。
こららを楽しんだ頃に一般開演時間にちょうどなるので、ハリー・ポッター以外の混雑しそうなアトラクションから効率的に廻ることが出来る。
チケットを買うとき、所謂ファストパスが付いているユニバーサル・エクスプレス(旧フロント・オブ・ライン)を買うべきか迷ったが、あまりにも高額なため通常のチケットを購入したのだが、それで良かったと思う。(ユニバーサルスタジオ・ハリウッドのチケット料金は変動制だが、私達の時の場合、通常チケットが一人1万円ほどに対してエクスプレスパスは一人3万円以上だった)

アトラクションの廻り方としては、ユニバーサルスタジオ・ハリウッドはパークがアッパーロットとロアーロットという上下の構造になっていて、その上り下りの移動にちょっと時間がかかる(移動はエスカレーター)ことから、その移動を出来るだけ少なくすることがポイント。
ハリー・ポッターはアッパーロットなので、まずは同じアッパーロットの人気アトラクションから攻め、昼食を挟んでロアーロットに下り、ロアーロットのアトラクションを廻ることにした。

ハリー・ポッターの後は実際の撮影スタジオであるユニバーサルスタジオ・ハリウッドだけのアトラクション「スタジオ・トラムツアー」へ。過去にも何度か乗っているが、来る度にアトラクション色が強くなっている。3D眼鏡をかけて楽しむKing Kong 360 3-D(キングコング)やFast & Furious – Supercharged(ワイルド・スピード)は初体験。
これは以前からだが、フロリダのユニバーサルスタジオでは独立したアトラクションになっている「大地震」なんかもスタジオツアーに組み込まれている。
私も娘も一番の趣味が映画なのでこのスタジオツアーがユニバーサルスタジオ・ハリウッドの一番の楽しみだったし、実際一番満足度が高かった。アトラクションとしてショーアップされている部分以外は撮影所の見学が主なので、映画をどれだけ観ているかで満足度は変わると思う。(まあ、さほど映画通でなくともキングコングやワイルドスピードのアトラクションまで組み込まれた現在では、誰もが十分に楽しめる内容になっていると思える)

ユニバーサルスタジオ・ジャパンやフロリダには無い(2015年に私達が行った際には無かった)アトラクションとしてはスタジオ・トラムツアー以外に「ウォーキングデッド」がある。
これも楽しみにしていたが、要はウォークスルー型のおばけやしきだった。内部のセットやウオーカー(ゾンビ)達はかなり凝っているのでドラマのファンなら行くべきアトラクションだが、それほど長くは無いこと、襲ってくるウオーカー達がかなり優しい(あまり派手な脅かし方はしないし、体には触れない)ことがちょっと拍子抜けではあった…。実際に恐さという点では日本のそこらのおばけやしきの方が上ではないかと思う。なので、ウォーキングデッドは好きだが実際に恐いのは苦手という人にも薦められると思う。「それほど恐くなかった」という感想を持つ人が大半ではなかろうか。(その日のウオーカー役のキャストによるかもしれんので絶対とは言えないが)

あと、カンフーパンダのアトラクション「カンフー・パンダ -ザ・エンペラズ・クエスト」がスタートしたばかりだった。これは元はシュレック4Dがあった場所に新規オープンしたもので、内容もシュレック4Dに近いシアタータイプのアトラクション。

これ以外にアッパーロットにはDespicable Me Minion Mayhem(ミニオンのライド)、The Simpsons Ride(シンプソンズ・ライド)、WaterWorld(ウォーターワールドのショー)、Special Effects Show(特殊効果のショー)、Universal’s Animal Actors(動物のショー)がある。
この他にSuper Silly Fun Landという小さな子供向けの乗り物が集まったエリアも。
シンプソンズ・ライドはフロリダで乗ったが、日本にはない。タイプとしてはバックトゥザフューチャーと同じなのだが、内容はこちらの方が楽しいと思う。
ウォーターワールドのプレショー(客弄り)も真夏ということもあろうが、水のかけ方が日本とはレベルが違う。

昼食は一旦パークを出て、シティウォークで食べる事にした。そう、ハリウッドのユニバーサルスタジオもフロリダのユニバーサルスタジオもパークの途中退場が自由なのだ。以前、大阪のユニバーサルスタジオ・ジャパンに行った時、途中入退場が出来ないと知って驚いた。
東京ディズニーリゾート(もちろんアメリカのディズニーパークも)でも入退場は自由に出来るので、大阪のユニバーサルスタジオ・ジャパンが特種なルールを勝手に作っているのだが、オフィシャルホテル宿泊者にさえ途中入退場を認めないというのは不親切極まりないと思う。(年パス所持者には認めているらしい)
入退場を認めない理由を「パークの夢の世界を終日楽しんでもらいたいから」等と言ってるらしいが、非力なパーク内飲食施設を保護する為なのは明白。
更に問題なのは、途中退場を強く要望するゲストには、特種な事例とは言えないほど、多くのケースで途中退場をさせてしまっているという事実だ。にも関わらず「どのような場合に認めているのか」は一切明らかにしないという姿勢。急病等の緊急事態以外では一切認めていないというなら、そう説明すべきで、これでは文句を言う人には認めるが、素直に従う人には認めないという、ただの不公平と言われても仕方が無いのではないか。
ユニバーサルスタジオ・ジャパンへの文句はこれくらいにしておく。

昼食はシティウォークのピンクスを選択。ピンクスはラスベガスのミラクルマイルズというショッピングモールに出店していたが、ロスでは有名なホットドッグ店。(ラブレア通りにある本店は有名人御用達の店として有名)
日本でホットドッグというと軽食という感じだが、ここのホットドッグはかなりのボリュームで昼食としては十分。

ピンクスのメニュー

ピンクスのホットドッグメニュー。どれもボリュームたっぷり。この他にハンバーガーもある。

シティウォークから戻り、ロアーロットへ。
ロアーロットのアトラクションはJurassic Park The Ride(ジュラシックパーク・ライド)、Transformers: The Ride-3D(トンランスフォーマー・ライド)、Revenge of the Mummy The Ride(マミー・ライド)と人気ライドが揃っている。
いずれもフロリダで(ジュラシックパーク・ライドは日本でも)体験済みのアトラクションだが、どれも面白いのでパスは出来ない。後半にこの3つの人気アトラクションを残しておいたのは待ち時間的に不安だったが、最長でも待ち時間は40分程度という状態で、十分に廻れる時間で一安心。
マミー・ライドはフロリダでかなり面白かった記憶があるのだが、思ったほど迫力がなかった…。私の記憶違いなのか、フロリダに比べてスケールダウンしたバージョンなのかは不明。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド

ジュラシックパークライドの前。ジュラシックパークライドは何処で乗っても大体同じだが、最後の水のかかり方はやはり米国の方が多い気がする。

ロアーロットからアッパーロットに戻り、ハリーポッターエリアでホグワーツ城のプロジェクションマッピングを鑑賞し、ユニバーサルスタジオ・ハリウッドでの一日は終了。
夏休み期間で比較的混雑している時期と聞いていたので、エクスプレスパス無しで廻りきれるか心配だったが、結果的には余裕でOKだった。とは言ってもハリーポッターエリアのアーリーエントリーが無ければギリギリだったかもしれない。

遅めの夕食もユニバーサル・シティウォークでとることにした。
日本の味も恋しくなってきたのでPoke Barというポケの店でポケ丼((マグロ丼))をいただいた。好みのライス(もちろん白米を選択)に好みのポケを選び、各種フリカケ等のトッピングを加えてオーダーするシステム。ポケはハワイで何度か食べたが、何処で食べても大きな外れはない食べ物だと思う。(最近はハワイだけで無くアメリカ本土でも人気の様子でポケの店はよく目にする)
昼も夜もファストフード店にしたので本日の食事は安く済んだ。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドのポケバー

けして大きなサイズでは頼んでいないのだが、十分な量。ちゃんとワサビも用意されている。

食事とシティウォークのユニバーサル・スタジオ・ストアー(ユニバーサル・スタジオのお土産を売ってる)での買い物を済ませた頃には22時過ぎ。
UberかLyftで帰ろうかとも思ったが、ちょうど駅に向かうトラムが来たのでメトロで帰ることに。
駅にはまだ人がたくさんいたので、夜でもトラムが走っている時間であれば治安の心配はないようだ。
降りたハリウッドハイランド駅にもまだまだ人は多く、更に駅の出入口には警察官も立っていて、特に心配はなかった。(警察官が出入口を見張っているという事は、夜はそれなりに警戒が必要ということでもあるのだろうが)

明日はアカデミー授賞式会場であるドルビーシアターを見学し、今回の旅行の最後の地であるアナハイムに移動する。




サンタモニカとグリフィス天文台[ベガス・ロス旅行記16]


ハリウッド界隈の観光を終え、ホテルに戻り、小休止後、サンタモニカへ。
移動はUberを使うつもりでいたが、念のためLyftもチェック。UberもLyftも多少アプリのデザインが違うだけでほぼ同じ仕組み。どちらも時間帯、需要と供給のバランスで運賃が変動するが、違う会社なのでそれぞれに値段に差が生じる。
私達が出掛ける時間帯、サンタモニカまではLyftの方が若干安かったので、今回はLyftを選択。車は5分程でホテルの前に来た。

サンタモニカに到着後、まずはサンタモニカピアへ。
過去にも二回ほどここに来ているが、市内観光のついでとかで2、30分くらいしかいなかった。ゆっくり訪れるのは今回が初めて。改めて気持ちのいい場所だと感じる。
ラスベガスではルート66の街、セリグマンに行ったが、ここサンタモニカはルート66の終着点。なので、セリグマンで見たようなルート66グッズがたくさん売られている。

サンタモニカピア

サンタモニカピア・ピアの入り口。

サンタモニカピア

ルート66の終点と記されている。

ピアの先端の辺りはちょっとした遊園地になっていて、せっかくなのでPacific Wheelという観覧車にだけ乗ってみた。ちょうど日没の前で、観覧車から見る太平洋の夕景は素敵だった。

サンタモニカプレイスというショッピングモールのフードコートで軽く夕食をとり(昼間のオルベラ街でのメキシコ料理がまだ胃にもたれてる感じ)、Uberを呼んでグリフィス天文台へ。
もうすっかりUberとLyftというライドシェアの利用にも慣れたが、サンタモニカからグリフィス天文台までのドライバーの運転はやや乱暴。別に悪気はなく、単純に本人の運転のクセの様だが、ブレーキをかけるタイミングが常に若干遅く、急減速気味。そしてスピードも出しすぎ。
この辺の当たり外れがあるのは、日本のタクシーの様に二種免を持ったプロドライバーばかりではないので仕方のない所か。
あと、夕方になるとエアコンを切って窓を開けているだけのドライバーも多い。リクエストすればエアコンをかけてくれるのかもしれないが、多分、燃費節約の為と思われる。まあ、窓を開けていれば暑いということはないのだけれど、あまり空気のよろしくない感じの所を走っている時は気持ちよくない。
いずれにしても料金とシステムの利便性を考えれば大きな不満では無い。それにUberもLyftもドライバーと乗客双方に対する評価システムがあり、事前に確認出来るので、不安があれば多少車の到着が遅くなっても、五つ星満点評価だけを多く獲得しているドライバーのみを選ぶという選択肢もある。

グリフィス天文台

夜のグリフィス天文台。早めの時間帯に来れば内部の展示見学やお土産屋さんも利用出来る。あと、昼間はここの駐車場からハリウッドサインが間近に見える。(夜間は暗くて見えない)

夜景で有名なグリフィス天文台だが、完全に暗くなった夜間に、山の上に行くというのはちょっと不安もあった…が、着いてみれば観光客でごった返していて何の不安もない場所だった。(21時半頃に着いた)
この時間になると天文台の中には入れない(天文台の営業は月曜日の定休を除き22時迄)のでお楽しみは夜景のみだが、確かにここからのロスの夜景は素晴らしかった。天気次第だとは思うので、晴れていなければわざわざ夜来ても意味のない場所だと思う。

グリフィス天文台

グリフィス天文台からの夜景。天文台には夜景を見るポイントがたくさんあるので混んでいても大丈夫。

グリフィス天文台まではDASHと呼ばれるバスで来ることが出来るのだが、その帰りの最終便が22時頃なので、22時を過ぎると車かツアーで来た人しかいなくなり、徐々に空いてくる。
DASHは天文台とバーモント・ハリウッド(Vermont / Hollywood)駅の間を結んでいるので、私達の場合はバーモント・ハリウッドからメトロのレッドラインに乗り換え、ハリウッドハイランドに戻ることになる(バーモント・ハリウッドからハリウッドハイランドまでは3駅)。
しかしもうすっかりライドシェアの便利さに慣れてしまったのと、疲れで、帰りもUberにした。が、この時のUberはなかなかやって来ず、20分くらい待たされた。
アプリには向かってくる車が見えているのだが、ナビの調子が悪いのか、完全に迷った様子で山の麓で同じ道を行ったり来たり、5分以上はウロウロしていた…。どうやらUberのナビアプリは山道の精度がイマイチな様子。

何とか無事ホテルに戻り、お風呂に入ってすぐに就寝。
明日は6時起床でユニバーサル・スタジオだ。